2年ぶりに開催されたセ・パ交流戦。チームではオリックスが2度目の優勝を飾ったが、リーグ間の勝利数はセ・リーグが49勝、パ・リーグが48勝(引き分け11)となり、2009年以来2度目となるセ・リーグの勝ち越しとなった。勝利数の差はわずか1勝であり、この結果だけを見てセ・リーグが巻き返したと結論づけるのは早計だが、過去10年以上続いていたパ・リーグの圧倒的優位という状況には少し変化が出てきていることは間違いないだろう。



 セ・リーグでまず目立ったのがルーキーを含めた若手野手の台頭である。好成績を残した主な選手とその交流戦の成績を並べてみると以下のようになった。

佐藤輝明(阪神1年目):打率.296 6本塁打 12打点 3盗塁
中野拓夢(阪神1年目):打率.304 0本塁打 7打点 8盗塁
塩見泰隆(ヤクルト4年目):打率.307 4本塁打 7打点 5盗塁
松原聖弥(巨人5年目):打率.300 2本塁打 5打点 2盗塁
牧秀悟(DeNA1年目):打率.357 3本塁打 8打点 0盗塁
林晃汰(広島3年目):打率.339 2本塁打 7打点 0盗塁
宇草孔基(広島2年目):打率.288 2本塁打 6打点 5盗塁

 塩見以外の6人は今年が初の交流戦出場となった選手たちであるが、そのことを考えさせない見事なプレーぶりだった。佐藤、中野、牧のルーキー3人も、交流戦前は少し調子が落ちているように見えたが、パ・リーグを相手に成績を上げたということは大きな自信となったはずである。またヤクルトの主砲、村上宗隆も打率は2割台前半と低かったが、ホームランはトップタイの7本塁打を放って存在感を示している。

 一方のパ・リーグの野手を見てみると、実績のない選手で目立ったのは岸潤一郎(西武2年目)、愛斗(西武6年目)、呉念庭(西武6年目)、杉本裕太郎(オリックス6年目)、高浜祐仁(日本ハム7年目)などがいるが、年齢的にも在籍年数的にも若手と言えるのは岸と愛斗くらいである。チームに勢いを与える若手野手という意味では、セ・リーグが圧倒的に上回っており、このことがリーグ全体の勢いに少なからず影響を与えていたと言えるだろう。

 野手でもう一つ目立ったのが外国人選手の差だ。交流戦の規定打席に到達した外国人選手の数はセ・リーグが9人を数えたのに対して、パ・リーグはわずかに3人となっている。成績を見てもセ・リーグではビシエド(中日)が4割を超える打率を残して首位打者に輝き、オースティン(DeNA)、ソト(DeNA)、サンズ(阪神)、サンタナ(ヤクルト)、オスナ(ヤクルト)も打率3割をクリア。来日6年目のビシエドから新外国人のサンタナ、オスナと在籍年数もバリエーションに富んでいる。

 一方のパ・リーグの顔ぶれを見てみるとレアード(ロッテ)は見事な成績を残したが、来日1年目の助っ人では、交流戦で規定打席に到達した選手は1人もいなかった。外国人選手の補強という点でもパ・リーグの球団が苦労しているのがよく分かる結果となっている。

 また、投手成績を見てみるとルーキーの伊藤大海(日本ハム)、高校卒2年目の宮城大弥(オリックス)が見事な成績を残し、リリーフでは平良海馬(西武)がフル回転の活躍を見せるなどパ・リーグの若手の方が目立つ結果となったが、絶対数ではセ・リーグの野手ほどの勢いは感じられなかった。

 そしてパ・リーグでもうひとつ気がかりなのが王者ソフトバンクに元気がないという点だ。千賀滉大とグラシアルが故障で離脱し、モイネロとデスパイネも東京五輪予選によって不在だったということはあるが、その穴を埋めるような新戦力の台頭が今のところ見られない。

 投手では新加入のマルティネス、野手では若手の三森大貴がわずかに目立つ程度である。昨年もシーズン終盤に驚異的な勝率で巻き返しているだけにこのまま低迷が続くとは考えづらいが、これまで絶対的な強さを誇っていた交流戦での失速は大きな誤算である。

 冒頭でも触れたようにセ・リーグが1つ勝ち越しただけで長年のパ・リーグ優位が崩れたわけではないが、変化の兆しが見えてきたことは確かである。伊藤、宮城、早川隆久(楽天)など投手では楽しみな若手は多いが、野手にもパ・リーグ全体に勢いを与えるような若手が台頭してくることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員