田村優「10日間ぐらい眠れなかった」 苦しんだラグビーW杯開幕戦のプレッシャー

田村優「10日間ぐらい眠れなかった」 苦しんだラグビーW杯開幕戦のプレッシャー

 自国開催。しかも開幕戦。

 その重圧が、桜のエンブレムをつけたフィフティーンにのしかかった。



 試合開始早々、ロシアがキックオフしたボールをNO8(ナンバーエイト)姫野和樹が取り損ね、ノックオン。その後もロシアに押し込まれる展開が続き、前半5分、ファーストスクラム後に日本が攻撃を重ねてキックでピンチを打開したかに思えたが、蹴り返されたロシアボールをFB(フルバック)ウィリアム・トゥポウが痛恨のキャッチミス。ロシアのWTB(ウィング)キリル・ゴロスニスキーがその隙を見逃さず、日本は先制トライを奪われた。開始5分間のテリトリーは、ロシア97%で日本3%。完全に陣地を奪われていた。試合結果だけ見れば、4トライでボーナスポイントを奪い、30対10での勝利だったが、快勝という手ごたえはない。

 W杯初出場のSH(スクラムハーフ)流大(ながれゆたか)は試合後に振り返った。

「みんなガチガチでした」

 日本の司令塔・SO(スタンドオフ)田村優も「10日間ぐらいずっと緊張していて寝られなかった」と開幕戦の重圧に苦しんでいたという。後半6分、ハーフライン手前で相手ディフェンスからボールをむしり取り、50メートル以上独走して追加点を奪った後、それほど難しくなかったゴールキックを外すなど、キックの精度を欠いた。

 試合後の会見で、日本チームにミスが相次いだ理由を問われたFL(フランカー)のリーチ マイケル主将は、「風なのかプレッシャーなのか。眩しいわけじゃなかった。ボールは見えていたが」と振り返り、照明の影響ではなく、緊張感が要因だったと説明する。

 だが、選手たちは少しずついつものプレーを取り戻していった。

「初めてのW杯なので。こう、気持ちが上がりすぎてしまったんで。視野が狭くなっていたなと思います」という姫野は、最初のノックオンで目が覚めた。「ミスしてもいいから思い切ってやろうと思った」

 ボールを持つと、積極的に前に出て1メートルでも1センチでも陣地を稼ぐ。

「僕が前に出ることによってかなりチームが勢いづくだろうなと思ってましたし、かなりイメージして思い切ってやりました」

 後半20分には、SHにW杯3大会連続出場の田中史朗、LO(ロック)に同4大会連続出場のトンプソン ルークを投入。田中はすぐにディフェンスの好プレーで相手ミスを誘うなど、ベテラン勢の落ち着いた好プレーで流れを引き寄せた。

 ジョセフ・ヘッドコーチは試合後、「4年間の集大成のオープニングゲームということで、多くのプレッシャーを感じていたが、30点を奪うことができた」とほっとした様子。ベンチ入りメンバー全員が出場し、重圧の中で手にした勝利を自信に、次は強豪・アイルランドに挑む。(編集部・深澤友紀)

※AERAオンライン限定記事


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索