6月13日、「RIZIN.28」が総合格闘技の大会としては18年ぶりに東京ドームで開催された。全10試合が行われ、盛り上がった試合も多かった中、印象に残る戦いぶりを披露したのが、ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケのブラジル人ファイター2人だ。



 サトシ・ソウザはライト級タイトルマッチでトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)を、クレベル・コイケは日本のMMA界の中心人物である朝倉未来を、ともに得意の三角絞めで下した。

 2人に対しては、国内のMMAを盛り上げて欲しいという声とともに、世界を舞台に戦って欲しいという意見もあるが、UFCなどで戦うのは厳しいとの見方も多い。だが、これまでRIZINで戦った経験を持つ外国人ファイターが、世界のトップクラスまで登りつめた例もある。

 そこで今回は、“RIZIN経由”で世界に羽ばたいた外国人ファイターを紹介したい。

 まず、イリー・プロハースカ(チェコ)は外すことはできないだろう。プロハースカは「RIZIN.1」で日本が誇る“野獣”藤田和之を相手にKO勝利を収めるなど、大会の立ち上げ当初から活躍した選手。RIZINでは計12試合を戦い、負けたのはわずか1試合のみ。2019年4月21日に開催された「RIZIN.15」では、唯一敗戦を喫していた相手でもあるキング・モー(アメリカ)を破り、初代のライトヘビー級王者に輝いた。

 その後、1度王座を防衛したが、2020年1月に王座を返上し、UFCと契約。UFC初戦でいきなりライトヘビー級ランキング7位のヴォルカン・オーズデミアと対戦し、2R KOで勝利すると、続く第2戦では同3位のドミニク・レイエスを2Rの回転バックエルボーで下し、2連勝を飾った。

 まだUFCに参戦してから戦ったのは2試合のみだが、次戦は早くもタイトルマッチの挑戦が噂されている。

 そのプロハースカに敗れたものの、UFCと並ぶメジャー団体Bellatorで王者となったのが、ワジム・ネムコフ(ロシア)だ。ネムコフはプロハースカとは違い、RIZINのリングに上がったのは4試合と少なく、戦績も2勝2敗とそこまで目立った戦いぶりは見せられてはいなかった。

 だが、Bellatorでは怒涛の勢いで勝利を重ねている。参戦2戦目に同団体の元ライトヘビー級王者リアム・マギリー(イギリス)を3R TKOで撃破して連勝を飾ると、その後連勝を4まで伸ばし、5戦目で早くもタイトルマッチの機会を得る。その試合では、UFCでも実績十分の王者ライアン・ベイダー(アメリカ)を右ハイキックからのパウンドで退け、5連勝でBellatorの王者まで駆け上がった。今年4月の試合では初防衛に成功しており、今も現役のチャンピオンとして君臨し、Bellatorのパウンド・フォー・パウンドのランキングでも2位につける世界的なファイターとなった。

 今思えば、“未来のUFC王者”プロハースカと、Bellatorの現役王者ネムコフが日本のリングで戦っていたのは非常に感慨深い。2人が拳を交えたのはRIZINの旗揚げ興行となった「IZAの舞」でのヘビー級トーナメント準決勝。対戦時は2人とも知名度は低く、日本でも決して話題になることはなかった。

 プロハースカとネムコフに共通するのは2人とも東欧の出身ということ。リングスを立ち上げ、エメリヤーエンコ・ヒョードルを筆頭にロシアなどから世界の強豪を日本に連れてきた格闘王・前田日明氏も、自身のYouTubeチャンネルで、ロシアなど東欧には世界を獲れる可能性のある強豪がまだまだいると語っていた。プロハースカとネムコフの出世ぶりを見ても、ロシアなど東欧には“まだ見ぬ強豪”が多く潜んでいるのかもしれない。

 他には、RIZINには1試合(判定勝利)のみの参戦だが、UFC移籍後にアンドレイ・アルロフスキー(ベラルーシ)、ジュニオール・ドス・サントス(ブラジル)という元ヘビー級の王者を下したジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)という選手もいる。UFC参戦4試合目には日本でも活躍した元DREAMチャンピオンのアリスター・オーフレイム(オランダ)を5Rの末に撃破。現ヘビー級王者のフランシス・ガヌー(カメルーン)には秒殺されるなど、頂点には立ててはいないが、世界のトップ戦線で戦うファイターの一人だ。

 また、結果的に参戦は見送られたが、女子ではジャン・ウェイリー(中国)が、村田夏南子との対戦でRIZINに参戦する予定だった。この時は、怪我でリングには上がることはなかったが、のちにUFCの女子ストロー級のベルトを獲得。仮に試合が実現していれば、RIZIN経由で初めてのUFCチャンピオンとなっていた可能性もあった。

 堀口恭司や、朝倉海との2度の激闘を繰り広げたマネル・ケイプ(アンゴラ)も現在はUFCで戦っている。サトシ・ソウザはかつて「UFCじゃない。 ここRIZINだよ」と日本のリングを盛り上げたいと発言していたが、彼を含めRIZINでトップ選手となった外国人ファイターが世界の舞台で戦うのを見たいファンも多いだろう。今後増えるのかは別として、日本のMMAで活躍した外国出身のファイターが、“日本代表”として世界で戦う姿を応援する文化が生まれれば、日本のMMAもより盛り上がるのではないか。