MGCで名を上げた駒大 問題視されたスポンサー企業との金銭関係は?

MGCで名を上げた駒大 問題視されたスポンサー企業との金銭関係は?

 五輪の華、マラソン。2020年東京五輪マラソン日本代表の男女2枠を決める一発勝負の大レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が9月15日に開催され、男子は駒大出身の中村匠吾選手(26)=富士通=が優勝し、代表内定を勝ち取った。走り終わった後、駒大時代の恩師、大八木弘明監督に抱きかかえられ、頭をなでられるシーンが感動を呼んだ。

 駒大関係者はこう語った。

「うちの大学では盛り上がってますよ。大八木監督のスポンサー企業との金銭関係は、勝つことによって正当化されています。監督個人のスポンサー企業とのアドバイザリー契約も、結果オーライになっています」

 週刊朝日は昨年12月7日号で、大八木監督と複数のスポンサー企業とのアドバイザリー契約が、長谷部八朗学長ら大学幹部から問題にされた事態を報じた。

 その事態とは、昨年7月、都内のホルモン焼き店に長谷部学長、駒大野球部OBで元DeNA監督の中畑清氏ら5人が集まり、大八木監督に肩たたきとなる「辞職勧告」をした。その後、大八木監督は反撃に出て、「学長からパワーハラスメントを受けた」と、駒大内部監査室長宛てに「内部監査申し立て書」を提出した――というものだ。

 本誌が報じてから約10カ月――。

 MGCで優勝した中村選手は卒業後の今も駒大で練習し、大八木監督も中村選手が所属する富士通でコーチをしているという密な間柄だ。

 中村選手は駒大時代、2年時から3年連続で箱根駅伝に出場していたので、メディアから箱根駅伝から東京五輪へ出場する選手として紹介された。

 MGCのレース後の記者会見では、大八木監督に関して、

「大学3年の時、大八木監督から『マラソンでオリンピックを目指す。一緒にやらないか』と声をかけてもらって、非常にうれしかった。一緒にこの監督と目指せれば、本当にたどり着くんじゃないかなと思いました。こうして内定することができて、少しでも指導に対して恩返しができたのかなと思っています」

 と語った。

 冒頭の大学関係者は言う。

「MGCでは優勝した中村君だけでなく、4位にはやはり駒大出身で九電工の大塚祥平君(24)が入ったんですよ。箱根駅伝では08年に優勝して以来11年間勝てていないので、大八木監督の手腕に対する疑問の声が上がっていたんですが、『大八木監督はさすが指導力があるよね』とか『大八木監督は中村選手の夏の暑いシーズンの適正を見抜いていた。選手の適正を見抜く力は確か』と、学内では再評価されています」

 MGCでは、どの選手がどんなシューズを履いているのかも関心を集めた。

 中村選手が履いていたのは鮮やかなピンクの厚底シューズ。これはナイキの新作「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」。

 MGC出場選手のナイキ社製シューズ着用率は高く、代表権を獲得した男女4人のうち、実に3人がこのナイキのピンクシューズを着用していた。

 ナイキの厚底がひとり勝ちの状況だが、ナイキと言えば、大八木監督の大口スポンサーでもある。

 大学幹部は本誌が昨年取材した当時、こう明かしていた。

「大八木監督の管理する口座にはナイキから年間1千万円の報酬が入っていましたが、それは大学学生部が管理することに変更して、学生部の事務部長の許可がないと引き出せないようにしました。大八木監督にとっては使い勝手が悪くなったはずです。それだけかと思っていたら、大学で調査したところ、それ以外にも、複数社との別の契約がポロポロと出てきたんです。最初、大八木監督は金額も言わない。『契約書もありません、口頭の約束です』と言っていた」

 大八木監督は駒大OBで、1995年に駒大コーチ、04年に監督に就任。08年の箱根駅伝で総合優勝を飾るなど15年間、名将として君臨してきた。選手に「男だろ」とゲキを飛ばすのが話題となり、「男だろ!!」と書かれた手作りのうちわもあるほどだ。

