宇野昌磨、ファンの期待を力に…昨年の悔しさ胸に頂点へ【沢田聡子】

宇野昌磨、ファンの期待を力に…昨年の悔しさ胸に頂点へ【沢田聡子】

 平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで銀メダルを獲得した宇野昌磨は“ある課題”に苦しんでいた−−。 



 昨季、地元・名古屋で行われたグランプリファイナルで、0.5点差でネーサン・チェンに惜敗した。「0.5負けたっていうのは、そういう日だったんじゃないかな」とあっさりと片付けた宇野。彼の頭を占めていたのは、「4回転トーループ」だった。練習では9割ぐらい跳べているが、なぜか、試合だとそれを失敗してしまうという。

「試合でよく失敗するジャンプは、トーループなんですよ。跳べるジャンプだからこそ失敗しやすい。簡単に跳べるからこそ、いろんなことができちゃうから失敗するんじゃないかな。ギリギリのジャンプはもう力を100パーセント入れる、それ以外にはないので。だからかなとは思うんですけど、それは本当に課題ですね」

 その課題は、今季も宇野を悩ませていたが、11月に行われたグランプリシリーズ2戦目のNHK杯で“解決の糸口”をつかむ。ショートプログラムでは、4回転トーループで回りすぎて転倒しまったが、体が動きすぎるのが原因ならば、ショートの4回転トーループを疲れが出る三つ目(最後)のジャンプにもってくることも考えたそうだ。しかし、宇野はフリー当日に“ある境地”に達する。

「構成を変える前に、やはりもう数回このまま調整したいなと……。自分の気持ちをどうコントロールするか、コントロールできないなら、ちょうどいいところに持っていくにはどうするか。やはり向き合っていきたいなと思いました」

 課題に正面から向き合う覚悟ができた。それが影響してだろうか、3.39の加点がつき、高く評価されたフリー1本目の4回転トーループは、“突破口”となるジャンプになった。

「結構、練習通りできたという感じだった。一回呼吸をおいて跳びにいったんですけど、回りすぎてしまって……。ただショートと違うのは、分からないから思い切りいったジャンプとは違う、いつもの練習をなるべく再現しようとしたトーループだった」


 宇野は練習量の多さで知られている。

 試合で最も大切なのは、もちろん練習の成果を出すことだ。練習では高い確率で成功しているにもかかわらず、試合で失敗が多い4回転トーループにこだわるのは、そのためだろう。今季のテーマである「自分を信じる」も、練習を積んできた自らを信頼して試合に臨むという意味だと考えられる。

「なんかすごく自信があったんですよね」と話した宇野。NHK杯フリー1本目の4回転トーループは、きっと“理想”に近づくための入り口になるはずだ。

 宇野は今季のファイナルにも、ネーサン・チェンと並ぶ優勝候補として臨む。NHK杯の一夜明けた会見で、こんな意気込みを語っている。

「『皆さんの期待に沿った演技をしたい』と、ショートが終わってからも思っていました。これまでの僕だったら、こういう場でも『気にしないようにしよう』とかいろいろ考えていたんですけれど、ちゃんと皆さんの期待を認めて、それに見合った結果を出せる演技をしたいな、とフリーの前はずっと思っていた」

 平昌五輪の銀メダリストは、周囲の期待が背中を押してくれると、受け止められるようになっている。12月6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開かれるグランプリファイナルで、自分を信じて滑ることができた時、宇野は初めて世界の頂点に立つのかもしれない。(文・沢田聡子)

●プロフィール
沢田聡子
1972年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索