ソフトバンクの日本シリーズ4連覇で幕を閉じた昨年のプロ野球。これでソフトバンクは過去10年で7度の日本一と黄金時代を迎えているが、2016年は日本ハムが日本一に輝き、2018年と2019年のレギュラーシーズンでは西武が連覇を果たすなど、パ・リーグで完全に一強というわけではない。



 一方、苦しいのがセ・リーグの6球団だ。2000年代は巨人が3回、ヤクルトと中日が1回ずつ日本一となり、セ・パの勝敗も5勝5敗と拮抗していたが、2010年以降の11年間では2012年の巨人しか日本シリーズを制していない。2005年から始まったセ・パ交流戦(2020年はシーズン短縮のため中止)にいたっては、15回のうちパ・リーグが14回勝ち越しとなっている。両リーグを「セ・パ」の順ではなく「パ・セ」に変更すべきだという声が挙がるのもやむを得ない状況と言えるだろう。果たしてこのセ・リーグの閉塞感を打ち破ることができるチームはどこになるのか。現在の戦力と将来性から探ってみたいと思う。

 まず今シーズンの戦力を考えると、やはり巨人が一歩リードしているように見える。岡本和真が主砲として完全に一本立ちし、坂本勇人と丸佳浩の二人もまだまだ健在。吉川尚輝、松原聖弥という脚力のある二人の成長も大きなプラスだ。投手陣ではエースの菅野智之が残留したことが何よりも大きい。昨年が実質1年目だった戸郷翔征の“2年目のジンクス”と、先発もリリーフも外国人への依存度が高い点は気になるものの、大きな戦力ダウンはなく、シーズンを通して戦えるだけの顔ぶれは揃っている。

 しかしその一方で3年後、5年後を考えると不安要素は少なくない。投手では菅野のメジャー移籍の可能性はまだ残されており、野手では坂本、丸の後釜問題が浮上してくる。投手についてはスケールの大きい素材型の選手を多く獲得して将来に備えているように見えるが、守備力が高く長打も期待できる坂本と丸の後継者はそう簡単に出てくるものではない。以前の巨人であればFAで他球団の主力を獲得して埋めるという発想だったが、ここ数年の流れを見ているとそのような補強も難しくなってきている。岡本に続く野手の太い柱をいかに早く確立できるかが、大きなポイントと言えるだろう。

 巨人以外の球団で近い将来面白いチームになりそうなのが阪神と中日だ。阪神はまず4番の大山悠輔、1番の近本光司という打線の核となる二人の存在が大きい。特に大山はチームが長年待ち望んだ日本人の大砲であり、昨年の活躍と年齢を考えると最低でも5年間は4番を任せることができそうだ。

 そして更に楽しみなのが井上広大、佐藤輝明という若手の大型野手二人だ。この二人が持ち味の長打力を残しながら上手く成長してくれば、外国人打者に頼らない強力クリーンアップが誕生することも夢ではない。またリードオフマンタイプでは小幡竜平の成長も著しいものがある。投手陣は伝統的に安定しており、西純矢など楽しみな若手も控えているのも大きなプラス要因だ。藤浪晋太郎が復活を遂げるようなことがあれば、投打ともにスケールのあるチームになることも期待できるだろう。

 一方の中日も投手、野手ともに楽しみな若手が非常に多い印象を受ける。投手では25歳前後に柳裕也、岡野祐一郎、笠原祥太郎、梅津晃大、勝野昌慶、鈴木博志、小笠原慎之介などが揃い、22歳以下の若手では清水達也、山本拓実も一軍である程度結果を残している。ここにドラフトでは高校ナンバーワン投手の高橋宏斗と大学球界屈指の本格派である森博人が加わり、更に楽しみな要素が増えた。数年後はリーグ1の投手王国となることも十分に期待できる。そうなるとやはり重要になってくるのが野手で太い柱となる選手の確立である。期待したいのは根尾昂、石川昂弥、岡林勇希の三人だ。彼らが早い段階でレギュラーを獲得できるかどうかによって、チームの将来は大きく変わってくるはずだ。

 今年だけを見れば巨人が優勢だが、数年後は阪神と中日がセ・リーグの覇権争いをしていることも十分に考えられる。ただこの3チームはプロ野球の中でも老舗と言える球団であるが、2010年代以降はパ・リーグには歯が立たず、広島とDeNAの後塵を拝するなど停滞感が強いことは間違いない。この3球団がまずセ・リーグがパ・リーグに後れをとっていることを認め、大きく変わるようなことがなければ現在の構図はしばらく続くことになりそうだ。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。