今シーズンは、阪神・糸井嘉男の現役ラストイヤーになってしまうのか。

 チームのスタートダッシュ成功の陰で、開幕スタメン落ち。このまま世代交代の波にのまれてしまうか、それとも……。

 糸井本人も「どういう場面でもしっかりやることしか考えてないんで」と開幕前から覚悟はしていた。

 3月26日ヤクルトとの開幕戦(神宮)、糸井の名前はスタメンになかった。08年の日本ハム時代からオリックス、阪神と球団を渡り歩きながら13年連続開幕スタメン出場を続けていたが、今年で途切れた。

「開幕戦はプロ野球選手にとって特別で、いまだに赤飯を炊く選手もいる。レギュラーでないことは自覚した上でも、ショックはあっただろう。開幕前から前向きに頑張っていた。今後も必要な選手に変わりない」(阪神関係者)

 例年以上に順調な仕上がりで、オープン戦は12試合の出場で打率.381と好調を維持。開幕スタメンに名を連ねる可能性もあると思われていた。

「阪神の伝統というか、名前を大事にする部分がある。生え抜きや実績あるベテランに対する尋常ではない配慮は、これまで山ほどあった。それが新陳代謝、世代交代の阻害要因の1つだった。糸井を外したということは、何かが変わり始めたとも言えるかもしれない」(阪神担当記者)

 阪神では鳥谷敬(現ロッテ)が04〜18年まで15年連続で開幕スタメンを記録していたが、19年には当時新人だった木浪聖也がその座を奪っている。

「嘉男も代打で良いと思っていないと思うし、もっと打席に立ちたいとか。もっと『オレやる』っていう気持ちがそういう姿勢にも表れていると思う」(3月20日/矢野燿大監督)

 開幕前に絶好調だった糸井は、オリックスとのオープン戦で同点に追いつかれた直後の7回に代打で登場。1死一、三塁のチャンスにタイムリー打を放ち、指揮官もそれを高く評価したが……。

「中堅の近本光司は攻守で外せない。糸井は守備、走塁も素晴らしいが、以前ほどではない。そうなると飛び抜けた打撃成績を残さないといけない。ジェリー・サンズ、佐藤輝明などを凌駕できるか。逆に中途半端に糸井が出場した方が、他球団はやりやすいはず」(在京球団スコアラー)

 来日2年目のサンズは開幕戦で2本塁打を放つなど、ここまで5本塁打(4月16日時点)。超大型新人として注目を集める佐藤も同じく5本のアーチを記録している。好調のチームにとってはありがたいが、糸井にとっては先発で出場をする機会が減るということを意味している。

 03年のドラフト自由枠で近畿大から日本ハムへ投手として入団。06年から野手に転向して才能が開花した。これまでシーズン打率3割&20盗塁を8度マークするなど、長年球界のトッププレーヤーとして活躍。188cm100kgという日本人離れした身体で、圧倒的な存在感を放ってきた。

「絵に描いたような5ツールプレーヤー。ポテンシャルで言えば、大谷翔平(エンゼルス)と双璧。時代が違えば、二刀流で大騒ぎになったはず。外野からの送球を見ても分かるが、投手としても行けそうだった。マイペースな性格も米国向き。メジャーに挑戦したら確実に結果を残せたはず。レギュラーとして10年以上はできたんじゃないかな」(MLBアジア地区担当スカウト)

 プロ18年目となる今年、糸井本人はレギュラー奪取へ並々ならぬ意欲を燃やす。しかし皮肉なことに、日本人離れした肉体が負担になっているのも事実。近年はヒザに水がたまるなど、万全でない状態が続いている。

「鍛え抜かれた上半身は、彫刻のよう。しかし筋肉は運動能力を上げる反面、重りにもなってしまう。上半身に比べ、下半身はスピード重視のスプリンター型。上半身を長年支えて来た下半身が疲弊するのは必然」(元在京球団トレーナー)

「メジャー選手と比較すると下半身が細い。長くプレーするには、下半身にも持久力が大事で、多少の大きさ(=太さ)も必要。もしくはイチロー(マリナーズ他)のように、身体を全体的にシャープに保ちつつ筋力をつける。これは日米共通で、特にスピードが必要な外野手での常時出場は厳しくなる」(前出MLBアジア地区担当スカウト)

 満身創痍、特にヒザの状態がアスリートとして限界点に達しつつあることは周囲も承知している。2月14日放送のTBS系列『S☆1』では、インタビュアーの新庄剛志からも心配されアドバイスを受けた。

「今年、引退したら?その気持ち。俺は日本ハム時代の4月に引退宣言したら、次の日から痛みが消えた。引退するくらいの気持ちでやってみて。良いプレーをしなくてはいけないと思ったら、ヒザ気になるやん。そうしたら全力で走れないやんか」(新庄)

 半分冗談のようなノリで語っていた部分もあったが、参考にしようと真剣に聞いていたのが印象的だった。そして34歳でプロ野球を引退した新庄から「40歳になってもまだやってるなと思って。まだ飽きない?」との質問に、「飽きないです」と即答した。

「トップに立つために、監督を胴上げするために、ひとつでもチームに貢献したいなと思います」(糸井/16年11月25日入団会見)

「どれぐらいまだできるんかなっていう『自分への挑戦』みたいな感じやね。自分もそこに興味あるし、そのために体を治したから。オープン戦で自信になった部分もあるんでね。(今年の目標は)ビールかけ。それだけです」(糸井/3月24日付スポーツ報知)

 移籍当時、そして今季開幕前のコメントを比べても糸井の思いにブレはない。阪神へは優勝するために来た。そのためにも、限界に近い身体にムチ打ってプレーし続ける覚悟だ。

 戦力が整い、今年は優勝の大チャンス。イキの良い若手が育ち、外国人助っ人もこれまで期待に応えている。そこに百戦錬磨の糸井が加われば、悲願達成も現実味を帯びる。優勝するためにも糸井は必要であり、今季も超人的なプレーでチームを救って欲しい。