もはや一部の若者だけでなく、多くの日本人にとって動画共有サービス「YouTube」は日常生活の中で欠かせないツールとなっている。特に最近は、芸能人たちが次々とYouTuber(ユーチューバー)デビューを果たし、再生数を伸ばしている。そしてその流れは、日本のアスリート界にも押し寄せて来ている。

 有名なアスリートYouTuberとしてまず思い浮かぶのが、日本人メジャーリーガーであるダルビッシュ有だろう。2017年2月に公式チャンネルを開設し、自らの近況や自身の考え、昔のチームメイトとのエピソードなど、テレビでは見ることができない映像を配信。現在の登録者数は52.3万人(10月23日現在、以下同)に上る。さらに今年の1月にサブチャンネルとして「ダルビッシュのゲームチャンネル」も開設し、こちらも登録者数31.1万人。ダルビッシュ有のWikipediaページの職業の欄には「プロ野球選手」よりも上に「YouTuber」と記されている。

 日本人のサッカー選手では、ケイスケホンダこと本田圭佑が、登録者数23.1万人を誇る。2019年7月にチャンネルを開設し、スタイリッシュな映像編集とともに多くの著名人との対談も実施しながら自身のサッカー観や人生観、教育論などを熱く語っている。その本田を登録者数で上回ったのが、今年4月にチャンネル開設した長友佑都だ。数々のサッカー選手との対談だけでなく、家族でのBBQや平愛梨夫人とのゲーム対決動画など約半年の間に49本の動画をアップし、登録者数は25.3万人となっている。

 だが、アスリートYouTuberは彼らだけではない。そして彼らよりも人気を博している者たちも多い。代表的なのが、総合格闘家の朝倉未来だろう。現在は「RIZIN」のリングで活躍する一方で、2018年5月にチャンネルを開設。「ナンパした女性の彼氏が朝倉未来だったらどうなる?」などのドッキリ企画モノや「今流行りの新手のぼったくりに潜入してみた」といった突撃モノなど、“世直し”の意味を込めながら体を張った動画などを次々と制作し、チャンネル登録者数は159万人(弟・朝倉海も2019年6月にYouTuberデビュー)。再生回数も多いものでは1000万回を超えており、日本の他の本職YouTuberたちと比べても引けを取らない人気を誇っている。

 その他でも、短距離ランナーの桐生祥秀は2019年7月に開設して登録者数5.97万人。「GoProを付けて走ってみた!」の動画では、ランナー視点で迫力満点の映像を体感することができる。プロバスケッット選手のYouTuberも増加し、山本柊輔やKYONOSUKEこと寺嶋恭之介が自身のチャンネル内で超絶スキルを公開。ラグビーでも元日本代表の山田章仁が2019年11月に「YouTuber宣言」となる動画とともにYouTuberとしての活動を開始。競技を問わず、多くの現役アスリートたちが次々とYouTuberとして活動を始めている。

 さらに今年の6月にはフィギュアスケートの本田三姉妹(真凜・望結・紗来)が、チャンネル名『本田姉妹やで』でYouTuberデビュー。コロナ禍での開設に「今の時期だから3人一緒に居られる時間が多い。みなさまに少しでもパワーをお届けできたら」と長女・真凜は説明。動画の再生数アップに必要不可欠なタイトルやサムネイルなどに凝っているわけではなく、手作り感満載の動画が並ぶが、チャンネル登録者数はすでに41.5万人。三姉妹の仲の良さが伝わり、休日にたい焼きを作る、その名も「たい焼き」という“ド直球”なタイトルの動画が400万回再生を突破するなど、多くのPV数を稼いでいる。

 アスリートたちが自身のチャンネルを持ち、その中で自らの考えや思いをダイレクト発信することができる意義は、アスリート自身にとっても、そしてファンとしても大きく、「WIN−WIN」であることは言うまでもない。コロナ禍によって東京五輪の開催も含め、今後の活動が不透明な日本スポーツ界の中で「アスリートYouTuber」が増えていくことは間違いないだろう。昔からの「スポーツ選手」に加え、昨今は「YouTuber」が小学生の「将来就きたい職業ランキング」の上位の常連となっているが、それを合体させた「アスリートYouTuber」が、あらゆる意味で“最強”なのかもしれない。