菊池、筒香、秋山のメジャー挑戦で東京五輪メンバー選考がピンチ

菊池、筒香、秋山のメジャー挑戦で東京五輪メンバー選考がピンチ

 今オフは侍ジャパンの選手たちが来オフ以降にメジャー挑戦の意向を表明した。DeNAの筒香嘉智は「小さい頃から夢だったメジャーリーグでプレーしたい思いがあると、(球団に)伝えさせてもらった」と契約更改の席で報道陣に明言。広島の菊池涼介は「来年(国内)FAということで皆さん気になると思いますが、ポスティングの方をお願いしますと(球団に)伝えました」と明かした上で、「成績を残さなければ(メジャーリーグに)行けない。自分にハッパを掛けるつもりで伝えた」と語った。

 さらに西武の秋山翔吾外野手も生出演したニッポン放送のラジオ番組で、「(11月の)日米野球でいろいろな投手と対戦できて楽しかったし、ゼロではないです」と公の場で初めてメジャー志向を打ち明けた。



 菊池、筒香、秋山は2017年WBCに出場し、侍ジャパンの中核を担う選手たちだ。菊池は広い守備範囲と卓越したグラブさばきで国際試合でも再三、好プレーを披露。「MLB.TV」の実況が「日本の二塁には神の手がいる!」と絶賛して世界的にも有名になった。筒香も11月の日米野球はシーズン中に痛めた左くるぶしの影響で出場辞退したが、侍ジャパンの4番で結果を残した長距離砲だ。秋山は日米野球で打率3割5分と高い打撃技術を披露。ソフトバンク・柳田悠岐と共に打線を牽引した。

 20年の東京五輪に向けてNPB(日本野球機構)は全面協力する方針だが、MLB(メジャーリーグ)機構はメジャーリーガーの派遣に消極的だ。現時点では田中将大、前田健太、大谷翔平が出場する可能性は低い。さらに菊池、筒香、秋山が20年にメジャーリーガーとして海の向こうでプレーすれば東京五輪への出場は不透明になり、東京五輪のメンバーも再考を迫られることになる。菊池の本職である二塁はヤクルトの山田哲人、楽天の浅村栄斗が有力候補になる。筒香に代わる4番候補は柳田のほか西武の山川穂高、巨人の岡本和真が担う可能性も十分。秋山が出場できない場合の外野は広島の鈴木誠也、ソフトバンクの上林誠知、巨人の丸佳浩、オリックスの吉田正尚らで競うことになりそうだ。

 上記に挙げた選手たちを見ると、シーズン中に各球団の主軸で申し分ない活躍をしている。ただ国際大会は別物だ。初対戦の投手たちへの対応力も求められるし、国際試合では思うように実力を発揮できない選手もいる。菊池、筒香、秋山が出場できない状況になったら、侍ジャパンの稲葉篤紀監督がどのような布陣で東京五輪に臨むのか。メンバー選考も指揮官の手腕が問われそうだ。(今中洋介)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索