日本ハムの調子が上がってこない。4月9日時点で2勝8敗2分けとパ・リーグで最下位となっている。



 2年連続Bクラスのチームを指揮する栗山英樹監督は今季で10年目。ここ最近の不調もあり、「そろそろでは……」との声も少なくない。そして、栗山監督が就任したシーズンにプロ2年目を迎え、長きにわたって日本ハムでともに戦ってきた斎藤佑樹も後がない状況となっている。

 これまで栗山監督は斎藤を擁護するような言動が目立ったが、仮にチームの不調が続き退団となれば、斎藤にとってもいよいよ居場所がなくなってしまうかもしれない。

「ああいう表情で野球をやってくれると、涙が出ちゃうって感じだよ。みんなに騒がれて頑張ってきた選手が、泥だらけになって、30(歳)になろうが関係なく必死になって野球に向かって行く姿は、俺は大きな意味があると思っている」(栗山監督)

 キャンプ中盤の2月12日、二軍を視察した指揮官のテンションは高かった。ブルペンでは、右肘じん帯の断裂からの復活を目指す斎藤が投球練習中。しばらく立ち止まり、その場から離れようとしなかった。

「例年、キャンプ時の斎藤は一軍にいる。ブルペン投球を付きっきりで見守るのは恒例行事で、その後のコメントが話題を呼ぶ。今年は故障からの復帰を目指し二軍帯同中。すぐに状態を確認できる環境でなかった分、熱く見守っていました。取材者からすると、ネタを提供してくれて助かります」(在京テレビ局スポーツ担当)

 一軍キャンプ地・名護から二軍の国頭まで、30キロほど離れている。今年は頻繁に斎藤を確認できる状況ではなかったため、視察では例年以上に熱視線を注いだようだ。

「栗山監督はフットワークの軽さが持ち味。シーズン中も時間を見つけて、二軍戦にも頻繁に足を運ぶ。時には移動日を使って視察する。メディア時代に培った現場主義が持ち味。監督が直々に足を運べば、選手もやる気が出ますよ。斎藤だけでなく他選手にも好影響です」(日本ハム関係者)

 とはいえ、栗山監督はメディアなどで斎藤への期待感を語るが、実際には復活へ向けてはかなり厳しい状況だ。

「復帰に時間のかかる手術を回避し、早期復活に向けて『PRP療法』を選択したが、復帰までには時間がかかる。斎藤本人の苦悩を近くで見ている栗山監督からすれば、胸を打たれる。しかし試合で投げるには時間がかかりそうで、戦力としては機能しない。周囲からは反発を通り過ぎて、呆れるような声も聞こえます」(在京テレビ局スポーツ担当)

「(斉藤は)一軍で戦力になるのが復活と言える。キャンプ終盤の様子を見る限り、今年中は厳しいはず。今年はしっかりリハビリをして、来年の完全復活(=一軍で戦力)を目指しているという声もある。斎藤に関しては可能性があればかけてみる価値はあるかもしれない。しかし栗山監督はそうも言っていられない立場」(日本ハム担当記者)

 栗山監督は12年に就任し、1年目からリーグ優勝を果たすなど、過去9年間で2度のリーグ制覇を成し遂げ、16年にはチームを日本一に導いた。Aクラス5回、Bクラス4回と常に安定した結果を残してきたわけではないが、若手育成などでもその手腕を発揮してきた。

「監督経験なしで就任したのに、この成績は立派だと言える。しかし10年目という長期政権で考えると、可もなく不可もなく、という感じ。大谷翔平の育成は素晴らしかったが、清宮幸太郎、吉田輝星などの逸材を生かしきれていないのも事実。新球場ができることもあり、球団として心機一転の時期かもしれない」(元日本ハム球団関係者)

 メジャー志向が強かった大谷を口説き落とし、日本ハム入団にこぎつけた。大事に使い続け、『二刀流』としてアメリカでも活躍する選手に育て上げた実績は賞賛に値する。しかし、その後入団した17年1位の清宮、18年1位の吉田らは一軍での実績が残せず苦しんでいる。

「23年開場予定の新球場は球団存続をかけた大プロジェクト。国内屈指の大都市・札幌から、地方都市・北広島市への本拠地移転はリスクが大きい。球団は以前のように話題性が豊富でもない。結果が出せず、期待の若手も伸び悩んでいる現状は、栗山監督にとって逆風でしかない。今のままでは誰も新球場へ足を運ばなくなるよ」(北海道財界関係者)

「北海道人は熱しやすく冷めやすい部分がある。魅力がある球団なら以前のように人気は出る。また新球場は1〜2年は目新しさもあって足を運ぶだろうが、今のままでは尻すぼみになるだろう。常に刺激を生み出すためにも、新監督へのリレーが現実味を帯びている。東京五輪で侍ジャパンが世界一になって、稲葉篤紀監督が日本ハムへ帰還なんて最高のシナリオ」(北海道テレビ局関係者)

 若手を育成、スター選手を作り出しながら、結果を残す。最も難しいプロジェクトが栗山監督にかかっている。できなければ、球団としては新しい方向へ舵を切る判断も必要だろう。稲葉監督待望論などがあるように、現状打破が必要な時期とも言える。

「もう1つシナリオはある。斎藤が完全復活、一軍でバリバリ投げ結果を残す。その中で楽天に復帰した田中将大と投げ合うことになれば、これだけのドラマはない。結果として日本ハムは優勝、札幌ドームに別れを告げる。栗山監督の手腕も再評価されるはず。これこそが最高のエンディング」(日本ハム関係者)

 かつての甲子園のライバル田中と斎藤が投げ合えば盛り上がるのは必至。しかし現在の斎藤では夢物語にも感じる結末だ。

 先述の通り、今シーズン日本ハムは苦しい戦いを強いられている。栗山監督、斎藤ともにプロ野球界での話題性は抜群だが、求められているのは結果。今季は2人とって“審判の年”になるのかもしれない。