 スポンサー企業から大学陸上部や大八木監督に提供された資金は、延べで億を超える金額になるという。

 昨年の本誌の報道から半年たった今年4月26日、駒大は第三者委員会の「調査報告書」を発表した。

 報告書では、

「週刊朝日に上記内部監査申し立ての事実が漏れ、大学の内部抗争として紹介され、学内・学外において多くの人の知るところとなった」

 とした上で、ホルモン焼き店の会合での大八木監督への「肩たたき」については、

「酒席の場で(辞職勧告を)行うこと自体問題である」

 としつつ、会合については、

「金銭問題の重大性について話をした。(大八木監督が)企業からの資金を個人的に受領していることは、大学のアマチュアスポーツにおいてはあってはならないことであり、世間に知られれば大きな問題になってもおかしくないと思われること。企業から受領している金銭を(大八木監督が)駒大とは関係のない自らへの個人的な資金と考えていることは間違っていることなど、考えを大八木監督に伝えるものであった。(大八木監督が)就業規則違反に問われるなどという事態を避けるためには、自ら辞表を出し、学長に預けるのがよいのではないかと進言した」

 と趣旨について記し、「学長から(大八木監督に対する)パワハラはなかったと判断した」

 と長谷部学長を不問とした。

 その一方、大八木監督は駒大の専任職員で大学から毎月給料をもらいながら、スポンサー企業とアドバイザリー契約を結んでいることについては、調査報告書ではこう結論づけた。

「駒澤大学では、兼業承認を得ないまま兼業している職員も少なくはなく、大学側もそのことを認識していながら事実上黙認している実態があると認められるため、(大八木監督が)大学から兼業の承認を得ていなかったという一事をとらえて、就業規則違反の責任が重大であるとすることは相当ではなく、(大八木監督)と企業との間の契約内容や契約期間等の実態をも考慮して、今後検討すべき問題と考えられる」

 要するに、兼業するには事前承認が必要だが、他の職員も同じように事前承認なしで兼業している実態があるので、大八木監督だけをことさら問題にできない、ということのようだ。
 
 大八木監督を電話で直撃すると、こう言った。

「やつら(大学幹部)のほうが偽装しているんですよ。領収書偽装の証拠は全部、オレは持っている。私への嫉妬でやったようなものです。オレはずーっと黙っていたんだ。オレのほうが有名だから、ひとことも言わず、辛抱して辛抱して、ずーっと辛抱していました。一生懸命やればちゃんと、こうやって成果が出ますよ」

――アドバイザリー契約を事前に報告していなかったことが問題になった。

「そんなのは全部やってましたよ。申請書を出しても、あの人たちが隠していただけです。そういう汚いことを一杯やってましたから。私は黙ってました、抑えてます」

――ナイキのピンクの厚底シューズ「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」の威力はありますか。

「威力はあるでしょうね。いい靴なんじゃないですかね」

――MGC4位の大塚選手のシューズはアディダスでしたが。

「それは大学時代から自分のはいているやつなので、やっぱり自分の好みというのがありますからね」

――五輪代表内定で、ナイキからのボーナスは大八木監督に出ますか。

「いや、出ません。中村と大学はまた別個ですから。中村は中村ですから」

――富士通ともアドバイザリー契約を結んでますが。

「富士通とはアドバイザリーをしてもいいよと理事長にも言われています」

――この問題は、結局、学長側も大八木監督も双方がおとがめなしで終わっているようですが。

「そうですかね、オレはわかりませんけども。オレには思いがありますよ。実際は名誉毀損(きそん)ですわね、あんなこと書かれて」

――ホルモン焼き店で「肩たたき」された時には、中畑さんもいたそうですが。

「中畑さんは言い含められてそうさせられただけ。私は何も一切、抵抗しなかった。みんなから、余計なことは言わない方がいいよ、と言われたので黙っていた」

などと言い、電話は切れた。

 駒大は第三者委員会での結論を踏まえ、どうするつもりだろうか。

「穏便に済まそうとの考えから、長谷部学長も大八木監督も、誰も傷つかない結論を出したという感じですね。『水清ければ魚すまず』ですよ。きれいな水では小魚しか育ちませんよ。栄養分たっぷりのにごり水だから、でっかい魚が育つ。スポンサー企業がアドハイザリー料をばらまいているから、強い選手が育つんです」(駒大OB)

 ナイキ社にも取材を申し込んだが、この日までに返答はなかった。アマチュアスポーツとスポンサー企業との金銭関係は様々な問題をはらんでいる。駒大の問題は氷山の一角と言えそうだ。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索