東京オリンピック競技大会のラグビー競技で、男子の日本は参加12カ国中11位に終わった。リオデジャネイロ大会での4位という成績を超えてメダルを獲るというのは、チームが公言してきた目標だ。となれば、予選ラウンドを3戦全敗で終え、メダルを争う決勝ラウンドに進むことすらできなかった結果は、期待を大きく裏切るものだった。

 5年前、日本は予選ラウンドの初戦でニュージーランドを破って勢いに乗り、メダルを争える決勝ラウンドに進んだ。今回の初戦の相手も五輪連覇を狙うフィジー。ベストコンディションで臨み、スロースターターの強豪の足下をすくう大チャンスだった。

 実際、フィジーの動きは寝起きのように鈍かった。誰もがカギを握ると考えていたキックオフで日本は完敗したものの、試合終盤まで19−24と1トライとゴール成功で逆転できる5点差でくらいつく。そして、終了直前、相手のシンビン(一時的退出処分)で1人多い状態でペナルティーキックを得た。日本はタッチに蹴り出してラインアウトからの攻撃を選択した。

 タッチライン際のラインアウトに相手防御を集めれば、オープン攻撃のスペースで数的有利を生かすことができる。利にかなった判断だった。リオのニュージーランド戦でも、ラインアウトからのサインプレーで貴重なトライを奪っている。

 しかし、ラインアウトで痛恨のミスが出て逸機。5年前の番狂わせの再現はならなかった。

 リオのチームは勝つためにはこれしかないという、突き詰められたプレーを徹底して遂行し、成功させた。ラインアウトからのトライの時も、乱れそうになるのを踏ん張ってパスを繋いでいる。勝敗を直接左右するような局面をものにする勝負強さにおいて5年前のチームとの大きな差を見せつけられた初戦だった。

 続く英国戦はキックオフだけでなく攻守の全ての局面で完敗だった。蜂のように機敏に動き動き回るラグビーを標榜していたはずなのに、たまにボールを持っても前に出る勢いがなく、外国出身選手が目の前の相手を力尽くでかわそうとする攻めに終始した。リオの予選ラウンドでは19−21の惜敗。それが5年間で0−34まで差は開いた。

 決勝ラウンドに進めるのは、予選プール各組2位までと、3位計3チーム中得失点差などの成績上位2チーム。日本は英国戦での大敗が痛かったが、カナダ戦に大勝すれば、まだメダルを争える可能性はあった。

 しかし、それはカナダも同じ。決勝ラウンド進出に必死な相手に前半だけで3トライを許し、0−19と先行される。フィジー戦、英国戦ではキックオフで相手の長身選手に競り負けたが、カナダは短く低いキックを蹴り、追う選手がタイミングを合わせて次々と確保。日本は体格差だけでなく、対応力でも苦しんだ。結局、12−36で3連敗となり、メダルを争う夢は競技2日目の午前中に潰えた。

 9―12位決定戦の初戦はケニア戦。リオの予選ラウンドでは31−7で快勝している相手だったが、開始直後にトライを奪った後は3連続トライを許して7−21で敗れた。最後の一戦こそ31−19で勝って最下位は免れたが、対戦相手の韓国はオリンピック初出場で、ワールドカップ・セブンズも2005年大会を最後に出場していない。そのチームに開始直後にトライを先取された戦いぶりは決して快勝とは言えなかった。

 5年前のリオデジャネイロ大会で、日本ラグビー界ではシニアの世界大会での最高成績となる4位に入った。その前年の2015年に開かれた15人制のワールドカップで南アフリカを破って世界を驚かせ、2019年のワールドカップでは予選プール4戦全勝で初の決勝トーナメント進出と大躍進を遂げてきた日本ラグビー界において、セブンズだけがすっかり出遅れた格好だ。

 リオオリンピック後、瀬川智広ヘッドコーチが続投の意欲を持っていたにもかかわらず、日本ラグビー協会は指導者交代に踏み切り、ニュージーランド人のヘッドコーチを起用した。

 新ヘッドコーチはオリンピック種目のセブンズを軽視する日本ラグビー界にあって選手の招集に苦しみながらも、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーが主催するセブンズの世界サーキット、HSBCセブンズワールドシリーズの全大会に出場できるコアチームへの復帰を果たす。しかし、2018年5月の契約満了のタイミングで事実上解任。後任に就いたのは、本来なら任命責任を問われるはずの立場にいた男女の7人制代表総監督だった岩渕健輔氏だった。

 岩渕ヘッドコーチは2019年に日本協会専務理事にも就任。自国開催のオリンピックでメダルを獲得するという大役と、ワールドカップ開催後の日本ラグビーの未来に向けた競技団体の舵取りというまったく異なる二足のわらじを履くことになった。今年3月には来年開幕する新リーグの準備室長、6月には日本オリンピック委員会の理事にも就任と、岩渕氏の兼務は増える一方だった。

 岩渕ヘッドコーチは開幕前の取材に対して、チーム全員がセブンズを専門にプレーする選手になったことを手応えとして挙げていたが、選手がセブンズに専念する一方で、指導者が兼務で本当に良かったのか。

 今回の惨敗を招いた日本ラグビー協会のセブンズに対する姿勢や強化の施策を厳しく検証することなしに、日本のセブンズの再浮上はありえない。パリオリンピックは4年後ではなく3年後にやってくる。残された時間は決して多くはない。