最近は乱闘シーンもあまり見られなくなったプロ野球だが、過去の乱闘事件をYouTubeなどで改めて見ると、意外や意外、一見おとなしそうなイメージの選手が、主役を食うような大暴れを演じていたりする。



 代表的なのが、巨人時代の川相昌弘だ。2番打者として通算533犠打の世界記録を打ち立て、遊撃手として堅実な守備を見せた職人肌の名脇役は、乱闘シーンになると、別人のように豹変した。

 1993年6月8日、“北陸の乱”と呼ばれる富山のヤクルト戦での乱闘劇に際しては、ショートから猛ダッシュで駆けつけると、乱闘の輪に向かってプロレスラー顔負けのジャンピングニーパッドをかましている。

 直前のプレーで本塁に送球し、古田敦也をアウトに仕留めていた川相は「せっかく自分のプレーに酔っていたのに、ああいうこと(捕手・吉原孝介の古田への肘打ちタッチをきっかけに両軍乱闘)になっちゃったからなあ」と回想。自らの好プレーに水を差された怒りも多少は含まれていたかもしれない。

 96年7月13日の横浜戦でも、2点を追う7回2死、吉原が五十嵐英樹のすっぽ抜けのフォークをヘルメットにぶつけられ、脳震とうを起こして昏倒した直後、「どこに投げてんだ!」と叫びながら、真っ先にベンチを飛び出したのは、川相だった。

 さらに98年8月2日の阪神戦では、8回に矢野輝弘の背中にぶつけた槙原寛己が、故意死球と確信した大熊忠義コーチに「問答無用」の飛び膝蹴りを浴びたのを見ると、川相は守備位置からマウンドに急行し、大熊コーチに飛び膝蹴りのお返し。「向こうが(槙原に)蹴りを入れるのがわかったからな」とチームメイトの仇を討った。

 当時は冒頭のヤクルトとの“因縁試合”をはじめ、死球やラフプレーをめぐっての乱闘騒ぎが相次いだが、“仁義なき戦い”のさ中にあって、独特の存在感を発揮した川相は、乱闘部門でも“陰のMVP”だった。

 富山の乱闘劇で登場した古田も、“のび太”のニックネームとは裏腹に、なかなかの武闘派だった。

 96年6月29日の阪神戦では、カウント1−0から嶋田哲也に3球続けて内角をえぐる球を投げられたことから、四球になったにもかかわらず、マウンドに向かっていこうとし、止めようとした捕手・山田勝彦と壮絶なバトルを繰り広げた。

 山田に顔面を殴られた直後、首投げで地面に叩きつけ、メガネを吹き飛ばしての大立ち回り。2人揃って退場になった。

 プレーイングマネージャー時代の07年4月19日の横浜戦でも、大量リードでの石川雄洋の盗塁に激怒。直後の連続死球が報復と取られて乱闘に発展したばかりでなく、遠藤政隆の危険球退場を宣告した深谷篤球審に「お前、常識持ってんのか?」の暴言を口にして2度目の退場になった。

 師の野村克也監督も現役時代は“ムース”のイメージとはほど遠い本塁上のラフプレーを一度ならず演じており、内面の激しさは師匠譲りか?

 ふだんニコニコと笑みをたやさず、“優しい人”のイメージにもかかわらず、「怒ると怖い」と恐れられたのが、大洋、ヤクルトの監督を務めた関根潤三だ。

 日大三中、法大時代にバッテリーを組み、若いときは硬派で鳴らした根本陸夫ですらも「あいつはインテリヤクザ。絶対に怒らせてはいけない」と一目置いたという。ともに広島でコーチを務めた広岡達朗も「関根さんは怒らせてはいけない」と語っているので、「温厚な人が怒ると怖い」の典型だったようだ。

 最も有名なエピソードは、広島コーチ時代の次の話だ。当時若手だった衣笠祥雄が門限破りをして、深夜の2時過ぎに泥酔して寮に帰ってきた。

 玄関奥の階段に腰かけて衣笠を待っていた関根コーチは、暗闇の中で「サチ、やろうか」と声をかけ、夜が白々と明けるまで素振りをやらせた。衣笠には関根コーチが鬼のように見えたそうだが、この体験が後の“世界の鉄人”を生み出すことになる。

 そんな“絶対怒らせてはいけない人”の逆鱗に触れる事件が起きたのが、ヤクルト監督時代の88年4月14日の中日戦だ。

 11対2とヤクルトが大きくリード。ファンは注目のルーキー・長嶋一茂見たさに、「長嶋を出せ!」と何度もコールした。だが、関根監督は、まだ十分な力のない長嶋を中途半端に起用して、将来に悔いを残したくないと考え、応じなかった。

 試合終了後、不満の収まらないファンがなおも「関根、長嶋を出せ!」のヤジを飛ばした。すると、関根監督は顔色を変えて「うるせえなあ!」とスタンドに向かって一喝。コーチも選手も驚き、一瞬その場の空気が凍りつくほどの迫力だったという。

 別の試合では、内藤尚行がピンチを迎えたとき、関根監督がマウンドに来て、「何をやっているんだ」と顔は笑いながらも、足をグリグリ踏みつけたという話も伝わっている。

 また、大洋監督時代の82年5月29日の中日戦では、球審と三塁塁審がタッチプレーの明確なジャッジをすることなく、高木豊の本塁セーフをアウトに覆されたことに納得できず、選手全員を引き揚げさせ、試合再開に応じる条件として「審判が自分の非を認めるアナウンスをしてほしい」の要求を押し通している。

 優しそうに見えても、理不尽なことに対しては、きっちり筋を通す硬骨漢だった。人は見かけだけで判断してはいけないという好例である。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。