池江、「五輪金」への道のりは「康介さんほどしんどくない」?

池江、「五輪金」への道のりは「康介さんほどしんどくない」?

 ジャカルタで開かれた先のアジア大会の競泳で6冠を達成した池江璃花子。果たして東京五輪での金メダル獲得につながるのか。

*  *  *
 池江璃花子(18)に五輪への期待が今から高まるのは、しごく当然のことだ。アジア大会でMVPに選ばれるなど活躍した北島康介(35)や萩野公介(24)らが、それぞれ2年後の五輪で金メダルを獲得。アジア大会の活躍が五輪につながると見られているからだ。

 6冠も凄いが、注目すべきはアジア大会前の8月に東京で行われたパンパシフィック選手権(以下パンパシ)。200メートル自由形で主要国際大会初のメダルとなる銀を獲得し、池江が五輪金に最も近いとされる100メートルバタフライでは56秒08と今季世界最高タイムで優勝したのだ。

 171センチと世界のトップスイマーに比べれば小柄ながら、両手を広げたリーチは186センチ。一般には身長と比例する長さのはずが、人より約1割増しの長い腕で大きく水をかけるのが特長だ。高校3年生になった今季は筋力トレーニングを本格的に開始。下半身を鍛えることでキック力がついた。

 日本水泳連盟競泳委員で日本大学文理学部教授の野口智博さんは、

「バタフライに関しては、キックがよく進むようになった。ストロークが大きく泳ぎに余裕があるので、もう一段高い筋力をつけ、ストローク数を50メートルにつき、ひとつ増やしたらピッチを上げられる」と話す。

 パンパシは欧州勢が参加しないため、55秒48という世界記録でリオ五輪を制したスウェーデンのサラ・ショーストレム(25)は不在だった。野口さんは「ショーストレムがそういう泳ぎをしているので、それをベースにもう少し速くなることを想定した体作りと泳ぎ作りができれば、勝機はある」と期待する。

 もうひとつ、五輪がパンパシやアジア大会と違うのがレース数。五輪や世界選手権は予選→準決勝→決勝の3レースだが、アジア大会やパンパシは予選→決勝の2レース。予選を多少流しても決勝に残れた。よって、五輪同様3レース方式となる来年の世界選手権(韓国・光州)で真価が問われることになる。

「3レースという決勝進出の難易度が上がる中で、決勝で力を出せる形が作れるかどうか。そのためには、練習量を落として疲労を抜く調整の前までに、どれだけ体力の上積みができるかが鍵になる」(野口さん)

 五輪でのレース解説などで知られる中京大学スポーツ科学部教授の高橋繁浩さんも、世界選手権がひとつの分水嶺とみる。

「北島は五輪前年の世界選手権で成功体験を積んで金メダルを取った。池江も来年まで、この1年間をどう過ごすかだろう。そして、体力、技術の向上はもちろんだが、一番重要なのはメンタルコンディショニング。メディアを含めた周囲の目やプレッシャーを、自分のなかでどう処理して平常心を保つかが課題ではないか」

 水泳選手は非常に繊細だ。ちょっとした気持ちの揺れがフォームのずれやバランスに影響を及ぼす。過去にも多くの選手がプレッシャーに苦しんできた。

 だが、現在の日本の競泳界では、池江ひとりに注目が集まるわけではない。男子個人メドレーでライバル対決を繰り広げる萩野や瀬戸大也、平泳ぎの渡辺一平、女子個人メドレーの大橋悠依と金メダル候補がひしめき、注目度は分散されている。

「メンタル面では、お互いがお互いの援護射撃をする形になってくれたら。それを考えると、北島康介はすごいと思う。アテネ五輪からずっとひとりで競泳界を引っ張ってきたんだから」

 そう話す高橋さんは池江のプラス要素として、5月から池江を指導する三木二郎コーチ(35)の存在を挙げる。00年シドニー、04年アテネ両五輪個人メドレー代表で、英国代表チームでコーチを務めた経験もある。

「彼が海外で培った知見や経験がいい形で伝えられたら、池江の成長につながるだろう」

 そして最後は競泳ニッポンが積み上げてきた歴史が、池江を平常心にしてくれるに違いない。

「康介さんほどしんどくない」、そう思えたらいい。(文中一部敬称略)(ライター・島沢優子)

※AERA 2018年9月10日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索