「いや、まあ特別な日になりましたね、うん。こういう節目の数字を達成することができて、なんかホッとしてます。初めは意識してなかったんですけど、近くなってくると何か意識するもので、とりあえず達成できてよかったなっていうふうに思います」



 5月26日の日本ハム戦(神宮)。イチロー(元オリックス、マリナーズほか)、松井秀喜(元巨人、ヤンキースほか)、松井稼頭央(元西武、メッツほか、現西武二軍監督)に次いで日本人選手では4人目の日米通算2500安打を達成したヤクルトの青木宣親(39歳)は、試合後に行われたオンライン会見でそう話すと、安堵の笑みを浮かべた。

 早稲田大からドラフト4巡目でヤクルトに入団し、日米をまたに掛けて今年でプロ18年目。通算2500本のヒットのうち、774本はメジャーリーグ時代に積み上げたもので、これは日本人メジャーリーガーの通算安打としてはイチロー(3089)、松井秀(1253)に次ぐ。

 それだけではない。出場試合(758)、打点(219)、盗塁(98)も歴代の日本人メジャーリーガーでは3位で、通算打率.285は2位。今となってはやや忘れられがちだが、メジャーでプレーした6年間で青木はそれだけの実績を残している。

 大学時代に日米大学野球で渡米したことがきっかけで、メジャーリーグに漠然とした憧れを抱くようになったという青年が、8年間のプロ野球生活を経て夢の舞台に立ったのは2012年。鈴木正前社長の時代はポスティング移籍を認めていなかったヤクルトが、現在の衣笠剛球団社長の就任によって方針を転換したことで、入札金250万ドル(当時のレートで約2億円)で独占交渉権を得たミルウォーキー・ブルワーズと2年契約を結んだ。

 海を渡って迎える初めてのシーズン。のちに青木は「異国でやってるわけで、自分が入って行ったわけだから、何でも受け入れようとしてました。何でも受け入れて、実はこっちのほうがいいんじゃないかとか思って、いろいろやっていきましたね」とメジャー時代を振り返っているが、その姿勢で日本とは異なる環境にもアジャストしていった。

 開幕当初は代打が主な役割だった「30歳のルーキー」は、5月下旬から正右翼手に定着し、終わってみれば全162試合中151試合に出場。いずれもチーム3位の打率.288、出塁率.355、同2位の37二塁打をマークし、ホームランも2ケタの10本を数えた。ナ・リーグの新人王投票では5位に終わったものの、30盗塁はリーグのルーキーではトップ。ちなみにメジャーでシーズン30盗塁以上を記録した日本人選手は、ほかにイチローと松井稼しかいない。

 翌2013年は主に1番・ライトでチーム最多の155試合に出場し、打率.286はチーム2位、出塁率.356は同1位。前年より20本以上多い171安打を放ち、うち単打140本はリーグ最多、内野安打40本はメジャー全体でも2位と、高いミート力を武器にヒット職人に徹した。走ってはチーム3位の20盗塁、守ってもリーグ10位の9補殺。派手さはなかったものの、シーズン終了後には全米野球記者協会ミルウォーキー支部により「ブルワーズ陰のヒーロー」にも選出された。

 ブルワーズでスタープレーヤーの地位を確立したかに見えた青木だが、その後はジャーニーマンとしてのメジャーリーグ人生を歩むことになる。翌2014年は29年ぶりの優勝を狙うカンザスシティ・ロイヤルズにトレードされると、新天地でも主に1番・ライトでいずれもチーム2位の打率.285、出塁率.349。9月はア・リーグ3位の打率.379と打ちまくり、チームのポストシーズン進出に貢献する。

 オークランド・アスレチックス相手のワイルドカードゲームでは、土壇場の9回に同点の犠牲フライを放ってサヨナラ勝ちを呼び込むと、続くロサンゼルス・エンゼルスとのディビジョンシリーズ、ボルティモア・オリオールズとのチャンピオンシップシリーズでは、全7試合に2番・ライトで先発して打率.304。チームはワイルドカードゲームから負け知らずの8連勝で、青木はメジャー3年目にして初めてワールドシリーズの舞台に上がることになる。

