気になる部分の衰えも…阪神から引退勧告、鳥谷敬の打棒はまだ通用するか

気になる部分の衰えも…阪神から引退勧告、鳥谷敬の打棒はまだ通用するか

 実質の戦力外通告を受けた阪神・鳥谷敬の動向が注目されている。9月初旬のマツダスタジアムでは敵地にもかかわらず、グラウンドに姿を現わすだけで場内から大声援が送られた。



 鳥谷本人は現役続行の意思が固いとみられる。しかしプロの世界は実力がすべて。結果を出せない状況ならばユニフォームを脱ぐのが当然である。

 しかし高い技術力があれば多少の体力的衰えはカバーできる。巨人・阿部慎之助などは天才的な打撃と『実績』というブランド力で好調なチームを後方支援している。

 では鳥谷はどうなのだろうか。以前、本人が語ってくれたインタビューをもとに、阪神OBの野球解説者・田尾安志氏に聞いた。鳥谷敬の打撃はまだ通用するのか……。

「もともと投手よりの右ヒジが伸びた状態でスイングする。投手よりの右腕を意識した打撃スタイル」と鳥谷の打撃を評する田尾氏。

 打者の手元で動く球が全盛になってからは、「引きつけて見極めて打つ」スタイルが主流になった。しかしその中で右手主導の打撃を貫く鳥谷は以下のように語っていた。

「大学時代からですが捕手よりの左腕が内側に入るクセがある。当然、右肩も入ってしまうために投手を真っ直ぐのラインで見ることができない。それを修正するために最初はオープンスタンスから始めた」

「打撃で重要視しているのは、投球を線でとらえること。それに対してバットを正確に出せないと打ち返せない。そのために相手投手や状況、自分のコンディションに応じて身体の開き方などを微調整している」

 調子が良い時は、ショートの頭から左中間への鋭い打球が飛ぶ時だ。これも右腕主導の打撃スタイルが生み出している。

 これに対し、「スイング時にインコースは詰まってしまう。インコースを身体の鋭い回転でライト方向へ打つのは苦手なタイプ。逆にショートの頭から左中間へ打つのがうまい。バットが身体の近くを通っているから」と田尾氏は分析する。

 スイング時に大事にしているのは、バットが身体から離れないようにすることだという鳥谷。「本来は常にヘッドを立てて打つことができれば良い。でも相手投手も崩そうと思って投げてくるので、ヘッドが下がる時も多い。そんな時でもバットが身体に巻き付いていれば問題ない。そうすればヘッドも走るので強い打球を打ち返すこともできる。低めの球を逆方向へ打ち返せている時はそういう状態の時ですね」とも語っていた。

「一度、捕手よりの左手で押し込むスイングを取り入れた。でもうまくいかなかったので、右手主導の自分のスイングに戻した。感覚やタイミングの部分だと思う。今の野球ならば左手手動の方が結果にはつながりやすいと思うけど、それで今の成績を残しているのだから大したもの」と田尾氏は鳥谷が試行錯誤のうえで習得した打撃を称賛する。

 打撃は感覚の部分が大きい。変わりゆく野球スタイルを取り入れるとともに、自らのスタイルを崩すこともしない。

「右手、左手はそこまで意識しないのですが、感覚の部分はあるかな。その中でも大事にしたいのはタイミング。腕の感覚が変わるだけで、タイミングの取り方も、自分自身の中でかなり変わってくる。僕は足を上げてタイミングを取るタイプだから、より相手投手と合わせることを意識している。そういう部分では自分主導ではないのかもしれない」

「どんな打ち方でもタイミングが合えば打てるし、バットが遠回りしてもミートできる。あとはどれだけ自分のスイング、もっと言えば素振りに近い状態で試合でも打てるか。打席ではそれだけを考えていますね」と語っていたように、鳥谷の打撃論はシンプルでわかりやすい。

 ファンのみでなく実際のプレイヤーも参考にしたい部分であるが、それも現役でいるからこそ可能になる。

 来年以降も『バットマン鳥谷敬』を見ることは可能なのだろうか。

「打撃の技術的には問題ない。これまでの鳥谷でやっていけると思う。でも……」

 最後に田尾氏は、唯一、心配となる点を挙げてくれた。

「心配は目。ショートの守備に入った時に捕手からのノーバン返球を落としたシーンが見られた。鳥谷くらいの年齢から目が衰える選手は多い。そこだけが心配。いくら技術があっても目の衰えだけはカバーしにくいから」

 2月の球春到来から、あっという間に9月になった。CSなどポストシーズン進出争いとともに、来季以降の『ストーブリーグ』も気にかかる時期だ。

 連日、鳥谷のニュースを見かけるのは、誰もが「To Be Continued……」を期待しているからにほかならないから。『縦じま』でなくなるのを見るのは複雑ではあるが、まだまだ鳥谷の野球を見ていたい。これが野球ファンの本音だ。(文・山岡則夫)

●プロフィール
山岡則夫1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て2001年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍やホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!オフィシャルページにて取材日記を不定期に更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索