世界平和統一家庭連合(旧統一教会)とのかかわりについて指摘を受けてきた細田博之衆院議長が、9月29日に公表した旧統一教会との関係を認める文書。たった「紙1枚」に書かれた内容からは、関係について真摯(しんし)に説明しているとは受け取れない。党内からも批判の声が出るなか、10月3日に「補充説明をする」と発表する事態に追い込まれた。

 公表された文書を整理すると、細田氏が教団側とかかわった件は以下のようになる。

【イベント、会合などへの出席】

▽2018年10月、旧統一教会の政治団体「国際勝共連合」の記念大会に出席

▽19年6月、旧統一教会の関係団体の出版物で、憲法改正問題に関するインタビュー記事の取材を受けた

▽同年10月は旧統一教会の関連団体の国際会議であいさつ

▽それ以外にも18年、19年の2度、会合に出席

【役職など】

▽自民党と旧統一教会関連団体との議連「日本・世界平和議員連合懇談会」の名誉会長に21年6月に就任

▽旧統一教会の創始者、故・文鮮明氏が提唱した、九州と韓国を海底トンネルで結ぶ計画を進める「日韓海底トンネル推進議員連盟」の顧問

【選挙】

▽地元の関連団体から選挙で支持の意向を示された

 こうした事実関係を踏まえた上で、選挙については、

「関係者は、私が知る限りでは普通の市民であり、法令に反する行為を行っているとの認識はない」。

 名誉会長に就いている懇談会については、

「その後の活動状況については承知しておらず、実際にも議長就任後は参加していないほか、既に解散したと聞いている」。

 トンネル議連については、

「これまで特に活動に参加したことはないほか、現在は顧問を辞任している」

 と何かしらの弁明を書き加えている。

 少なくともこの文面からは、旧統一教会や関連団体とかかわりを持ったことについて、問題があったとの認識は見られない。

 文末に、

「今後、社会的に問題があると指摘される団体等とは関係を持たないよう、適切に対応してまいりたい」

 との一文を入れているが、それまでの事実関係を踏まえての思いとは考えにくく、これまでに関係が明らかになった議員らが発言してきた“定型文”を繰り返したに過ぎない。

 細田氏については以前から、教団関連団体のイベントに参加していたことが明らかとなり、メディアにも指摘されていた。しかし、自民党が所属国会議員に旧統一教会との関係について行った点検では、議長として自民会派を離脱していることを理由に対象外とされた。実際はあれだけの接点があったにもかかわらず、だんまりを決め込んできたのだ。

 そうした姿勢に党内からも、「派閥の会長を務めた細田氏や安倍(晋三)元首相が除外されているのは問題だ」といった意見も出て、対応を求められ、ようやく出したのが紙1枚。書かれた内容からも、細田氏がこの件に真剣に対応しているようには思えない。

 たとえば、文面にあった国際会議。「招待があったから挨拶した」と簡素な書き方をしているが、その会議とは、愛知県で開かれた旧統一教会の関連団体「天宙平和連合」(UPF)の会合で、旧統一教会の韓鶴子総裁も韓国から日本に来ていた。

 その前であいさつした細田氏は、

「韓鶴子総裁の提唱によって実現した、国際指導者会議の場は大変意義が深い」

「今日の会議の内容を安倍総理(当時)に早速報告したい」

 などと手放しで持ち上げていたのだ。

 旧統一教会の現役信者によれば、

「韓鶴子総裁がお越しになるので、国会議員のあいさつはとても重視されました。そのなかで、関係が深い細田派(当時)の会長、細田氏への依頼となった。あいさつでは、細田氏は安倍元首相の名前まで出してくれて、旧統一教会としては非常にありがたいものでした。細田氏の参加した会合の翌日には、信者4万人を集める集会が予定されていたので、より効果があったのです」

 と話し、こう続ける。

「UPFは関連団体とされていますが、旧統一教会そのものです。21年9月のUPFの会合に、安倍元首相がビデオメッセージで『韓鶴子総裁をはじめ、みなさまに敬意を表します』とあいさつしました。細田氏の会合でのあいさつは、安倍元首相にお願いする際にも効果があったと聞いています」

 そして、現役信者は1冊の本を取り出した。

「神様の理想家庭と平和世界のモデル 天宙平和連合創設 世界100カ国巡回講演文」

 とあり編集・発行は、教団の前身の「世界基督教統一神霊協会」とある。

 UPFはこれまで旧統一教会の「関連団体」とされていたが、この本からは両者はほとんど「一体」であることがうかがえる。

 安倍元首相も細田氏も、実質的には旧統一教会が主催の会合でスピーチしていたことになる。

 細田議長の「紙1枚」の発表の翌日の9月30日、自民党は、国会議員と旧統一教会との関係について追加調査した結果、12人から追加報告があったことを明らかにした。

 これで自民党の国会議員、379人のうち180人が旧統一教会と接点があったことになる。

 新たな発表では、旧統一教会主催や関連団体の会合であいさつをしていた木原誠二官房副長官と元デジタル相の平井卓也衆院議員、旧統一教会の韓鶴子総裁を「マザームーン」と繰り返していた山本朋広衆院議員、安倍晋三元首相と近い江島潔参院議員らの名前が挙がった。

 そして、かねて指摘されてきた山際大志郎経済再生担当相。これまでに関係団体に金銭を払ったことや、会合に出席していたことを認めているが、新たに「11年にナイジェリアで教団関連団体が開催した国際会議に参加した」などと説明した。

 自民党の発表は「紙2枚」。茂木敏充幹事長が、マスコミに対応したのは記者クラブのみ。

「当然、テレビカメラなどの撮影も不可で、茂木幹事長の説明だけ。当初は、茂木幹事長のコメントとして使うこともダメと言われていた。最後はコメントだけはOKになりましたが、旧統一教会の問題を小さくしようとしている感じがします」

 とクラブに所属する記者が打ち明ける。

 コンプライアンスに詳しい東京地検特捜部元検事の郷原信郎弁護士は、

「コンプライアンスというのは、説明の仕方、対応、記者会見の話し方などで信頼回復という面があります。しかし、今の自民党の旧統一教会への対応はコンプライアンス以前に、まったくお話になっていません」

 と指摘する。

「自民党と旧統一教会がどういう関係だったのか、そこをきちんと調査せずにその場限りの対応ばかり。だから、茂木幹事長も記者会見が開けないのだと思いますよ。連日、自民党と旧統一教会の新たな関係が明らかになっているような感があります。原点に戻り、調査からはじめるべきです。細田氏も紙1枚で終わらせようとするなんて、三権の長である議長としてあまりにお粗末です」

 細田氏は、紙を公表した後もマスコミの問いかけには十分に応じず、再度、文書で説明をする予定だという。

(AERA dot.編集部・今西憲之)