ずっと彼の世界デビューを待ち望んでいた。玉井陸斗、14歳。



 2019年4月、飛込競技の日本室内選手権・翼ジャパンカップの高飛込に当時12歳で出場した玉井は、初のシニアの大会だったにも関わらず、全く物怖じしない演技を披露。過去アジア競技大会にも出場してきた萩田拓馬に、なんと60点以上の差をつけて初優勝をかっさらったのである。

 それだけではなく、同年9月の日本選手権では、年齢制限で出場が叶わなかったFINA世界選手権(韓国・光州)の4位に相当する、498.50を叩き出して優勝。伸び盛りの玉井は2020年シーズン、さらに飛躍を遂げる。

 コロナ禍で大会が軒並み中止となるなかでも鍛錬を続け、2020年9月に開催された日本選手権では、528.80をマーク。この得点は、リオデジャネイロ五輪の銅メダルに相当するだけのポイントだった。

 飛込競技の採点は、ある程度決まったものもあるが、相対的な要素も含まれている。そのため、国内での競技会で出したポイントと、世界大会のポイントを単純に比較することはできないが、それでも500点を超える演技を当時若干13歳の少年が成し遂げたということが、何よりも驚異的だった。

 本来、飛込競技は身体ができあがるにつれて、演技の難易率を上げていく。つまり、経験値も重要な要素のひとつとなる世界だ。

 そのなかで、年端もいかぬ中学生が、世界大会で上位を争うような選手たちと同じ演技構成を身につけているのである。それが何よりも驚きであり、玉井の身体能力の高さを物語る良い材料となっている。

 特に、前宙返り4回転半抱え型の109Cと呼ばれる技。玉井と練習をともにする、リオデジャネイロ五輪で8位入賞を果たした板橋美波が、女子選手としてただひとり、競技会で成功させた技として有名だ。

 これは現在2番目に難しい技であり、日本国内でこの種目で高得点を叩き出せるのは玉井しかいない。さらに玉井は、この技とほぼ同等の難しさの演技をあと3本も飛ぶことができ、その完成度も高く80〜90点を獲得できるほどである。

 それを実現させているのが、玉井の回転力。155cmと小柄な身体をさらに小さく折りたたみ、鋭くキレイに回転していく姿は、純粋に美しい。回転が速すぎると回りすぎて入水が乱れる可能性が高くなってしまうが、玉井はタイミング良く身体を開いて回転を止め、真っすぐ入水していく。その水しぶきを立てないノースプラッシュの技術も天下一品だ。

 何より、玉井には心強い味方がたくさんいる。多くの五輪選手を育てあげている馬淵崇英コーチはもとより、所属するJSS宝塚の馬淵かの子コーチは、1964年東京五輪の飛込代表選手。馬淵かの子コーチは、そのプレッシャーから思うような演技ができず、7位という結果に終わった苦い経験を持つ(当時は6位までが入賞)。地元開催のプレッシャーの高さは十分に知っており、その知識はしっかりと玉井に受け継がれていることだろう。

 さらには大ベテランの寺内健、板橋、さらに女子高飛込代表の荒井祭里も同じクラブで切磋琢磨する仲間だ。

 世界で戦い続けてきた寺内と行動を共にできることは、初の五輪の大舞台を踏む玉井にとってどれだけ心強いか。

 ずば抜けた安定感を見せる玉井だが、実は緊張に弱い部分もある。自身初となる国際大会となった、今年5月に開催されたFINAダイビングワールドカップ。本来であれば余裕を持って予選、準決勝を通過できるところ、予選は15位とギリギリ突破。原因は2本目の207B(後ろ宙返り3回転半エビ型)のミス。本来であれば80点以上の得点を得られるところ、このときは39.60しか獲得できなかった。

 ただ、そこから持ち直せるのも玉井の強さである。結局この予選時、最後に飛んだ6本目の5255B(後ろ宙返り2回半2回半捻りエビ型)で90点オーバーをマーク。試合中にもミスをリカバリーする能力も高いことを証明した。

「最近は演技の完成度も高いと思う。本番までに練習で上げた完成度を落とさないようにしたい。はじめての五輪で緊張するとは思うけど、あまり結果を意識しすぎず、楽しんで演技したい」

 玉井陸斗が世界を驚かせるときは、もうすぐそこまで迫っている。※玉井が出場する男子高飛び込みは8月6日に開催

(文・田坂友暁 )