ゴルフの松山英樹が日本人初の快挙を達成した。



 現地4月8日から始まった“ゴルフの祭典”マスターズ。松山は3日目に「65」をマークし、2位に4打差の単独首位に立つと、11日の最終日は4バーディ、5ボギーの「73」と苦しんだものの、通算10アンダーで逃げ切り、日本人として初めてグリーンジャケットに袖を通した。

 かつては世界ランキングで最高2位にまで上り詰めた松山だったが、PGAのツアーでは2017年の世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC ブリヂストン招待」以来優勝がなく、今季も苦しむ場面が目立った。

 だが、自身10回目となる今年のマスターズでは初日から好調を維持。ウィル・ザラトリス(米)や、ザンダー・シャウフェレ(米)らを振り切り、約4年ぶりとなるツアー6勝目をメジャー大会で挙げることに成功した。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で11月開催となったマスターズだが、今年は例年通り4月に開催。そして人数制限はあるものの、パトロンが戻って来た中で、アジア人としても初めての勝利を挙げた29歳の松山に対し、現地メディアは称賛を送るとともに過去の成績や、人間性などにも改めて注目している。

 米スポーツ専門サイトのSBネーションは優勝が決まった直後に、松山の経歴などをまとめた記事を掲載。今回の勝利が日本人として初めての快挙であることや、過去に優勝に近づいたメジャー大会(2017年の全米オープン2位タイほか)、マスターズ制覇前の獲得賞金などを紹介している。

 他にもバックスイングのトップで“止まる”特徴的な動きなどを動画を交えて紹介し、世界的なスタープレイヤーのタイガー・ウッズ、ローリー・マキロイ、ジェイソン・デイと共演した“コミカルなCM”に出演した動画についても触れている。

 一方、米スポーツ専門局ESPNのウェブサイトは、優勝が決まった同日の記事で、松山の性格を含めた人間性に注目。今大会の3日目に雨で中断になった際、他の選手が集まり会話などをしている中で、車でスマホのゲームをしていたことについて言及した。

 記事の中で、2013年のマスターズを制したアダム・スコットは「これはパーソナリティの一部なんだろう。彼は自分の世界の中で生きているような感じがする。言葉の壁も少し影響はしているんだろうけど、恐らく彼は表向きの姿より英語は理解できているはず。でもそれが周囲の状況や雑音に集中をそがれない環境作りを簡単にしているんだろうね」と松山のことを分析している。

 また、同サイトは新型コロナウイルス下での渡航制限により、日本からのメディアの数が減ったことに触れ「松山はスポットライトの外にいることを楽しんでいるように見えた」と、例年より少ないメディアが松山にとって気分転換になったとも述べた。

 マスターズの公式YouTubeチャンネルがアップロードしたトロフィー授与式の動画でも、ファンから「最も短い勝利者インタビューだったね!おめでとうマツヤマ」と多くを語らないことについて言及された松山。同時に「偽りのない謙虚さ」とシャイな松山を称賛するコメントもあった。

 2019年にAIG全英女子オープンを制した渋野日向子は「笑顔」が現地メディアを魅了したが、逆に松山は「シャイで実直」な性格がファンなどにウケている。マスターズの優勝で今後はさらに多くの視線が向けられるのは間違いないが、そんな中で松山がどんなプレーを見せてくれるかにも注目したい。