物議をかもした安倍晋三元首相の「国葬」実施は、岸田文雄政権を窮地に追い込む結果となった。旧統一教会との関係をめぐる問題にも解決策を見いだせない中、最大派閥である安倍派の後継者争いも激化が必至。揺れる自民党は「崩壊」に向かうのか──。

*  *  *

「今は耐えるしかないな……」

 毎日新聞の世論調査の結果が事前に出回った9月18日午後、岸田文雄首相は側近の木原誠二官房副長官にうつろな表情でこうつぶやいたという。内閣支持率は、前月より7ポイントも低い29%。危険水域と言われる20%台まで初めて下落し、不支持率は60%を超えた。

 凋落の一因は、国民の異論を無視して実施を決めた国葬にあることは間違いないだろう。加えて、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)と自民党議員との癒着についても次々と「疑惑」が噴出。解決の道筋が見えない中、10月3日には臨時国会が召集される。政治評論家の小林吉弥氏が語る。

「臨時国会は岸田政権にとってまさに薄氷を踏む場だ。教団との接点が次々と判明している山際大志郎経済再生相などは厳しく追及されるでしょうし、野党が教団関連の隠し玉を持っていたら、山際氏の首だけでは済まない厳しい状況に陥る」

 危機管理体制の甘さがこの事態を招いたとも言える。政府関係者によると、官邸は8月10日の内閣改造を前に、内閣情報調査室や公安調査庁を中心に現職閣僚や閣僚候補者の身体検査を行った。その時点では、山際氏は「見落とされていた」のだという。その後、山際氏の地元事務所に勤める私設秘書が旧統一教会関係者ではないかと8月末に報じられた件については、同月中旬には官邸の耳にも情報が入っていた。山際氏は松野博一官房長官に「これ以上迷惑をかけられない」と一時は辞意を示したが、官邸としては「辞めると野党を勢いづかせてしまう。連鎖反応も心配だ」(政府関係者)として慰留した経緯もあるという。

 岸田首相だけでなく、党内最多の97人を擁する安倍派も正念場に立たされている。党内では「旧統一教会といえば安倍派案件」(同)と言われ、党が実施した点検でも6派閥中最多の37人の名前が公表された。派閥の領袖候補である萩生田光一政調会長、下村博文元文部科学相らも名を連ねている。

 安倍氏自身、国政選挙で教団票の割り振りを取り仕切っていたことが判明しており、派閥会長を務めた細田博之衆院議長も教団関連団体の会合に参加していたことが判明している。9月13日の党総務会では村上誠一郎元行革相が「安倍、細田両氏を点検対象から除外しているのは問題だ」と発言。その後、国葬には欠席することをメディアに公表するなど、ハレーションは収まらない。

 そんな窮地の中、国葬後に本格化するとみられるのが安倍派の後継者争いだ。9月19日に安倍派が都内のホテルで開いた研修会では出席議員らにワイシャツ姿でほほ笑む安倍氏の遺影に使われた写真が配られ、改めて安倍氏の威光に頼らざるを得ない苦しい台所事情を見せつけてしまった。同派は現在、下村氏、萩生田氏、西村康稔経済産業相、世耕弘成参院幹事長、松野氏の「5人組」を中心に運営され、会長ポストは空席のまま。「党総裁候補」ともなる新会長選びで派内対立が激しくなれば、分裂は避けられないとの見方が強い。政治アナリストの伊藤惇夫氏はこう語る。

「長期的に見ると安倍派はばらけていくでしょう。100人規模の派閥はカリスマがいないと持たない。清和会にとって安倍氏という存在が必要不可欠だったということです。安倍氏自身が後継を育ててこなかったツケが回ってきているのではないか」

 難局を打開しようと、安倍派は9月から会長代理の塩谷立氏と下村氏を中心に、当選回数別の議員懇談会を始めた。ただ、これは中堅、若手議員にたまった不満や苛立ちの「ガス抜き」の要素が強い。安倍派中堅議員は「このままでは清和会は『馬糞の川流れ』状態でバラバラになっていくだろう」と自虐的に語った。

 一方で、政治ジャーナリストの野上忠興氏は逆の見方をする。

「清和会では過去に三塚博元蔵相と加藤六月元農水相が争う『三六戦争』で派閥が分裂したが、そんなパワーがある政治家はもういない。次期衆院選で萩生田、下村両氏の当選が危ぶまれるような状況下で、派閥が割れるような事態にはならないでしょう。派内では、会長職は『年の功』で、70代の塩谷会長代理にやってもらう声が出て集約されつつある」

■非主流派結託で岸田政権瓦解へ

 ただ、仮に安倍派が分裂するような事態になれば、ゆくゆくは岸田政権の瓦解につながりかねないとの見方もある。

 現在、岸田政権の中心は岸田派、麻生派、茂木派、安倍派の4派。中でも最大勢力の安倍派が分裂して一部が非主流派に転じ、岸田氏と「犬猿の仲」の菅義偉前首相と結託するような事態となれば、弱体化した岸田政権の脅威となりかねない。前出の伊藤氏がこう語る。

「岸田首相が一番恐れているのは、菅氏を中心に非主流派がまとまることです。岸田氏はちょっとでも隙を見せると足をすくわれる。安倍派の中では萩生田氏と菅氏の関係が良好です。今後は菅氏の動きが政局のカギになっていくでしょう」

 9月上旬、永田町では「岸田首相が近々衆院解散に打って出るかもしれない」との臆測が流れた。ある官邸関係者は「解散風の出元は菅氏周辺」との見方を示す。昨年の衆院選から1年も経過していないのに解散すれば議席を減らす可能性が高いため「解散などするわけがない」(官邸関係者)のが常識的な見方だ。にもかかわらず、菅氏があえて観測気球を飛ばしたのは「政権を揺さぶって、自らの存在感を示すためではないか」(同)と受け取られた。9月に岸田首相と会食した財界人によると、「首相は菅氏の動向に非常に関心を示していた」。両者の水面下での神経戦が続いているようだ。

 来年5月の地元・広島サミットまで「何としても政権を維持する」(周辺)のが最優先事項だという岸田氏。そもそも国民のためになる政治をしてくれることが、最大の延命策のはずなのだが……。(本誌・村上新太郎)

※週刊朝日  2022年10月7日号