佐々木朗希の起用でも見えた監督の“覚悟”  改善に向かうアマ球界の投手酷使

佐々木朗希の起用でも見えた監督の“覚悟”  改善に向かうアマ球界の投手酷使

 多くの人がその将来を心配したことは間違いないだろう。



 7月21日、この夏最大の注目選手である佐々木朗希(大船渡)はシード校の盛岡四を相手に延長12回を投げ切り21奪三振、2失点完投。打っても決勝のツーランホームランという離れ業をやってのけたが、その球数は194球にまで達したのだ。しかし翌日の久慈戦、マウンドはおろか先発メンバーにも佐々木の名前はなかった。打者としても4番を任せられている佐々木をスタメンから外すということは大きな戦力ダウンに違いないが、チームを指導する国保陽平監督は佐々木の将来を守ることを選択したのだ。試合は4点をリードしていた大船渡が終盤に追いつかれ、2試合連続の延長に突入。11回表に大船渡が2点を勝ち越して6対4で勝利。佐々木は最後までブルペンにすら入ることはなかった。

 昨年夏に甲子園を沸かせた吉田輝星(金足農→日本ハム)が秋田大会の初戦から甲子園の準決勝までの10試合を一人で投げ抜き(決勝の大阪桐蔭戦は先発して5回降板)、同じ公立高校の超高校級投手ということで佐々木にも酷使の不安がつきまとうが、これまでの国保監督の起用法を見ていると、佐々木の将来に最大限気を使いながらもチームとして勝つという方針がよく分かる。その象徴的だったのが春の岩手県大会だ。夏のシード権のかかる大事な大会でありながら、1回戦の釜石戦で延長にもつれながら佐々木を起用しなかったのだ。その前の地区予選でも最後まで起用するか迷ったとコメントしており、佐々木も球速を抑えたピッチングに終始した。甲子園出場を義務付けられた強豪校ではないとはいえ、佐々木をここまで温存して戦うことは勇気がいることである。21日に194球を投げたのは投げ過ぎという声もあるが、負担の少ないフォームで上手く強弱をつけながら投げる佐々木の姿からは、悲壮なものは最後まで漂ってこなかった。

 甲子園の時期になると投手の登板過多が問題視されることが多く、今年の4月からは「投手の障害予防に関する有識者会議」が実施されることになったが、現場レベルでも改善が進んでいないわけでは決してない。春夏6度の甲子園出場を果たし、関東でも屈指の強豪校である健大高崎(群馬)は最も進んでいる学校の一つだ。全ての選手の試合結果をデータで事細かく管理し、投手については試合だけでなく練習での投球数も管理している。実戦でも毎年複数の投手を起用し、継投で勝ち抜くスタイルが徹底されている。

 また吉田がほぼ全試合を一人で投げ抜いた昨年夏の甲子園での完投数は全90試合で71(両チームとも完投すれば2でカウント)。10年前の2008年は92完投(89試合)、5年前の2013年は78完投(83試合)あったことと比べると、確実に継投するチームは増えているのだ。甲子園に出場するような強豪校だから部員も多く、複数投手制に対応できているという意見が出てきそうだが、必ずしも強豪校だけがこのような状態なのではない。筆者が今年の地方大会で見た23試合のうち、完投数は15。佐々木が12回を完投した日の第1試合に登場した花泉(岩手)はベンチ入りわずか13人であるが、背番号1の千葉聖也と背番号9の千葉唯斗の継投を見せ、4回戦まで勝ち上がった。一関工を相手には3対6で敗れたものの、見事な戦いぶりを見せていた。部員が少なくても、一人のエースに頼らずに複数の投手で戦うという風潮は確実に広がっているのだ。

 その一方で高校野球以外については一般的な注目度が高くないこともあって報道されることも少ないが、大学野球ではまだまだ登板過多と思われる起用法が見られることが度々ある。今月行われた日米大学野球選手権では6日間で5試合を行うというスケジュールで8人の投手が選出されていたが、先発としてマウンドに上がったのは森下暢仁(明治大)と早川隆久(早稲田大)の二人だけ。各大学のエース級が揃う布陣でこの起用法は明らかに不可解である。また、昨年春の東都大学リーグ、東洋大と亜細亜大の試合ではともに豊富な投手陣を抱えながら東洋大は上茶谷大河(現DeNA)、亜細亜大は中村稔弥(現ロッテ)が3試合連続で先発のマウンドに上がっている。また東京六大学では三浦銀二(法政大2年)が下級生ながら昨年秋は13試合中8試合に先発、今年の春も13試合中9試合に登板しており、明らかにシーズン後半は調子を落とす結果となっている。

 神宮球場を本拠地とする東京六大学、東都大学でこのような状況が続く一方で、先進的な試みをしているリーグもある。東海大、日本体育大、筑波大などが所属している首都大学野球連盟では昨年春から「首都大学野球連盟主催公式戦における投球数ガイドライン」として、下記のことを発表した。

【投球数ガイドライン】*罰則規定は設けない
(1)先発1戦目は投球数制限をしない
(2)2戦目は前日121球以上投げた場合は、翌日50球までとする。但し投球中に50球を超えた場合はイニング終了まで可とする
(3)1戦目で120球以下の場合は連投を妨げない
(4)雨天で1日あけた場合は、制限を設けない

 あくまでガイドラインであり罰則規定もないが、これまでこのガイドラインを破るチームは出てきていない。この効果だけではないかもしれないが、昨年は松本航(日本体育大→西武)、東妻勇輔(日本体育大→ロッテ)が上位指名でプロ入りしており、今年も4年生から下級生まで各チームに好投手が揃っている。その顔ぶれは東京六大学、東都大学を明らかに上回っていると言えるだろう。

 登板過多の投手が出てくるたびに警鐘が鳴らされ、有識者会議が開かれることになったのは大きな前進である。しかし、悪いものを指摘するだけでなく、既に行われている良い取り組みについてもどんどんスポットライトを当てるべきではないだろうか。そして高校野球という一部のカテゴリーにとどまるのではなく、少年野球からプロ野球まで全ての年代を通しての対策が講じられなければ、本当の意味での解決にはならないはずである。野球界の未来のためにも、今後は世代、カテゴリーを超えて野球界が一体となって問題の解決に向かうことを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索