開幕から各球団約20試合を消化した今年のペナントレース。シーズンはまだまだ始まったばかりだが、上位と下位の差は徐々に開きつつある。特にセ・リーグでは阪神と巨人の2球団が頭一つ抜けているという印象が強い。この両チームのここまでの戦い方から見えてきた強みと、リーグ優勝に向けてのポイント、キーマンなどを探ってみたいと思う。(※文中の成績などは全て4月18日終了時点)



 快調に首位を走る阪神の最大の強みは投手陣だ。開幕してから、これまでに一軍登録を抹消された投手が一人もいないのは12球団で阪神だけであり、ピッチングスタッフがいかに充実しているかがよく分かるだろう。これまでも投手力が持ち味のチームだったが、特に大きいのが昨年から成績を伸ばしている選手が多い点だ。先発では藤浪晋太郎とガンケルが早くも前年を上回る勝利数を記録し、ルーキーの伊藤将司もプロ初勝利をマークしている。

 西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳はコントロールが武器の投手だけに、ここに速いボールで押せる藤浪とガンケルが加わったことで、ローテーションに緩急が生まれて、相手打者の対策が難しくなっていることは間違いないだろう。リリーフでは新加入の加治屋蓮、ルーキーの石井大智は失点する場面が目立っているものの、昨シーズン途中にオリックスから移籍した小林慶祐がここまでほぼ完璧な投球を見せている。4月16日のヤクルト戦で今シーズン初ホールドをマークしたが、今後は勝ちパターンでの登板機会も増えていくことになりそうだ。

 打線は投手陣ほど好調な選手が多いわけではないが、大技と小技のバランスの良さが目立つ。盗塁数18、犠打数16はいずれもセ・リーグトップの数字であり、しっかり走者を進めることができている。その進めたランナーを大山悠輔、サンズの中軸2人がしっかり返しており、ルーキーの佐藤輝明も打率は低いもののチームトップタイのホームラン(5本)を放つなど長打力で貢献している。もう1人のルーキー中野拓夢もレギュラーを奪う勢いだ。大山、近本光司の2人が復調してくれば、更に得点力のアップが期待できるだろう。

 一方の巨人は阪神と比べるとチーム状態が良いわけではない。むしろ開幕前に思い描いていた戦力からは大きく乖離している状況だ。投手陣ではエースの菅野智之が開幕戦の登板後にコンディション不良で登録抹消。シーズン初勝利をマークしたのは4月16日だった。DeNAからFAで加入した井納翔一も移籍後初登板となった3月31日の中日戦で2回を持たずに4失点で降板となり、現在は二軍で調整となっている。

 抑えのデラロサも3月31日に入ってようやく一軍登録されたが、すぐにアメリカでの市民権取得のために渡米となり登録抹消となった。高橋優貴、今村信貴の両左腕が好調なのは嬉しい誤算だが、ローテーションもブルペンも阪神に比べると整備はまだまだという印象だ。また野手もセ・リーグ連覇の立役者の1人である丸佳浩が新型コロナウイルス感染で離脱。新たなリードオフマンとして期待される梶谷隆幸の調子が上向いてきたのはプラス材料だが、日替わり打線でやりくりしている感は否めない。しかし逆に言えばこれだけ戦力が揃っていなくても、勝てる試合をしっかり拾って2位(11勝6敗4分け 阪神と3ゲーム差)につけているというのは、さすがという他ないだろう。

 今後の戦い方ということになると、両チームとも主力に思わぬ離脱があった時にその穴を埋められるだけの選手を揃えられるかという点がポイントとなりそうだ。阪神で期待が大きいのがアルカンタラとロハス・ジュニアの新外国人2人だ。

 コロナ禍で来日が遅れていたものの、隔離期間もようやく終わり、4月20日にも二軍の練習に合流する予定となっている。外国人枠の問題はあるものの、現在好調な選手が調子を落としてきた時にすぐカバーできる候補として非常に心強いことは間違いない。オープン戦では打ち込まれていたチェンと、昨年リリーフである程度の成績を残したエドワーズの2人も二軍では安定した成績を残しているのも好材料だ。若手も投手では西純矢、及川雅貴、野手では小幡竜平、井上広大、小野寺暖などもチャンスがあれば抜擢したい選手たちである。

 巨人に関してもやはりスモーク、テームズの新外国人にかかる期待が大きい。そしてこの2人に関しては既に二軍の公式戦にも出場しており、問題なくプレーできることも証明している。現在離脱中の丸も近いうちに戻ってくるとなると、打線の厚みは大幅にアップすることになるだろう。少し気になるのが投手陣だ。中川皓太に昨年のような安定感がなく、デラロサも過去に同様の理由で渡米したビシエド(中日)の例を見ても、離脱が長引く可能性がある。ビエイラ、鍵谷陽平、高梨雄平などはいるものの、阪神と比べると不安要素が目立つ。昨年の高梨のように、シーズン途中でのトレードも検討すべきだろう。

 ここまでまとめてみると、今後の上積みを考えても阪神の方が少し有利な要素が多いように見える。ただ巨人には優勝経験豊富な原辰徳監督と選手が控えているという点はやはり侮れない。昨シーズンは比較的早く優勝争いの大勢が決してしまったセ・リーグだが、今年はシーズン終盤まで目の離せない展開となることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員