月給17万円から年俸1000万円も 過酷すぎるプロ野球「審判」の世界

月給17万円から年俸1000万円も 過酷すぎるプロ野球「審判」の世界

 野球経験者ならば「審判は石ころと思え」という言葉を聞いたことがあるかもしれない。華やかなプロ野球選手の報道の裏で、日々、野球と向き合い、選手と向き合い、黙々と仕事をこなしているのが審判だ。プロ野球を数十年見続けているファンでさえ、審判の世界を理解しているのはごく一部だろう。パ・リーグ審判員として29年、NPB審判技術指導員を8年つとめた山崎夏生氏にベールに包まれた審判の世界を語ってもらった。

*  *  *
 NPBには現在、61人の審判が所属している。現役の審判が55人、現役の審判を指導する技術指導員が5人、その全てを統括する審判長が1人という内訳だ。審判には、元プロ野球選手が多いのではないか? そんなイメージを抱く人も少なくないだろうが、審判になった元プロ野球選手は2001年を最後に現れていない。理由は、その過酷さが背景にあるのではないかと言われている。

「審判になるには、2013年12月に開校したNPBアンパイア・スクールを受講しなくてはいけません。募集は年に1度。130〜170人の応募者の中から一次審査を通過したおよそ60人が受講できます。審判を目指す人がほとんどですが、審判技術向上のために中学・高校の野球部の顧問やアマチュア野球で指導的立場にある人なども参加します。少数ですが、女性の参加もあります。アメリカの審判学校が5週間かけて行うメニューをおよそ1週間で行うため、受講内容はハード。朝9時から実戦に即したプレーへの対応、投球判定などを学び、夜は座学で講話やルールの勉強、毎日テストも実施します。毎年何人かはリタイアしますね」(山崎氏)

 スクール終了後、成績優秀と認められた受講生のみ「NPB研修審判員」として採用される。採用人数は毎年わずか3〜4人、研修期間は1〜2年だ。「NPB研修審判員」になると、独立リーグである四国アイランドリーグplusやBCリーグに派遣される。NPBの指導員や独立リーグの審判部長が、球審、塁審としての動きをスタンドからチェックし、基礎を徹底的にたたき込む。毎年10月に宮崎で行われるフェニックス・リーグを最終試験とし、合格を果たせば「NPB育成審判員」として採用される。

 ちなみに給料はというと、「NPB研修審判員」は、月17万円の6カ月契約、年俸は102万円。「NPB育成審判員」は、年俸345万円だ。近年、審判を目指す元プロ野球選手が減っているのは、こういった厳しい環境が関係しているという。

「現役審判55人のうち、元プロ野球選手は13人。かつて審判は元プロ野球選手がほとんどでした。ルールも熟知しているし、運動能力も高いため、優遇もされていました。現役時代の給料を考慮してもらったり、すぐに1軍の試合に出られたりね。しかし、それでは公平性に欠けるということもあり、今ではNPBアンパイア・スクールの受講が必須となりました。優遇などはなく、全員同じスタートです」(山崎氏)

「NPB育成審判員」に昇格すれば、2軍の試合にも出場ができる。最長3年の育成期間内でみごと最終試験に合格をすれば、「本契約」が決まる。年俸も385万円にアップする。しかし、1軍の試合に出場するには、まだ長い道のりがある。

「プロ野球選手は、1年目からレギュラーになれることもありますが、審判の世界では無理です。審判で大切なのは『経験』です。いろんな修羅場を経験し、あらゆるプレーに遭遇し、ジャッジの引き出しをもたないといけません。たとえ1軍の試合に出られたとしても、最初は月2、3試合から。残りの日程は2軍で経験を積みます。1軍の試合にレギュラーで出場できるようになるには、研修・育成期間を合わせると最低10年はかかるでしょう」(山崎氏)

 さらに山崎氏は、審判という仕事の大変さについて、こう続ける。

「審判は、選手と違い、イニングの表裏すべてに出場しています。選手は表裏どちらかはベンチに座り休めますが、審判には休憩はありません。特にエネルギーを消費するのは球審。前夜は、ベテランでも緊張のあまり寝付けないこともあります。ストライク&ボール、アウト&セーフ、ファウル&フェア、デッドボールや危険球の判定など、塁審と違いジャッジの数も多い。球審には、先発投手が完投するのと同じくらいの疲労度がありますよ」

 たとえ「本契約」になったとしても審判の契約期間は1年。サラリーマンのような正社員待遇は存在しない。しかし、体力的、技術的に問題がなければ55歳前後まで契約更新の可能性もあるという。

 もし1軍の試合に定着することができれば待遇面は一気に跳ね上がる。「1軍通算出場試合数500試合+年間72試合以上出場」の条件クリアが必須だが、最低保証年俸は750万円までアップ。さらに出場手当も上積みされる。配分は、球審3万4000円、塁審2万4000円、控え審判7000円だ。年間を通じて活躍すれば、出場手当だけで200万円を超える。すべてを合算すれば、年俸1000万円超えも夢ではない。

 審判としての一日のスケジュールも気になるところだ。

「ナイターの場合だと、午前中は、ジムなどに行きトレーニングする人が多いですね。近所をジョギングする人もいます。球場入りするのは、15〜16時。球審担当者は、もう少し早めに入り、選手が練習するブルペンに入ったりバッティングケージの後ろについたりして、ボールへの目慣らしをします。その後、休憩を挟み、18時になれば試合開始です。試合後は、反省会を開くので、球場を後にするのは23時くらいになります」(山崎氏)

 続けて、山崎氏は選手との交流についても興味深い話を聞かせてくれた。

「選手との交流は一切ありません。かつては、一塁ベース付近で談笑したりする姿も見かけられましたが、今は私語・談笑は禁止。飛行機の移動やホテルも別々です。遠征先の居酒屋などでバッタリ会ってしまうことはありますが、一緒にお酒を飲むことは絶対ありません。仲が良い選手に有利な判定をしているなどの疑惑の目を向けられては困るからです。昔と違い、選手と一定の距離感はできていますが、野球界の仲間という意識はお互いがもたないといけないと思っています。お互いに尊重しあい、リスペクトしあって、プロ野球という良い商品を提供しなきゃいけない。良い試合のためには、良い選手、良い審判が必ず必要なんです」

 我々野球ファンは、華やかなプロ野球選手の活躍の裏で、こうしたもう一つのドラマがあることを忘れてはならない。まだ今シーズンは残り100試合ほどもある。選手だけでなく、時には審判に注目してみるのも野球の魅力発見につながるのではないだろうか。(文/AERA dot.編集部・岡本直也)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索