鳥谷敬への引退勧告に東尾修が苦言 「最大限の配慮を」

鳥谷敬への引退勧告に東尾修が苦言 「最大限の配慮を」

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、鳥谷敬選手に引退勧告をした球団に苦言を呈する。



*  *  *
 阪神の鳥谷敬選手が今季限りでの阪神退団を表明した。球団から戦力構想外の方針を伝えられた鳥谷本人が8月31日、球団から同29日に「引退してくれないか」と言われたこと、そして「タイガースのユニホームを着てやるというのは今シーズンで最後になる」と明かした。

 レギュラーシーズンを戦っている最中で、しかもクライマックスシリーズ争いをしている中で、異様な光景に映ったのは、言うまでもない。もちろん、球団というものは来季の戦力を見据えた上で人員整理し、ドラフト会議での獲得状況を踏まえ、外国人選手やFA選手、他球団を戦力外となった選手の獲得をする。9月ともなれば水面下で交渉を行うのは常である。ただね。その交渉というものは決して表に出すべきではない。レジェンドであろうが、なかろうがね。

 なぜなら、他の選手に影響を及ぼすこと。「もうすでに首切りが始まっている」となれば、少なからず同じような境遇の者は意識する。今回の報道では、最初に球団の戦力構想外が報道された。球団の人間は、細心の注意を払わなければならない案件である。鳥谷本人が公にしたかったのであれば致し方ないことではあるけど、誰も得などしない。

 球団の方々は、チームや野球界に多大な貢献をしたレジェンドには、最大限の配慮をしてもらいたい。どんな選手であっても、戦力外となる時期は来る。ただ、本人の意向をくみ、どうすれば球団に残ってもらえるのか、そういったものを話すのは1度や2度では足りない。何度も交渉を重ねてきて、今回がファイナルアンサーであるのなら、納得ができるけどね。

 中日も球団代表が松坂大輔と話し合いの場を持ったという。意思確認の手順を踏むことは悪いことではないが、マスコミに公表すべきものなのか。大輔は引き際を自分で決められる数少ない選手である。球団代表が「現役続行の意思を確認した」と公表する必要はない。球団代表は誰かに向けてアピールしたかったのかな?と思ってしまう。

 私が現役引退を決めたのは1988年の中日との日本シリーズだった。先発ローテーションから外れた私は第1戦(ナゴヤ球場)で、4‐1で迎えた八回無死一、二塁、打者・彦野利勝の場面で先発の渡辺久信をリリーフした。当然、最後まで投げ切るつもりでマウンドに上がった。

 しかし、当時の森祇晶監督の言葉は「この一人を抑えてくれ」だった。次打者には左打者の立浪和義がおり、ブルペンでも左投手が準備していた。森監督からすれば、単純に勝つための最善手として、一人を確実に抑えてほしいとの思いから出た言葉だったろう。しかし、私の受け止め方は違った。彦野を初球、内角シュートで三ゴロ併殺。2死三塁となって、立浪は3球三振に仕留め、わずか4球でピンチを切り抜けた。九回も投げ切ったが、その言葉は私の心に強く残った。その日の夜、知人に引退の意思を口にした。

 中日は山本昌投手に対し、本人から辞めると言うまで理解して契約し続けた。本当に懐が深い球団だなと感じたけどね。現場は最後の最後まで熱い戦いをしている。水面下の動きは水面下のままで、行ってもらいたい。

※週刊朝日  2019年9月20日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索