アジア大会競泳6冠池江璃花子 東京五輪で取る金メダルの数

アジア大会競泳6冠池江璃花子 東京五輪で取る金メダルの数

 競泳の池江璃花子(18)が、ジャカルタのアジア大会で大活躍した。8種目に出場し、バタフライや自由形、リレーなどで計6個の金メダルを獲得した。日本代表の中で早くもエースの貫禄。2年後の東京五輪でも、金メダルの期待が高まる。

 2000年シドニー五輪代表だった萩原智子さんは、成長に目を細める。

「昨年から、彼女の弱点だった下半身を、ウェートトレーニングで強化した成果が表れています。スタートでより遠くに鋭く飛び込め、前半の驚異的なスピードや、ラストスパートでもキックが強く粘れるようになりました。ターンなど細かいところにまだ粗削りな部分があるので、伸びしろは十分あります」

 池江は、アジア大会直前にパンパシフィック水泳選手権にも参加。8種目に出場し、タフさも際立つ。

 パンパシフィック水泳選手権を取材した複数の関係者は、池江のタフネスぶりを指摘する。

「池江選手はポジティブで、疲れていても泳ぐのが楽しいと思える。どんなコンディションでも一定の結果を残してきた北島康介さんらメダリストたちに連なるものを感じます」

 アジア大会を取材したスポーツライターの田坂友暁さんは、複数種目に出るメリットもあるという。

「池江選手の主戦場はバタフライですが、自由形にも取り組むことで相乗効果があると思います。自由形は水泳競技で一番速い種目。それを体感することが、バタフライにも生きています」

 もちろん、東京五輪に向けた課題もある。自身も競泳の選手だった田坂さんは、自己管理の大切さを挙げる。

「今は高校生でスケジュールが決まっています。大学に入ると、より自由な時間ができます。自分でどれだけ管理できるかが重要なのです」

 池江が東京五輪で金メダルを狙うバタフライには、ハイレベルな選手がそろう。自由形などほかの種目も欧米の強豪選手が多く、アジア大会のような複数の金メダル獲得はかなりハードルが高い。まずは得意のバタフライで取り、リレーで上積みを目指すことが期待される。

 前出の萩原さんはバタフライについては、アジア大会での勢いを維持すれば、金メダルの可能性が十分あるという。

「昨年までは東京五輪で決勝で戦えるかなと思っていました。今や本気で金メダルを狙える位置にいます」

 東京五輪で何回表彰台に立つのか今から楽しみだ。(本誌・大塚淳史)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索