フィギュア女子4回転ジャンパーの続出 背景にネットの影響?

フィギュア女子4回転ジャンパーの続出 背景にネットの影響?

 昨季まではトリプルアクセルが最高の武器だった。だが、今季はそれでは通用しない。紀平梨花ら日本勢の前に立ちはだかるのは、ロシアの4回転ジャンパーたちだ。AERA 2019年11月25日号に掲載された記事を紹介する。



*  *  *
 下克上。それが今のフィギュアスケート女子の戦いにふさわしい言葉だろう。今季シニアに上がった若手が、4回転やトリプルアクセルを軽々と成功させ、グランプリ(GP)シリーズの金メダルを独占し続けている。平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(17)も、昨季GPファイナル女王の紀平梨花(17)も、GP初戦は2位だ。

 話題の中心にいるのは、シニアデビューしたロシアの3人。まずアレクサンドラ・トルソワ(15)は、フリーで4回転を4本入れる驚異のプログラムで、10月のスケートカナダでは241.02点の世界最高をマークした。別次元の戦いだ。

 アンナ・シェルバコワ(15)は4回転ルッツを武器にGPシリーズを連覇。アリョーナ・コストルナヤ(16)は4回転はないがトリプルアクセルを武器に、世界歴代3位の236.00点をマークした。彼女たちはみなロシアのコーチ、エテリ・トゥトベリゼの門下生。同門の12、13歳に4回転ジャンパーがさらにいて、姉弟子たちを刺激している。

 トリプルアクセルを武器に昨季のGPファイナルで優勝した紀平は、トルソワに敗れたスケートカナダの後にこう言った。

「昨季は、トリプルアクセルを跳べることで一歩リードしていたのが、今季はトリプルアクセルしか跳ばないことで一歩遅れている。一気に時代が変わってしまった」

 まさに時代は変わった。30年間ジャンプのレベルが変わらなかった女子に訪れた大変動だ。

 女子のジャンプを語るには、1988年カルガリー五輪を忘れることはできない。3回転2種類を成功した選手が金メダルを獲得した一方、伊藤みどりは3回転5種類7本を降りた。まだ女子は芸術性が重視された時代で、アジアの無名選手についた順位は5位。しかし「たった1度の演技が、フィギュアスケートを芸術からスポーツに変えた」と評価され、女子に“ジャンプの時代”が訪れた。

 伊藤は88年秋にトリプルアクセルを女子で初めて成功したが、その大技を武器にできる女子はほとんど現れず、次に代名詞にしたのは浅田真央。2005年の世界ジュニアでは、伊藤のお下がりの衣装でトリプルアクセルを成功させた。

「みどりさんに憧れて子どもの頃からトリプルアクセルを跳びたいと思ってきました」

 と、浅田は語っていた。その後再びジャンプは停滞期を迎え、平昌五輪の入賞者にトリプルアクセルジャンパーは不在。次なる気鋭は、浅田に憧れた紀平だった。紀平は昨季にシニアデビューすると、トリプルアクセルをショートで1本、フリーで2本入れ、GPファイナル優勝。伊藤と浅田は「私たちが繋いできたトリプルアクセルのバトンを渡せた」と喜んだ。

 女子にとって最高難度の技は、30年間にわたりトリプルアクセルだった。しかし水面下では、新たな潮流がうごめいていた。平昌五輪と同じ18年の3月にあった世界ジュニアで、トルソワは4回転2種類を成功させて優勝。この時の技術点は92.35点で、五輪優勝のザギトワの技術点81.62点を上回っていた。

 トルソワがシニアデビューする19年秋に向け、どのチームも高難度ジャンプを練習した。

 19年世界選手権では、カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ(19)がシニア女子で初めて4回転サルコウを成功。今季は、コストルナヤと韓国のユ・ヨン(15)がトリプルアクセルを成功。米国のアリサ・リウ(14)もトリプルアクセルと4回転ルッツを降りた。

 一方のトルソワは今季、3種類の4回転を成功させ、さらに4回転フリップとトリプルアクセルも練習している。

 日本勢も負けていない。紀平と同門の細田采花(あやか・24)やジュニアの横井きな結(ゆ)(14)、吉田陽菜(はな・14)らが、国内大会でトリプルアクセルを成功させた。

 なぜ、ここにきて大技の成功者が次々と現れたのか。それには、技術の進化がある。

 まず現在はインターネットで有名選手の映像をいつでも見て、イメージトレーニングができる。各チームで研究が進み、効率的なフォームが確立された。

 かつて伊藤は、カルガリー五輪後の凱旋ツアー中に、ブライアン・オーサーのトリプルアクセルを見て研究し、帰国後に記憶に頼りながら試行錯誤したという。浅田は、プロ転向した伊藤が目の前で練習していた。そんな貴重な機会がなければ、昔は練習すらできなかったのだ。

 またハーネスという補助具が発達した。真上に吊り上げる補助具で、回転軸や飛距離をサポートし、感覚を身につけるもの。先に成功体験をすることで、間違ったフォームで練習するような“回り道”がなくなった。(ライター・野口美恵)

※AERA 2019年11月20日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る