イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく…

イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく…

 今月16日(日本時間17日)、MLBの公式サイトが今季の去就が未定となっているイチロー(マーリンズからFA)について、日本球界復帰の可能性があると報じた。これはあくまで代理人の発言をもとにしたものではあるが、先月行われた『イチロー杯争奪学童軟式野球大会』の閉会式では、イチロー自身も野球少年から聞かれた日本球界復帰の可能性について「ゼロじゃない限りは可能性は残る」と発言している。もし実現すれば2000年以来18年ぶりのNPB復帰となるが、現在のイチローが最もフィットしそうな球団について考えてみたいと思う。



 まず条件に当てはまる球団としては、以下の三つがポイントとして考えられる。

1.外野手の層が薄い
2.機動力不足
3.経験豊富なベテランが不在

 この条件を踏まえたうえで、まず除外される球団はリーグ優勝を果たしたソフトバンクと広島になる。ソフトバンクの外野陣は柳田悠岐、中村晃の二人が盤石で若手の上林誠知も伸び盛りであり、バックアップ要員も豊富だ。盗塁数はリーグ4位だが走れる選手は多く、ベテランのチームリーダーという意味でも内川聖一、松田宣浩の二人の存在が大きい。広島も丸佳浩、鈴木誠也の外野手2人がベストナインを獲得しており、安定勢力の松山竜平、若手のバティスタ、野間峻祥も控えている。機動力は12球団でもトップクラスであり、新井貴浩という精神的支柱がいることを考えてもイチロー獲得の必要性は高くないだろう。

 次に除外されそうなのがDeNAだ。外野手は筒香嘉智、桑原将志、梶谷隆幸のレギュラー3人に加えて期待の若手である細川成也と関根大気、ルーキーの神里和毅など全体的に飽和状態にある。またチームの盗塁数が少ないのはラミレス監督の方針であり、走れる選手が少ないわけではない。存在感のあるベテランがいないという点はあるものの、今の状況でイチローを獲得してもチームのバランスを欠く結果になるだろう。外野手が飽和状態という意味では阪神も除外して良さそうだ。糸井嘉男、福留孝介という実績十分なベテラン外野手が既に二人も在籍しており、期待の若手である中谷将大、高山俊、中堅の俊介などの存在を考えると、阪神にとってもイチローにとっても入団のメリットが大きくないことは間違いないだろう。

 日本ハムも選手層は厚くないものの、西川遥輝、松本剛、大田泰示の3人でほぼレギュラーは固定できており、若手との入れ替えが早いチームであることを考えると、イチローの入り込む余地は少ない。日本球界復帰の際は真っ先に声をかけると見られている古巣のオリックスもT-岡田、マレーロの大砲二人が外野手であり、吉田正尚、武田健吾、駿太といった今後の成長が見込める選手が多いことからも、相性は良くないように見える。


 これで残りは半分の6球団に絞られることになったが、改めて残った球団で外野手を安打数順に3人を主力、2人をサブとして並べてみると下記のようになった(※登録名は昨シーズン)。


西武主力:秋山翔吾(185安打) 外崎修汰(113安打) 栗山巧(84安打)
西武サブ:金子侑司(77安打) 木村文紀(37安打)

楽天主力:島内宏明(131安打) ペゲーロ(130安打) 岡島豪郎(89安打)
楽天サブ:聖澤諒(58安打) オコエ瑠偉(39安打)

ロッテ主力:角中勝也(103安打) 荻野貴司(94安打) 加藤翔平(72安打)
ロッテサブ:清田育宏(47安打) 伊志嶺翔大(18安打)

巨人主力:長野久義(121安打) 陽岱鋼(87安打) 亀井善行(62安打)
巨人サブ:石川慎吾(57安打) 立岡宗一郎(41安打)

中日主力:大島洋平(149安打) 藤井淳志(99安打) 平田良介(58安打)
中日サブ:松井佑介(33安打) 遠藤一星(23安打)

ヤクルト主力:坂口智隆(155安打) バレンティン(113安打) 雄平(86安打)
ヤクルトサブ:山崎晃大朗(53安打) 上田剛史(39安打)

 こうして並べてみるとやはり上位球団の西武、楽天はある程度のメンバーが揃っており、西武は松井稼頭央、楽天は渡辺直人というベテランが復帰したことを考えても、イチロー獲得の重要度は高くないように見える。巨人もベテラン3人が主力で不安は大きいが、オフに獲得した昨年のホームラン王であるゲレーロを外野で起用することを考えると、さらなる大物の獲得を考えづらい。

 これで残るはロッテ、中日、ヤクルトの3球団となったが、その中でおすすめしたいのがヤクルトだ。ロッテには角中、中日には大島というチームの看板となる外野手がいるが、ヤクルトにはそれに該当する選手がいないことが大きい。坂口智隆の復活は見事ではあるが、バレンティンは守備とコンディションに不安が残り、他の顔ぶれを見ても今後大きくブレイクする雰囲気のある選手が見当たらないのが実情である。

 またチームを牽引する役割のベテラン選手も不足している。ヤクルト出身で同じく去就の決まっていない青木宣親の獲得を目指すという報道もあったが、昨年球団ワースト記録を更新する96敗を喫したチームを大きく変える起爆剤という意味ではイチローの方がインパクトが大きいことは間違いない。またイチローにとっても45歳を迎える年に新たにセ・リーグでプレーするということは刺激になるのではないだろうか。

 これまでの報道を見てもイチローの日本球界復帰、そしてヤクルト入団の可能性というのは極めて小さいことは間違いない。しかし低迷するヤクルト、そして球界再編問題以降パ・リーグに圧倒され続けているセ・リーグを盛り上げるイチローの姿を見てみたいというファンは決して少なくないはずだ。ストライプのユニフォームをまとって神宮球場を疾走する。そんなイチローの姿もきっと画になることだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索