大リーグ4年目の大谷翔平が投打で活躍し、全米で注目を集めている。本塁打を量産し、投げては160キロ。肉体強化と打撃フォーム改造が実った形だ。AERA 2021年5月17日号で、その活躍ぶりや米国での反響を取り上げた。



*  *  *
 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(26)の活躍が目覚ましい。5月6日現在、計30試合に投打で出場。投手として4試合に登板して1勝0敗、防御率2.41。打者としては打率2割7分3厘、両リーグトップタイの10本塁打、24打点、6盗塁をマークしている。

 二刀流で見せる高いパフォーマンスは野球の本場・米国にも衝撃を与えている。4月4日のホワイトソックス戦。「2番・投手」で渡米後初の投打同時出場を果たすと、一回の打席で右中間席にたたき込み、投げては公式戦自己最速タイとなる162キロを計測。五回に負傷降板したが、4回3分の2で7三振を奪った。メジャー歴代4位の696本塁打を記録し、この試合を全米中継した米スポーツ専門局「ESPN」の解説を担当したアレックス・ロドリゲス氏(45)はこう称賛した。

「松井秀喜(46)と田中将大(32)が1人の人間の中にいるようなものだ」

■米国のヒーロー具現化

 米国で大リーグを長年見ている通信員は「全米の注目度はイチロー(47)を超えている」と証言する。

「イチローは米国の野球の常識を変えた選手です。どんな球でもヒットゾーンに飛ばし、俊足を飛ばしてダイヤモンドを駆け回り、守備でも再三の好守と強肩でチームを救ってきた。一方で、大谷は米国人が描く憧れのヒーローを具現化した存在です。誰よりも速い球で三振を奪い、誰よりも遠くに飛ばして本塁打を打つ。エンゼルスの先発陣の中で最も平均球速が速いのが大谷で、フリー打撃でも最も打球を遠くに飛ばすのが大谷です。投打の二刀流で大リーグ選手の誰もが成し得なかった活躍を見せていることに、選手たちからも一目置かれています」

 日本ハムで二刀流として活躍したが、米国では成功に懐疑的な見方が多かった。成功例がなかったので無理もないだろう。

 大谷は自らの力で信頼を勝ち取る。大リーグ1年目の2018年に大リーグ史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」を達成。日本人選手ではイチロー以来17年ぶりのア・リーグ新人王に選ばれた。

 ただ、その後のシーズンは二刀流に否定的な声が高まる。18年10月に右肘(ひじ)のトミー・ジョン手術(靱帯(じんたい)再建術)を受け、19年は1軍登板なし。打者に専念し、打率2割8分6厘、18本塁打、62打点、12盗塁の成績だった。

 コロナ禍で60試合制となった昨年はさらなる試練を迎える。18年9月2日以来693日ぶりの復帰登板だった7月26日のアスレチックス戦で、一回途中1死も取れずに3安打3四球5失点で降板。8月2日のアストロズ戦は二回途中から直球の球速が140キロ台に低下し、2回持たずに5四球2失点でマウンドを降りた。その後にMRI検査を受け、「右屈曲回内筋群の損傷」と診断されたため、登板は2試合に終わった。

■太い下半身に驚きの声

 19年9月に左膝蓋骨(しつがいこつ)の手術を受けた影響で、下半身が万全でないことも打撃に影響した。軸足の左足でタメが作れず直球に差し込まれ、変化球に泳がされる。打率1割9分、7本塁打、24打点。ミスショットが目立った。

「打者に専念すべきだ」という声が高まった。だが、大谷は信念を貫いた。今年2月の春季キャンプ。大谷の姿に日米のメディアから驚きの声が上がった。

「下半身が太くなり、他の選手と比べても体の厚みが目立つほどでした。その前の年は手術した影響もあって足が細く見えたので、別人のようでしたね。昨年は左足のリハビリも並行して行わなければいけなかったので、打撃フォームの改造に踏み切れませんでしたけど、オフ期間に軸足の左足に体重を残して下半身主導の打撃を徹底したことで力強いスイングができるようになりました。昨年は直球に対して伸び上がったような打ち方で力が伝わっていない打球が多かったのですが、今年は右中間、右翼方向へグングン伸びる打球が目立つのが進化の証しだと思います」(スポーツ紙大リーグ担当記者)

■1試合2盗塁の俊足

 4月だけで、昨年の7本を超える8本塁打。その8本中6本が初球か2球目に仕留めている。力強いスイングから130メートルを超える特大アーチを連発する姿はまさにスラッガーだ。コンディションの良さは走塁にも表れている。5月2日のマリナーズ戦では一回、二盗、三盗に成功して自身初の1試合2盗塁を記録した。

 投手としても手応えをつかんでいる。今季3試合目の登板となった4月26日のレンジャーズ戦で「2番・投手」で先発出場すると、5回3安打9奪三振4失点で1072日ぶりの白星。一回に4点を失ったが、二〜五回は無失点で切り抜けた。本塁打数トップの選手が先発登板するのは、1921年6月13日のタイガース戦で先発したベーブ・ルース以来100年ぶり。さらにア・リーグの投手で2安打3得点を記録するのは50年ぶりと歴史的快挙を打ち立てた。(ライター・牧忠則)

※AERA 2021年5月17日号より抜粋