野球の侍ジャパンは、東京五輪で期待通り金メダルを獲得してくれるのだろうか。



 参加国の少なさ、相手チームの本気度、そして無観客開催……。戦前のネガティブ要素は多いが、やはり野球競技での金メダルを期待するファンは多いだろう。しかし、母国開催など有利な条件が揃う中、万が一にも金メダルを逃すようなことがあれば、日本球界にとっては歴史に残るような屈辱的な記憶になってしまう可能性もある。絶対に負けられないというのが球界の思いだろう。

「五輪が盛り上がっているが、中でも侍ジャパンへの注目度はひときわ高い。参加国や出場予定選手を見ても圧倒的に有利です。無観客開催とはいえ自国開催ですから金メダル獲得で野球人気が再燃するはず。NPBはもちろん野球離れが進む若年層にも大きな影響を与えるはずで日本野球の救世主になるでしょう」(NPB関係者)

 過去最高数のメダル獲得が期待されている日本チームの中でも野球は最も金メダルが期待される競技の一つだ。予選グループAに属する侍ジャパンの戦いは7月28日ドミニカ共和国戦(福島)から始まり、順当に勝ち上がれば8月7日が金メダルをかけた決勝戦(横浜)となる。

 いよいよ明日に開幕を迎えるが、いまいち盛り上がってこない感じも否定できない。

「日本球界には追い風になるが、世界的に見れば五輪の野球は価値は決して高くはない。サッカーも同様の時期があったが、今では若手選手の品評会の場所として注目されている。五輪での活躍がビッグクラブ移籍への道にもなる。逆にNPB選手が五輪で活躍しても年齢や契約もありメジャー挑戦への足掛かりになることはない。ケガや故障のリスクを考えれば辞退も当然です」(MLBアジア地区担当スカウト)

「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)はMLBの世界進出戦略で始まった大会だが、日本国内が想像以上に盛り上がった。東京五輪を盛り上げるためも野球は不可欠。世界的に競技人口が少なく12年ロンドン五輪ではの正式種目から外れたが、今回の追加種目で採用されたのはそのため。次回以降も再び外れるので他国が野球種目に注力しないのは当然です」(在米スポーツライター)

 NPBは日程を五輪に合わせ公式戦を中断するなど協力なバックアップ体制を整えている。全力で勝ちに行く姿勢を見せているが、他国との温度差があるのも事実。野球競技は参加国(日本)からの要望で追加種目となった経緯もあり、米国をはじめ多くの国々は五輪の野球種目を冷ややかな目で見ている部分もある。コロナ禍ということもあり出場を辞退する国も続出しており今大会参加するのは6チームだ。

「米国やドミニカ共和国、メキシコはマイナーリーガーやNPB所属選手ばかり。MLBが選手の派遣を認めていないから当然です。オーストラリア、台湾は五輪予選を辞退した。コロナ禍が未だ収まる気配がない日本行きに難色を示した選手も多かった。正直に言えば金メダルは形式的なものと言える」(MLBアジア地区担当スカウト)

 取り巻く状況が盛り上がりにかける要因の1つだ。しかし自国開催での金メダル獲得をリアルタイムで体感できるのは何より大きい。球界最強布陣で最高の野球を見せて欲しい野球ファンも多かったはずだ。しかしメンバーの顔触れも多くの人のモヤモヤ感を増幅させてしまった。

「19年のプレミア12で世界一になった際の選手をベースにするのは理解できる。しかし今季の調子が上がらない選手も含まれている。短期決戦なのでハマれば良い方向へ行くだろうが逆もありうるので不安はある。稲葉篤紀監督はコミニケーションを大事にするので、家族的雰囲気を大事にしたいのもあるだろう」(NPB関係者)

 選手選考に関して疑問を投げかける人は多い。故障明けの先発右腕・千賀滉大(ソフトバンク)はNPBでの最後の登板(7月6日、ロッテ戦)で3回途中10失点と炎上している。抑え候補の山崎康晃(DeNA)は昨年不調に陥るなど、かつてのような安定感はない。主軸を務めると見られている鈴木誠也(広島)も勝負弱さが度々指摘される。メジャー帰りの田中将大(楽天)も絶対的な信頼を感じられない。

 投手では宮城大弥(オリックス)、柳裕也(中日)、松井裕樹(楽天)、打者では岡本和真(巨人)など、今季の調子を見て選ぶべきだったのではという声も聞こえる。仮に今回選考に疑問があるとされた選手たちが活躍できず金メダルを逃した場合は、間違いなく批判を受けることになるだろう。

「五輪やWBC、W杯などのビッグイベントは、ビジネス的側面が選手選考に影響を及ぼすことはある。自国開催でネームバリューがある選手を選んだのも理解できる。スポンサーも大事だし、無観客にはなったが注目度を左右する。テレビ視聴率も違ってくる。まぁ大人の事情もあるでしょうが勝てば官軍。金メダルを獲れば良い」(在米スポーツライター)

 明日から競技が始まるが、東京五輪で侍ジャパンはどういった戦いを見せてくれるのだろうか。参加国に強敵といえるようなチームはないが、WBCなどで何度も激闘を繰り広げた韓国、全盛期とは言えないが実績のある選手を揃える米国などは不気味でもある。有利な条件が揃うだけに、やりにくさも当然あるだろう。今季はメジャーリーグで大活躍の大谷翔平(エンゼルス)に注目を奪われている日本の野球界。是が非でも金メダルを獲得したい。