国民に違和感が残ったまま安倍晋三元首相の国葬が行われる。公文書改ざんを強いられて自死した近畿財務局職員、赤木俊夫さんの妻・赤木雅子さんの目に、今回の国葬はどう映るのか。AERA 2022年9月26日号の記事を紹介する。

*  *  *

 安倍晋三さんの口から直接、謝罪の言葉を聞けなくなったのは、本当に残念です。

 公文書が改ざんされ、それを苦に主人(赤木俊夫さん。享年54)が2018年3月に自死したのは、その前年2月に安倍さんが国会で「私や妻が関係していたということになれば、私は総理大臣も国会議員もやめる」と答弁したのが原因なのは明らかです。

 主人はよく笑う人でした。けれど、改ざんを指示された翌月ごろから笑わなくなりました。私たちは仲がよかったのに、夫婦喧嘩も増え、地獄のような日々でした。だからその点についてちゃんと認めて、謝罪して、夫の墓に手を合わせに来てほしいと思っていました。認めてほしいということは、再調査をしてほしいということです。

 安倍さんが銃撃される前日の7月7日、神戸の三宮の駅前で、自民党候補を応援する安倍さんの応援演説がありました。実は、私もその場に行っていて、安倍さんに手紙を渡したんです。手紙には「再調査をしてください」と書きました。封書には私の名前は書いてなかったので、安倍さんはファンレターかと思われたのか「えぇ、手紙」と喜ばれていました。

 だから、安倍さんが亡くなったことにとても驚きました。

■誰が誰のために

 国葬について、私は賛成でも反対でもありません。ただ、疑惑を残したまま国葬されることは安倍さん本人も望んでいないと思います。また、これだけ多くの人が国葬に反対する中、強行するのは、誰が誰のためにやるのかよくわかりません。本当に安倍さんを悼む気持ちがあるなら、家族だけで静かに送ってあげるのが一番だと思います。

 私は真実を知るまであきらめません。今は、安倍さんの妻の昭恵さんに真実を話してほしい。森友問題のきっかけは、昭恵さんが森友学園の小学校の名誉校長に就任したことにあるのは、間違いありません。それがなかったら、夫は死ぬことはなかったのですから。昭恵さんだけでも本当のことを話してほしいし、話すべきだと思います。

(構成/編集部・野村昌二)

※AERA 2022年9月26日号