メジャー旋風の「最強」トレンドが高校野球に与える新たな可能性

メジャー旋風の「最強」トレンドが高校野球に与える新たな可能性

 メジャーリーグ、さらには日本のプロ野球の「トレンド」ともいうべき起用法がある。それが「2番・最強打者説」だ。



 1番は足が速い、2番はつなぎ役。このコンビで得点圏に走者を送ってチャンスメークした上で、3、4、5番のクリーンアップに回していく。これが「攻撃のセオリー」でもあった。

 このコンセプトが、今、まさに変わりつつある。

 初回の攻撃から、必ず「最も打てる打者」が出てくるとなれば、相手はやりにくいという発想が前提にあるといわれている。一発の力を秘めた打者が、初回に必ず打席に立つ。走者がいなくても、本塁打なら必ず1点が入る。

 ところが、塁に出て、送りバントで得点圏に走者を送るのは、相手にアウトを1つ、差し出すことでもある。だから「犠牲」という名がつくのだ。

 そうではなくて、打て──。

 メジャーでは、出塁率の高い順に打順を組むという発想もあるという。出塁率の最も高い1番、そして長打力のある「最強の2番」を組み合わせる。確かに、理にかなったシナリオでもある。

 だから、なのだろう。大谷翔平の所属するエンゼルスは、3番にDHの大谷が座っているが、その前を打つ2番は現在のメジャーで史上最強といわれるマイク・トラウト。昨季までのメジャー8年間で240本塁打、今季も今月17日の時点で自己最多タイの41本塁打。とんでもないバッターが「2番」なのだ。

 ヤンキースでも、かつては「ザ・キャプテン」と呼ばれたデレク・ジーターが、そして現在ならアーロン・ジャッジ。2017年には52本塁打の実績がある。ネームバリューも、勝負強さも兼ね備えた最強の打者が「2番」を務めるのが、メジャーのスタイルなのだ。

 その流れは、確実に日本にも押し寄せている。

 かつて「2番」といえば、通算533犠打の世界記録を持つ巨人・川相昌弘、あるいは中日・井端弘和に代表されるように、バントや右打ちなど「小技」の名手だった。

 ところが、2019年、巨人の開幕スタメンは2番・坂本勇人。8月17日現在の136安打、32本塁打はいずれもセ・リーグトップの数字だ。日本ハムでも、長打力に定評のある大田泰示、さらに今季途中からDeNAの2番は筒香嘉智が務める機会が増えている。日本を代表する長距離砲が「2番」にいるのだ。こうなってくると「2番=バント」という概念など、どこにもない。

 この夏の甲子園でも、その「トレンド」を象徴しているかのような選手がいた。

 海星・大串祐貴。2番に座る左打者は、身長175センチ、体重78キロ。どっしりとした体型で、取材で向かい合ってみると胸板の厚さが目立つ、いかにもパワフルなタイプだ。5年ぶりに勝ち抜いた長崎大会6試合で「2番」を務めながら、犠打は「0」。甲子園初戦(2回戦)の聖光学院戦でも、6回に中押しとなる貴重な2点目をたたき出す本塁打を、右翼席へ運んでいる。

 高校野球らしからぬ、そして、今の野球界の時流に乗った「2番最強説」の象徴のような存在だ。

「メジャーでも、DeNAでも筒香さんが2番なんですよね。全く一緒な感じだなと思いました。うれしいです」

 大串はまんざらでもない表情で、自らの「2番」という打順を語ってくれた。バントのサインは出ない。バント練習もやらないのだという。つまり「思い切り打て」というのが、海星の2番に与えられた役割なのだ。

「最初は戸惑ったんですけど、自分の役割が分かってからは、しっくりきています。ホームランを打つと、チームが盛り上がりますから」

 さらに、このチームの面白いところは、4番に座る高谷艦太の存在だ。身長177センチで体重70キロの体は、グラウンドで見るとひょろりとした感じで、大串とは対照的な体型。こちらは、公式戦での通算本塁打は「0」なのだが、長崎大会6試合での犠打が「4」。つまり、4番の高谷の方がつなぎ役なのだ。

