『盗塁』は試合の流れを大きく変える。

 近年はその傾向がより顕著になりつつあり、足の専門家が再び脚光を浴び始めた。

「盗塁は成功したという結果で語られる。結果を出すためにも、覚悟を持ってスタートすることがすべて」

 巨人のリードオフマンとして活躍した松本匡史。セ・リーグのシーズン盗塁記録を持つ男が盗塁の極意について語ってくれた。

 松本匡史は球界に旋風を巻き起こした『盗塁』のスペシャリスト。攻撃時に青い手袋を着用していることから、『青い稲妻』と呼ばれた。

 早稲田大時代にはリーグ通算67試合に出場して57盗塁を記録し、76年ドラフト5位で巨人に入団。1年目に10盗塁を決め、プロ4年目からは外野手のレギュラーに定着した。83年にセ・リーグの年間最多記録となる76盗塁を樹立。プロ通算10年間で盗塁王2回、ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を3回受賞した。

「大事なのは走ること。成功率を考えるよりも、まずは盗塁企画を多くすることが大切。アウトでもセーフでも、スタートすることから始まる。成功率を重宝する人も多いが、成功率を考えるとスタートする勇気が出にくくなる。どちらを求めるのかは、その人次第の部分もあるが僕はスタートが大事だと考える」

「ダメなのは走って良い場面、そして走れるチャンスがあるのに走らないこと。そして牽制で刺されること。盗塁を企画しないで終わってしまえば、可能性はゼロということ。まずはトライしてみることで何かも生まれる。完全にスタート失敗しても相手がミスすることもある」

 兎にも角にも「状況に合わせて積極的に走ること」が必要不可欠であるという。盗塁の技術としては、スタート、中間走、スライディングの3つの要素が大事とされているが、40年近く経っても未だ破られない盗塁記録を持つ男は、「スタートこそすべてを左右する」と力説する。

 またスタートに関しては、「スランプが存在する」と語る。よく、「足にはスランプがない」と言われるが、どういうことなのだろうか……。

「足にもスランプがある。厳密に言えばスタートにスランプがある。刺されたりすると気持ちが落ち込んだり、また刺されるのではないかと疑心暗鬼になる。打撃と同じで焦れば焦るほどスタートが切れなくなる。結果、遅れてしまうので結果も悪くなる。スランプを脱出するためにも、スタートする勇気を持つことが大事」

「スタートを切るには相手投手を見ることが大事。投球練習からしっかり見る。ダグアウトでもネクストでも見て投手のイメージを感じる。足の上げ方や体が動く部分など、いろいろなタイプがいる。まずはクセを探す。なければ最初に動く部分を見て本塁へ投げるのか、牽制なのか、を判断する。見る、観察することがスタート力向上、そして勇気や覚悟につながる」

 点取りゲームである野球の本質を考えれば、1つでも先の塁に走者を進める方法はセオリーに適っている。足を武器にする選手が重宝されるのは当然だ。NPBでも足で名前を売る選手たちが次々に出てきたが、盗塁の質や内容も様々である。

 松本が注目しているは、ソフトバンク・周東佑京、ロッテ・和田康士朗、オリックス・佐野皓大、巨人・松原聖弥の4選手だ。

「周東は積極的な走塁をするので迫力を感じる。スタートの覚悟に関して素晴らしいものがある。後は打撃力をつけて出塁率を高めれば、最強のリードオフマンになれる。初球からどんどん行くので、盗塁数も伸びるはず。本人は三盗の意識もあるようなので、そこも磨いて欲しい」

「和田、佐野、松原は中間走が飛び抜けて速く、代走専門でも使われる機会が多い足の専門職。そういう選手は相手のマークも厳しく、良いスタートを切るのも難しい。そういう部分を中間走やスライディングでカバーしなくてはいけない。後はスタート技術を高めるため、経験を積み重ねること。もちろんレギュラーとしても期待している」

 技術を高めることでより盗塁数を増やすことができる。松本は「スタートだけでなく、スライディングも大事にして欲しい」と付け加える。スライディングは「勢いを落とさずに滑り込む」とだけを考えている選手も多い。しかし意識をより高く持ち、練習することで、上達し盗塁成功率も上がると言う。

「ほとんどの選手が真っ直ぐベースに入っているので、その辺りの技術に伸びしろがある。スライディングで相手を潜り抜けることが大事。スピードを落とさないのは当然のことで、タッチを潜り抜ける。中間走の時に、送球がどこに行っているのかをしっかり観察する。それと逆に行くようにスライディングすることで、タッチを掻い潜ることができる。これは盗塁だけでなく、通常の走塁でも常に活用できる。上記4人などはここを少し意識するだけで、格段に盗塁数も伸びるのではないか」

 また盗塁数を伸ばすためには、出塁率も当然必要になってくる。

 ともにNPB歴代最多となる通算1065盗塁、シーズン106盗塁の記録を持つ『世界の盗塁王』福本豊も、106盗塁を記録した72年には、打率.301ながら出塁率が.384と高かった。松本も年間76盗塁の83年、打率.294ながら出塁率は.361と多くの出塁を果たした。

「盗塁技術とともに大事なのは出塁率を上げること。福本豊さんが記録を達成した時は4割近かった。そうすれば盗塁数は自然に増える。僕も現役時代そこまで打てなかった。だからこそ常に塁に出ることを考えていた。そして塁に出たらとにかく走る。どちらかといえば福本さんタイプだったと思う。打率よりも出塁率。安打でなくても四球やエラーでも良いので、塁に出たかった」

「野球自体が明らかに変わってきた。例えば、巨人も走れる選手が増えた。そういう選手を多く補強するようになり、試合にも起用する。今の野球はただ打つだけでは通用しない。出塁率、盗塁、走塁というものが見直されて、常に次の塁を目指す野球に変わった。そういう部分で編成の方も走れる選手を獲得している」

 試合に勝つために足は大きな武器になる。今年、巨人がリーグ独走状態であるのも、野球の質が変化し時代に則しているのも大きな理由かもしれない。

「本塁打も良いけど、盗塁、走塁はおもしろいよ」

『青い稲妻』が最後につぶやいた言葉には重みがあった。(文中敬称略)

(文・山岡則夫)

●プロフィール
山岡則夫/1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍、ホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!公式ページ、facebook(Ballpark Time)に取材日記を不定期更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。