 ところが、サンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズでは、第6戦で放ったタイムリーが青木にとって唯一の安打となり、チームも3勝4敗で敗退。チャンピオンリングを手にすることはできなかった。そのオフに自身初のFAとなり、移籍先に選んだのが“世界一”の座をかけて争ったジャイアンツであった。

 初めて“大都市”で迎えた2015年は、開幕から1番・レフトに座っていきなり9試合連続安打。6月20日の時点で、打率.317はナ・リーグ6位にランクされ、その4日前に発表されたオールスターファン投票の中間発表では外野手部門で3位に食い込むなど、メジャーでは初の球宴出場も期待されていた。

 しかし、その20日の試合で右足に死球を受け、腓骨骨折で故障者リスト入りすると、復帰から間もない8月9日の試合で今度は頭部に死球を受け、再び戦線離脱。2度の故障禍が響いてこの年は93試合の出場に留まり、メジャー4年目で初めて規定打席を逃す結果となる。

 そのオフに再びFAとなり、翌2016年はア・リーグのシアトル・マリナーズでプレー。前半戦は打率.245と苦しみマイナー降格も味わったが、後半戦に限ればア・リーグ2位の打率.339と巻き返し、シーズンでは打率.283と、またしても過去4年と遜色ない数字を残してみせた。

 そこまではブルワーズを皮切りにナ・リーグの球団とア・リーグの球団を交互に渡り歩いた青木だが、そのオフにマリナーズからウェーバーにかけられると、同じア・リーグのヒューストン・アストロズが獲得。メジャー6年目の2017年は、5球団目のユニフォームで迎えることになる。

 主に9番・レフトで、4月は打率3割をキープ。6月11日のエンゼルス戦で日米通算2000安打を達成し、同30日のニューヨーク・ヤンキース戦では、敗戦処理で初めてメジャーのマウンドに上がった。チームは4月半ばからア・リーグ中地区の首位を独走。自身にとって2度目のポストシーズン進出も見据えていた矢先、トレード期限の7月31日にトロント・ブルージェイズへの移籍が決まる。

 まさに寝耳に水のトレード。だが、青木の“ジャーニー”はまだ終わらない。8月下旬にはそのブルージェイズのロースターから外れて自由契約になると、今度は同じア・リーグ東地区のニューヨーク・メッツが獲得する。

 わずか1年の間に3球団を転々とした青木は、これでメジャー在籍7球団。日本人選手では野茂英雄(元ドジャースほか)と並ぶ最多記録となった。それでもブルージェイズで.281(12試合)、メッツでも.284(27試合)と、チームが変わってもそれまでとほとんど変わらない打率を残しているのは、さすがというほかない。

 シーズン終了後にはメッツをリリースされ、FA市場の歴史的な停滞を受けて新たな所属球団が決まらないまま、翌2018年の春季キャンプ中に3年契約でヤクルトへの復帰を発表。2020年オフには新たに総額10憶円(推定)の3年契約を結び、日米通算2500安打を達成した今は、「3000」も視野に入れている。

 日本では当たり前のように打率3割をマークしていた青木が、メジャー6年間で一度も3割を打てなかったことは、あらためて日米の“格差”を感じさせるものだった。とはいえ先に紹介したとおり、メジャー通算打率.285は歴代の日本人選手でもイチローの.311に次ぐ2位。日本で首位打者に輝いた秋山翔吾(レッズ)、本塁打と打点の二冠王にもなった筒香嘉智(ドジャース)が海を渡って苦労している現状を見ても、「メジャーリーガー青木」はもっと評価されていいように思う。(文・菊田康彦)

●プロフィール
菊田康彦
1966年生まれ。静岡県出身。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身。2004〜08年『スカパーMLBライブ』、16〜17年『スポナビライブMLB』出演。プロ野球は10年からヤクルトの取材を続けている。