大谷翔平(エンゼルス)の活躍を支えているのは、生まれ持った才能だけではない。

 すべてを野球に捧げ邁進するその姿は、米国人からするとまさにサムライ。その実直な野球への取り組み方は、巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜と重なる部分も多い。



「たくさんの人たちに支えられて、今日このメジャーリーグのスタートラインに立つことができて本当に感謝していますし、これからエンゼルスの一員としてファンの皆さんとともに優勝を目指して頑張っていきたいなと思っています」(大谷)

 17年12月9日(現地時間)、本拠地エンゼルスタジアムでの入団会見から約3年半。大谷はあっという間にメジャーでも誰もが知るスター選手となった。投手、打者の両方で高いレベルのプレーを披露し、目の肥えた本場のファンを魅了している。

「野球は国民的娯楽。米国人にとって日常、当たり前に存在するもの。大谷の登場は、これまで見たことないプレーを見せてくれ大きな話題となっている。二刀流という未知との遭遇です。贔屓チームの勝敗とともに、大谷の一挙手一投足をチェックしている人は多い。スポーツニュースでも必ず映像が流れます」(ニューヨーク在住スポーツライター)

 二刀流に関しては、多くの人が無謀と考え、挑戦には懐疑的な意見も目立った。18年に右肘のトミー・ジョン手術を受けるなど、回り道もした。しかし投打においてアメリカでも着実にステップアップを果たした。ベーブ・ルースが唯一達成した「2桁勝利 2桁本塁打」のマークも期待されるが、ここまでたどり着くには日本ハム時代からの綿密なプランと努力があった。

「短期から長期までの目標を定めて成長してきた。日本ハムの育成方針に感銘を受け、メジャーで結果を出すためにNPBでやることを明確にした。5年計画で、投打におけるメジャー仕様のプレイヤーになった。的確なプランに対して、ブレることなく没頭した結果です」(アマチュア時代から知るスポーツライター)

 12年オフのドラフトでは、高卒からのメジャー挑戦を表明していた大谷を日本ハムが強行指名。当初は大谷のメジャー挑戦の意思は変わらないと見られていたが、栗山英樹監督が同席した交渉時には『大谷翔平君 夢への道しるべ』という資料を見せ説得。細部にまで徹底した育成方針を示し、メジャーへの移籍を前提に日本ハム入団を決意させた。

「道が定まってからは迷いがなくなった。NPBで結果を出しつつ、メジャーに通用する肉体と技術を作り上げた。栗山監督をはじめ、組織全体の大きなサポートが大きい。何より大谷自身が揺れることなく野球に向き合った。英才教育を遂行、プラン通りに成長した点では松井と似ています」(日本ハム時代の担当記者)

 松井も巨人入団後、将来の4番打者として英才教育を受けた。当時の長嶋茂雄監督は『4番1000日計画』というプランを立て、松井を鍛え上げた。実際には4番定着まではそれ以上の時間がかかったが、球界を代表する打者に成長。メジャー挑戦後もヤンキースで09年ワールドシリーズMVPを獲得するなど、ゴジラの名前を米国にも轟かせた。

「長嶋元監督の意向が球団内で最優先され、結果が出なくても育成方針が変わらなかった。2人の練習では素振りが有名で、球場以外でも自宅に呼びバットを振らせたりした。科学的データなどを駆使した大谷の場合とは異なるが、目標を定め組織として後押しした部分では同じ。メジャー移籍後も素振りでの練習は継続され、時には国際電話を通じて指導した」(巨人担当記者)

「松井と長嶋元監督の絆は有名。同様に大谷は栗山監督に大きな信頼感を抱いており、シーズン中でも何かあれば連絡しているようだ。プロ入りから常に見守ってくれた。大きなことを成し遂げるには、信頼できる周囲のサポートは不可欠ですからね」(日本ハム時代の担当記者)

 野球に対する真っ直ぐな姿勢でも2人は共通している。松井は常に人気チームの中心選手だったが、シーズン中は球場と家の往復でスキャンダラスな話も聞いたことがない。大谷も、寮生活だった日本ハム時代は自室にいなければ、室内練習場かトレーニングルームに行けば見つけることができた。

「松井は試合後、食事だけして自宅に直帰してコンディション調整に努めた。太りやすい体質なので、球場入りする前には走り込みを行なった。巨人の東京ドームは人工芝で膝の負担が大きいため、都内に自費で土のグラウンドを借りていた。オフの自主トレ期間中は、打撃投手と個別契約を結んだ。野球のために投資を惜しまなかった」(巨人担当記者)

「大谷は遊びに行かないことで有名だった。仲間と食事には行くが、お酒が絡む席には決して足を運ばない。食事後、同僚選手はカラオケなどに繰り出しても1人だけ帰寮。コンビニで雑誌や飲み物などを買い込み、寮に戻ってくる姿が何度もあった。予定が入っている時などは、練習時間確保のため夜中にトレーニングすることもあった」(日本ハム時代の担当記者)

「日本ハムの選手と食事をしても時間が遅くなりそうな時は、大谷はまず来ない。『翔平も来る予定です』と言われていても、次の日がデーゲームの日はキャンセルすることがほとんど。『すいません、寝たいらしいんで今日は来ません』と」(在京テレビ局スポーツ関係者)

 ファンを大事にする姿勢も同じ。大谷が気軽にサインしたり、バットをプレゼントする様子はメジャーで日常の風景になりつつある。松井も巨人時代からファンのサインや写真撮影を断らないことでも有名だった。四六時中、注目にさらされキツいはずだが、応援してくれる人たちへの感謝も欠かさない。

「相手ファンからサインを求められるのも共通点。気軽に応じるので、敵味方関係なくファンになる。大谷は二刀流で注目され、ファンへの穏やかな接し方も全米に広まっている。松井はヤンキース時代、永遠のライバルであるレッドソックスファンにもサインした。最初は口汚く罵っているファンも、サインをもらって喜んでいたのが印象に残る」(ニューヨーク在住スポーツライター)

 野球が大好きで最高峰へ向かって突き進む。優先順位を認識して、自らを律することで成長を重ねる。師匠と言える人物がいて、周囲への感謝を忘れない。大谷と松井は似ている。結果を出すのはもちろん、ファンを含め周囲から愛されているのも同じだ。

「大谷には二刀流というインパクトはあるが、実績ではまだ松井が上。松井は世界一になってシリーズMVPも獲得した。エンゼルスは14年以降、地区優勝からも遠ざかっています。大谷の活躍で再び強豪チームとなり世界一になれば、その時こそ松井を超えたと言えるかもしれません」(ニューヨーク在住スポーツライター)

 今後の活躍次第では、松井を超える存在になれる。可能性は無限大であり、誰もが期待している。暗い話題の多い昨今、海を渡って伝わってくる二刀流ショーヘイ・オータニの活躍は眩い光である。