安倍晋三元首相の国葬が行なわれた27日、会場となった日本武道館にほど近い、東京都千代田区の九段坂公園には一般に向けての献花台が設けられ、午前10時からの予定を30分早めて献花が始まった。

 献花を待つ人たちが500メートルくらいの行列を作っていた。献花した大学4年生の男性(22)は、同じ大学の彼女と2人でやって来た。手には「日の丸」とデパートの紙袋を持っていた。

「今日は授業のない日だったんです。デパートで昨日のうちに花を買って、用意しておきました。『学生なんで予算少なめで』とお願いしたんですが、1500円と安くはなかった。自民党を支持している若者が多いと聞くから、献花に来るのかなと思ったら、意外と若者は少ないですね。ご年配の方が多い」

 安倍元首相についてはこう話す。

「安倍さんはものすごい功績を残された方。外交安全保障に強く、平和のために尽くされた。小泉純一郎内閣で官房長官だったころからすごい政治家だなと思っていました。安倍さんは尊敬する人です」

 静かな献花台近くでは、東京都大田区から来た56歳の男性が「国葬反対」のビラを持って、反対を叫んだ。通りの向かい側では言い争う声。行ってみると、30代の女性が「献花台の近くなのに『国葬反対』のチラシを持っていた。警察は何もやらないから、取り上げてやったのよ」と、手に持ったくしゃくしゃの「国葬反対」のチラシを見せた。

 献花を終えた20代の男性は、チャンネル登録者数が2万人超えのYouTuberだという。

「今日はYouTubeの撮影がてら来ました。朝7時頃にやって来て、整理券を取って2時間から3時間くらい並んで待ちました。献花で安倍さんに思いを伝えられるのは一生に1度のこと。国葬反対デモには反対です。やっても意味がないと思うから。2時からの国葬に合わせて何かが起きるというので心配なんです。これから国会議事堂の方へ行ってきます」

 千代田区神田淡路町の淡路公園には「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会主催の「安倍国葬粉砕! 9.27 武道館へ怒りのデモを!」集会が開かれた。労働者、市民などいろんな人たちが参加している。その中には「革命的共産主義者同盟(革共同)中核派」の姿も。

 集会が始まると、数十人が「中核派」「全学連」の白いヘルメットを被った。革共同政治局員の石田真弓氏(35)はこう話す。

「ヘルメットを被ってのデモはしばらくやっていませんでした。昨年も一昨年もやってませんね。今年に入ってデモは3回目。ヘルメットは前回のデモでもかぶりました。私たちが強調しているのは戦争のための国葬を阻止しようということです。安倍政治は改憲や戦争準備を推し進めた。国葬はそれを功績として讃えるものです」

 集会に参加していた27歳の女性は、「昨日、京都から国葬反対集会に参加するために来ました。障害者のグループホームで働いています。国葬の強行は戦争への道を開くものだと思っています。人の命を守るために国葬に反対しています」と話す。

 看護師の新井佳世子(48)さんは、「国葬は絶対反対です。国葬を強行することで労働者を黙らせ、安倍さんがやりたかった“戦争のできる国”に向かって進めようとしている。日米は軍事練習をし、国際的な核の共有の動きもある。岸田政権は国葬をきっかけに挙国一致の体制を作ろうとしているんです。私はデモでは太鼓をたたいて抗議の意思を示します」と話した。

 久々に見る中核派のデモ。デモ隊が通り過ぎる時、通行人は珍しがってスマホで写真を撮る人が多かった。中核派は武道館近くではお互いががっちりスクラムを組んだ。近くにいた男性が「中核派のデモってギャグかと思ったら本気かよ、この野郎」と叫ぶ。別のスーツの男性も何やら大声で叫び、何度も隊列に突っ込もうとしていたが警察官に体で止められていた。

 国葬が始まった午後2時頃になると、九段下の交差点付近で、機動隊数十人と「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会の中核派、労働者、市民グループが激しく押し合っていた。機動隊が「これ以上入るな」と押しまくっていた。実行委員会のメンバーも負けじと機動隊とぶつかり合い、押し戻す。「なぜ規制線を深くするのか」「警察は帰れ」「国葬中止」と叫んでいた。

「あまり武道館に近づくと、向こうから国葬に反対する様子が見えて格好が悪いから規制線を深くしたんでしょう。機動隊はこういうことをするんですよ」(グループの労働者)

 前出の新井さんは、「あれ程の警察権力の弾圧を跳ね返して、デモには600人、その後の武道館近くでの抗議行動にも300人が参加した。そして沿道から両手を高くあげて手を振って連帯の意思を示してくださった民衆のみなさんと一緒に、最後まで反対の意思を示す闘いをやり抜けたことに感動しました」

 世論が割れたまま行われた安倍元首相の国葬。政府による説明不足が混乱を拡大させていることは間違いない。(AERA dot.編集部・上田耕司)