「自分は4番目。チームバッティングに徹すると決めています」

 バットを寝かせ気味に構え、グリップの位置も右胸の前。振り抜くというよりは、着実にミートすることを心がけたフォームは「もともと、遠くに飛ばせないので」。

 大串が本塁打を放った聖光学院戦でも、9回の3点目は、先頭の高谷が相手失策で出塁すると、二盗を決め、そこから5番・坂本芽玖理が二ゴロを放って三塁へ進塁、続く太田勇新の右犠飛で高谷が生還。つまり、4番を起点に、ノーヒットで決勝点を挙げるという機動力とチームバッティングでの「スモール・ベースボール」だ。

 大串に、そして高谷に話を聞き、グラウンドでのパフォーマンスを見ていると、これまでの「野球」にあてはまるのは、2番高谷、4番大串だろう。「自分でも、そう思います。僕の方が“2番タイプ”ですよね」。高谷も笑いながら認めたほどだった。

 高校野球にも、2番最強説──。

 ところが、海星・加藤慶二監督に話を伺ってみると「こうなったのは、偶然的なものなんですよね。意図したわけではありません」と苦笑い。その内幕はこうだ。

 昨秋の新チーム発足当時、大串は4番を打っていた。ところが調子を落とし、春の大会ではレギュラーから外された。夏へ向け、メンバーを厳選していく中で、加藤監督は大串をメンバー外にするつもりだったという。

 3年生が夏を戦えないというのは、イコール、高校野球では「引退」を意味する。コーチ陣からの推薦で「引退させるつもりで、最後のチャンスを与えたんです」という5月中旬の合宿中に、大串をAチームの「2番」に起用すると、そこで結果を出し、レギュラーを再奪取した経緯がある。

「2番しか空いてなかったんです。上の打順に置かないと、練習試合で多く打順が回ってこない。そもそもの理由は、そこだったんですよ」と加藤監督。ところが、そこでピタリと「2番大串」がフィットしたというわけだ。

「結果的に、そこでバシバシ打っても、クリーンアップに戻すだけの理由もなかったんですよ。だから、もしバントが必要なら、大串には代打を出します」(同監督)

 けがの功名ともいうべきか、ひょうたんから駒なのか。

 しかし、この「最強2番」の打順で、海星は5年ぶりに夏の甲子園切符をつかんだのだ。さらに、甲子園で3回戦に進んだのは、怪物・サッシーと呼ばれた元ヤクルト・酒井圭一氏を擁してベスト4に進出した1976年以来、43年ぶりの快挙だった。

 8月16日の3回戦では、優勝候補の一角・八戸学院光星と互角に渡り合い、3点を先制しながらも逆転を許し、一時は3点をリードされた。ところが、再び追いつく粘りを見せた6回、同点の2点タイムリーを右前へ運んだのは「2番大串」だった。

「僕は、強くスイングするのが仕事です。甲子園は、自分の実力以上のものが出せるところでした。楽しい場所でした」

 9回サヨナラ負け。その悔しさはもちろんあるだろうが、大串はそれ以上に、充実感に包まれているように見えた。

 お前は、細かいことを考えなくていい。思い切り、振ってこい──。

 バントをしない、チーム一の長距離砲が「2番」。メジャーで、そして日本のプロで使われている“最新のオーダー”は、もちろん戦略上の効果も大きいのだろうが、ひょっとしたら、球児たちの「積極性」を引き出すという、もう一つの効果もあるのかもしれない。(文・喜瀬雅則)

●プロフィール
喜瀬雅則
1967年、神戸生まれの神戸育ち。関西学院大卒。サンケイスポーツ〜産経新聞で野球担当22年。阪神、近鉄、オリックス、中日、ソフトバンク、アマ野球の担当を歴任。産経夕刊の連載「独立リーグの現状」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。2016年1月、独立L高知の球団戦略を描いた初著書「牛を飼う球団」(小学館)出版。2017年7月からスポーツライターとして活動。2019年8月21日に、高校不登校・中退から単身渡米、イチローよりも先に「日本人初の野手メジャーリーガー」になりかけた根鈴雄次氏の半生を描いたノンフィクション「不登校からメジャーへ イチローを超えかけた男」(光文社新書)出版


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索