イチローの総年俸は歴代何位? メジャーでの功績を数字で振り返る

イチローの総年俸は歴代何位? メジャーでの功績を数字で振り返る

 日本が誇るスーパースターのイチローが3月21日、日本とアメリカ合わせて通算28年の現役生活にピリオドを打った。メジャーリーグでは日本での倍以上となる19年を過ごし数々の記録を残したイチロー。2004年に達成した歴代最多となるシーズン262安打などはファンにも馴染み深いが、その他にもイチローが海の向こうアメリカで刻んだ記録は数知れない。そこれで今回はイチローのメジャーで残した功績を数字で振り返ってみたいと思う。



 まず、イチローといえばヒットのイメージ。ヒットや打撃に関する主な成績は下記の通りとなる(※順位、数値はすべてメジャー歴代通算のもの。米国の野球データサイト『Baseball-Reference.com』を参照)。

・安打(3089):24位
・二塁打(362):265位タイ
・三塁打(96):175位タイ
・単打(2514):6位
・打点(780):516位タイ
・打数(9934):31位
・打席数(10734):48位
・敬遠(181):28位
・三振数(1080):265位タイ

 メジャーリーグでのプレー年数は20年に満たないが、長い歴史を持つメジャーリーグで安打数が24位に食い込んでいるのはさすが。また、イメージ通り二塁打、三塁打にくらべ、単打数が多いのが目立つ。打点もリードオフマンという役割を長く務めていたが、ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)、ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)ら実績十分の現役スラッガーよりも現時点(4月20日)で上位にランクしていることからも、それなりの数字を記録しているのが分かる。敬遠数では歴代最多となる762本塁打を放ったバリー・ボンズ(ジャイアンツなど)や、4度の本塁打王に輝いたケン・グリフィー・ジュニア(マリナーズなど)ら並み居る長距離打者が上位にいる中、28位にランクイン。長打で相手を脅かすことはなかったが、ここぞの1本がいかに相手チームの脅威になっていたかを証明している。


 次は打撃と同様、日本時代からイチローの大きな武器となったスピード、走力に関する主なデータを振り返りたいと思う。

・盗塁(509):35位タイ
・盗塁失敗(117):66位タイ
・盗塁成功率(81.310%):38位
・得点(1420):89位
・出塁回数(3791):70位

※盗塁成功率は、盗塁を80回以上試みたなど対象選手に一定の条件あり。

※出塁回数の数値は安打、四死球による合計値。失策などでの出塁は除く。

 圧倒的な走力を誇る選手も少なくないメジャーリーグで、盗塁数が35位とスピードでも負けずに戦っていたのは凄いの一言。加えて、盗塁の成功率も38位と上位にランクインしていることから、ただ走るだけではなく確実に次の塁を盗んでいたかが読み取れる。得点、出塁回数も100位以内なことからも、“理想のリードオフマン”としてチームの勝利に貢献していたのかを数字が物語っている。

 次はデビューイヤーに披露した“レイザービーム”が話題となり、本拠地セーフコ・フィールド(現Tモバイル・パーク)では守備位置のライトを“エリア51”とファンに名付けられるなど、メジャーのファンも唸らせた守備力を数値で振り返りたい。※数値、順位はすべて右翼手としての通算の記録

・刺殺(4009):7位
・捕殺(100):53位タイ
・守備率(.9916):3位
・RF/1試合9回平均(2.232):23位

※RFはレンジ・ファクターの略。1人の選手が1試合平均でどれだけアウトに寄与したかの数値。

 打力、走力も素晴らしいイチローだったが、守備の指標ではトップテン入りしているものも見受けられ、ディフェンスでもトップクラスに君臨したことを数値が証明している。広い守備範囲で着実にアウトを重ね、次の塁を狙う走者を自慢の強肩で仕留めていたのはただの印象だけではない。数値には現れないが、ライトにイチローがいるという“抑止力”が相手チームに与えた影響も少なくないだろう。


 では少し趣向を変えて、これだけ“完成された選手”であったイチローは果たしてどれだけメジャーリーグで稼いだのか。ここ数年は年俸がかなり高騰しており、時代によって年俸の額も大きく変わってくるため、単にお金だけでは選手の価値は測ることは不可能だが、これも気になるところ。

 イチローがメジャーで稼ぎ出した年俸の総額は、1億6718万1483ドル(約187億円)。キャリアですでに確定している年俸総額のランクでは30位に位置している。1位のアレックス・ロドリゲス(ヤンキースなど)は3億9928万5104ドル(約447億円)と遠く及ばないが、選手の価値を示すお金という面でも、歴史に名を刻んでいる。

 今回は主に、走・攻・守の数値でイチローのメジャーでの功績を振り返ってみたが、客観的にいかに素晴らしいプレイヤーだったかがお分かり頂けたのではないだろうか。加えてイチローが引退会見で語っていた「頭を使う野球」という数値に見えないところでも、チームの勝利に貢献していた部分もあるだろう。

 今後、日本人選手がメジャーへ挑戦する流れは変わらないだろうが、イチローの領域まで達することのできるプレイヤーが果たして生まれるか。もちろん、そのような選手の登場を願うが、殿堂入りが有力視される“伝説”への壁は途方もなく高いだろう。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索