山田哲人、坂本勇人の打撃フォームの共通点…高卒選手を一流の打者に育てる方法【八重樫幸雄】

山田哲人、坂本勇人の打撃フォームの共通点…高卒選手を一流の打者に育てる方法【八重樫幸雄】

 野球で最も難しい技術と言えばバッティングではないだろうか。3割を打って大打者と言われるように、失敗の方が圧倒的に多いのがバッティングである。また、アマチュア選手がプロで苦労することも多い。即戦力として期待されていきなり結果を残す選手は圧倒的に投手が多いことからもそれが分かるだろう。高校通算111本塁打を放ち、プロ入りしたルーキーの清宮幸太郎(日本ハム)も、やはりプロの壁に苦しんでいる。そこで今回は現役時代強打の捕手として活躍し、コーチとしても多くの強打者を育成してきた元ヤクルトの八重樫幸雄氏に、バッティングで重要なポイントを現役選手や過去の名選手について触れながら解説してもらった。

*  *  *

 先述したようにアマチュア時代に強打者だった選手がプロの世界で苦労することは珍しくない。では、実際どのあたりに問題があるのだろうか。

「よく言われることですが、高校生の場合はまず金属バットの影響が大きいですね。最近は練習では、木製や竹のバットで打っている学校もありますけど、やっぱり練習と試合では全然違います。金属バットはボールにぶつけるだけで飛びますから、どうしても利き手(右打者なら右手)で強く打っていることが多い。木のバットはそんなに反発しないので、この打ち方だと飛ばないんですね。両手で強く打たないとボールが飛びません。利き手で強く打つクセが大学や社会人でも残っている選手もいます。稲葉(篤紀、元ヤクルト、日本ハム)も入団してきたときは左手(の力)が強かったですね。逆に高校から入団してきても、岩村(明憲、元ヤクルトなど)は両手の力のバランスが良かったです。そのため、比較的すぐに木のバットに対応できるようになりました」

 利き手で強くぶつけるように打つ、いわゆる「金属打ち」はアマチュア球界でも話題となることが多い。特に近年の高校野球は食事で体を大きくして、そのパワーに頼った打ち方で結果を残せてしまう傾向がある。しかし、それではプロでは通用しないのだ。ではそのような打ち方を直すポイントはいったいどこにあるのだろうか。


「まずは両手のバランスを見ます。だけど、手の使い方だけを指導しても、打ち方は直らないんですよ。ちゃんとバットのヘッドが走るようにバランス良く振るためには下半身の使い方が重要です。実際にスイングする前に腰を少し入れる『絞る動き』ができるようになれば、変わってきます。スイングを見ているとどうしてもバットを持っている上半身の動きに目が行きがちなのですが、あえてそこを見ずに下半身の動きを意識させることで、両手の使い方が良くなることもあります。コーチ時代、選手が不調になると、いろいろなポイントが気になるんですが、まずは下半身の動きをチェックするようにしていました。また、両手の使い方という意味では、バットを水平にした状態で左右に振る練習なんかもよくやります。そうするとグリップが体より前に行かずに、ヘッドを走らせる感覚が分かるようになりますね」

 プロに入ったアマチュア選手がよく苦労すると言われるのが変化球への対応だ。実際に清宮もボールになる変化球に手を出して空振りするケースが目立つ。しかし八重樫氏の持論としては、まずすべきことはストレートへの対応だという。

「よく変化球が打てないと言いますけど、その原因は速いボールが打てないことなんですよ。速いボールに差し込まれるから始動が早くなって、それでタイミングを外されやすくなる。清宮も高校時代にホームランをたくさん打ちましたが、そんなに速いボールを打ったことはないと思います。130キロ台中盤くらいまでは対応できても、一軍のピッチャーが投げる140キロを超えるボールは全然違いますから。これも練習ではなかなか掴むのは難しいです。練習で形を作ったら、あとは試合で多く実戦を経験していくことが重要だと思います。速いボールに対応できるようになれば、打席でも余裕が持てて、変化球もタイミングを外されることなく見ることができるようになります」

 では、現役の選手、また往年の名選手で八重樫氏が高い技術を持っていると感じた選手はどのような選手がいるのだろうか。それぞれのポイントについても聞いた。


「現役の右バッターだと巨人の坂本(勇人)、ヤクルトの山田(哲人)がスイングのバランスがいいですね。下半身に『絞る動き』がしっかりとあって、動作が非常にスムーズです。特に坂本は上半身と下半身のバランスがいい。ただ二人ともバットを高く上げて構えるので個人的にはあまり好きな形ではありません。よく『プロの打撃フォームを参考に』というと、どうしてもバットの位置に注目してしまうのですが、下半身の動きを見てほしいです。そういう意味では、広島の鈴木(誠也)は構えもいいし安定していますね。左バッターでは、DeNAの筒香(嘉智)でしょうか。かなり厳しく内角を攻められているのに崩されずに踏み込んでいける。あれは、なかなかできることではないですね。昔の選手では左バッターなら元巨人のクロマティでしょうか。独特のクラウチングの構えですが、崩されずに強く振れる。それで引っ張るだけでなくて左方向にも強く打てる。調子がいい時はどこに投げても打ちそうな雰囲気がありました。右打者では、元ヤクルトの大杉(勝男)さんですかね。体は大きいんですけど腕が短くて、膝の関節が柔らかい。そういうこともあってか内角の打ち方は本当に上手でした。それでそんなに力を入れていないようでも飛ぶんですよ。打つポイントも良かったですね」

 また捕手として長くプレーした経験から見えてきた大打者の特徴もあったそうだ。

「落合(博満、元中日など)はとにかく右足の使い方が凄かった。バットを前において構えてリストが強いから、みんな上半身ばっかり見るんですけど、打った後、バッターボックスの右足のあった位置が深く掘れているんですね。右足の親指、人さし指、中指の3本をグッと押し込んで打っていたみたいです。だからその指は豆ができていたみたいですよ。やっぱり上半身だけではなくて下半身や足も使って強く振るということは重要だと思いますね」

 そんな八重樫氏がコーチ時代、選手の状態を見る時に重要視していた練習についても聞いてみた。

「私は(ボールをトスする)ティーバッティングの時に、自分でボールを投げて選手が打つのを見て状態を確認するようにしていました。ティーバッティングは何となく打っているのではなく、スイングの形や打つポイントを固める意味があるんですが、テンポ良くトスして打たせないといけません。ティーバッティングで変なタイミングで投げたらバッティングはすぐに崩れてしまいます。トスのタイミングが合っていたみたいで、アレックス・ラミレス(現DeNA監督)はヤクルトにいた時、いつも私に投げてくれって頼んできました。ラミレスは悪い時は上半身が突っ込むから分かりやすいんです。だから、ティーバッティングを見ながら、その点をよく言っていました。でも最近はコーチがトスしていないケースが多い。それだと選手の状態も分からないと思いますね。もっとそういう練習を大事にした方が選手のバッティングは良くなると思います」

 捕手としての目、そして長年の現場での経験から出てきた言葉だけにどれも説得力のある話だった。目につきやすい上半身やバットの動きだけでなく、全体を見て下半身や足も使って振る。一流選手と若手選手を見比べるポイントとして押さえておくと、野球の見方もまた一段と深いものになるだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索