五輪会場となる東京アクアティクスセンターで4月3〜10日に開かれた、代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権で、代表の顔ぶれが固まった。連載「金メダルへのコーチング」拡大版は、平井伯昌・日本代表ヘッドコーチの発言で構成します。



*   *  *
 白血病の治療から競技に復帰した池江璃花子が4日、女子100メートルバタフライ決勝でメドレーリレーの派遣標準記録を突破して優勝。五輪代表に内定した。

「(前日の)準決勝では最後の2かきくらい腕が上がらなくなっていた。決勝ではどう泳ぐか見ていたのですが、最後はかかないで伸びてタッチして、うまく合わせていた。勝つかもしれないとは思っていたけれど、疲労もある中、このタイムまでいくとは考えられなかった。もともと力を出し切る能力や高い集中力を持っていましたが、それが変わっていないのは驚きです。チームに彼女が入ってくれるのはみんなが勇気づけられるところもあるし、戦力としても頼もしい」

 5日、指導する青木玲緒樹(れおな)が女子100メートル平泳ぎで2位に入り初の五輪代表に内定。萩野公介も男子200メートル自由形で3位に入り800メートルリレーの代表に内定した。

「女子の平泳ぎは渡部香生子(かなこ)選手と青木の二人が派遣標準記録を突破できた。東京スイミングセンターのときから指導してきた青木は、12歳で米国の高地合宿に連れていって、北島康介選手、中村礼子選手、寺川綾選手らと一緒にやってきて、いつかはオリンピックと考えてきた。両コウスケ(北島、萩野)の金メダルのレースよりも緊張しました」

「(リオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの)萩野は、リオの後、モチベーションがなくなったこともあって、コーチとしてどこまで我慢できるか、ということが課されていると思いながら指導してきました。メダルの色とかそういうことではなくて、3回目の五輪に行けること、チャレンジしていくこと自体に価値がある、と話してきました。内定をいただいたことを素直によろこんでいた。私も一緒に戦っている気持ちでやってきたので、うれしいです」

 8日、男子200メートル個人メドレーで、この種目で代表内定を決めている瀬戸大也と、萩野がデッドヒート。2位の萩野も派遣標準記録をクリアし、個人種目でも五輪代表内定を決めた。

「萩野と瀬戸、両選手と決勝のあとに話をしてきたんですが、自由形で競るといつも伸びないんですよ。二人とも1分56秒台をめざしていたと思いますが、よく力を出してくれたと思います。瀬戸選手の復調ぶりもすごいし、萩野も個人種目で代表内定をとれたというのは心からうれしいし、よくここまで身体面、技術面だけでなく、精神面も戻ってきてくれたな、と思います。二人でインタビューを受けている姿を見ると個人メドレーはこうだなと思うところがありますし、若い世代が二人のレベルに到達できるように、頑張ってもらいたいなと思いました」

 10日、競技を終えて大会を総括した。

「(男子平泳ぎで)金メダル候補の渡辺一平選手が代表に入れないなど、波乱のあった選考会だったと思います。まだ内示の前ですが、五輪代表は予想していた35人くらいより若干少ないかなという感じです。強化してきたリレーは、男子が松元(克央)選手、中村(克)選手が実力を発揮して予想通り。女子は池江選手の頑張りが予想以上だったので、本番までに記録を上げれば十分戦える内容で、いけるんじゃないかと思っています。

 個人種目で目を引いたのは、男子200メートル自由形を日本新で制した松元選手、男子200メートル平泳ぎで世界記録に迫った佐藤翔馬選手。二人ともオリンピックは初めてで、女子個人メドレーの大橋(悠依)選手もそうですが、初代表で金メダル、メダルを狙うということになるので、コーチ陣だけでなく、ベテランの入江(陵介)選手らの協力も得て、しっかり頑張っていきたいと思います。

 今回の大会は、世界のコーチが結果や映像を見て、おどろいた種目もあったはずです。そういった種目は金メダルにつなげられるように、まだまだの種目はしっかりレベルを上げていきたい。選手団で複数の金メダル、そして全員決勝進出というのも大きな目標の一つです。一人ひとりの頑張りが結果につながるので、ミーティングを重ねて意識を高めていきたい」

(構成/本誌・堀井正明)

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

※週刊朝日  2021年4月23日号