金メダル2、銀メダル1、入賞数は9。これが東京五輪の競泳選手団のすべてだ。総勢33人の代表選手たちのうち、男子12人、女子8人は、決勝進出ラインとした派遣標準記録を突破したはずの選手たち。少なくとも、入賞数は20を越えるはずだった。だが、ふたを開けてみれば、その半数にも満たない。前半は男子の決勝進出がゼロという日が続いたが、後半に巻き返して5人(リレーを除く)が決勝に進出。その陰で、女子は大橋悠依以外、個人種目では決勝進出者がゼロという結果に終わってしまっていた。



 過去を振り返ると、リオデジャネイロ五輪は入賞数22のメダルは7。ロンドン五輪では戦後最多となった11個に加え、入賞数は19。北京五輪は入賞数が20のメダルは5。そしてアテネ五輪はメダルが8、入賞数は20。シドニー五輪がメダルが4の入賞は18。アトランタ五輪はメダルはなかったが、入賞は12。バルセロナ五輪はメダル1の入賞が16。ソウル五輪がメダル1の入賞が3。

 そう、33年も遡らなければ、入賞数がひと桁台はないのである。大会前は世界ランキング上位も多かったはず。一体、どこで歯車が狂ってしまったのか。

 最も大きかったのは、初日だろう。男子400m個人メドレー金メダル候補の瀬戸大也が9位で敗退。絶好調と豪語していただけに、本人も、チームにも動揺が広がった。対照的だったのは女子400m個人メドレー。大橋悠依が初の五輪で初優勝を飾った。

 しかし、瀬戸ショックは大橋の金メダルですら止めることができなかった。2日目に登場した次の金メダル候補であった松元克央は、男子200m自由形の予選で17位タイで予選敗退。「信じられないです」の言葉とともに呆然とした表情でプールをあとにした。

 瀬戸、松元といった前評判の高かった選手たちが、軒並み予選落ちという現実に、誰もが動揺を隠せなかった。決勝で戦って敗れたのであればまだしも、メダルがかかったレースにすら参加できなかった。

 流れが変わったのは、女子200m個人メドレーで大橋が2冠を果たしたあとと思われがちだが、そうではない。同日に行われた男子200mバタフライで、8レーンから大逆転の銀メダルを獲得した本多灯のレースからだ。

 チーム内でも元気いっぱいのムードメーカーである本多のメダル獲得は、チームに大きな勇気を与えた。しかも9位、17位とあと一歩で決勝や準決勝進出を逃すレースが続いていただけに、8位で滑り込みで決勝に進み、そこからメダルを獲得した本多の功績は大きかった。

 そこから男子の雰囲気が一変し、200m背泳ぎの入江陵介、男子200m平泳ぎの武良竜也が続いて決勝へ。男子200m個人メドレーでは瀬戸が復活の決勝進出を果たし、同時に萩野公介も決勝に駒を進め、「決勝で大也と一緒に泳げるなんて、神様がくれた贈り物としか思えないなと思って……すごく今幸せです」と思いが溢れた。彼らはメダルは獲得できなかったが、ようやく日本チームに明るい話題を提供してくれた選手たちだった。

 最終日、4×100mメドレーリレーには男女で揃って決勝に進出。白血病から復帰した池江璃花子はバタフライを泳ぎ「一度は諦めかけた東京五輪でしたが、リレーメンバーとして五輪の決勝の舞台で泳ぐことができて、すごく幸せ」と喜びが涙となってあふれ出た。

 男子は記録的に低調に終わってしまっていた日本チームを救う、3分29秒91の日本新記録を樹立。特に最後の中村克の47秒04というラップタイムは見事のひと言であった。

 終わり良ければすべてよし、という言葉がある。後半戦に確かに巻き返したものの、前半戦の苦しい戦いの背景には、明らかに地の利ではなく、地元開催がマイナスに働いていたように思えた。すでに3回は泳いだことがある東京アクアティクスセンター。初日の選手たちの顔には、緊張感がなかったように見えた。普段通り、いつもの大会。そういう雰囲気があった。

 他国のスイマーたちは予選から本気で挑んでくる。それが五輪という大会である。その本気度が、日本は他国に比べて弱かったのは、認めなければならない事実だろう。

 平常心は大切だ。しかし、緊張感も同時に必要になってくる。どこか安心しすぎてはいなかったか。慣れている場所だから、いつも通りに泳げば大丈夫。心の隅に、どこか油断ととれるそれがあったのではないだろうか。きっと『ない』とは断言できないはずだ。

 しかし、もう大丈夫。一度経験したのだから。同じ轍は踏まない。それが日本という国の強さでもある。もう3年後に迫ったパリ五輪。この東京五輪を経験した本多や池江といった、これからの若手選手たちが躍動してくれることだろう。