今回の東京五輪では日本の金メダルラッシュが目立っている。柔道で史上最多の9個の金メダルを獲得。水泳では大橋悠依が女子400メートル個人メドレー、200メートル個人メドレーの2冠。競泳女子日本史上初の快挙だった。



 卓球混合ダブルスでは水谷隼、伊藤美誠ペアが決勝戦で中国ペアを破り、卓球史上初の五輪で金メダルに。女子ソフトボールも最大のライバル・米国を決勝で倒して2008年の北京五輪以来、13年ぶりの連覇を飾った。

 今大会から追加種目になったスケートボードも注目度が上がった競技だ。女子ストリートで13歳の西矢椛が日本史上最年少の金メダリストに。男子ストリートも、22歳の堀米雄斗が金メダルを獲得した。さらに、サッカーU−24日本代表がベスト4に進出する快進撃で、野球も侍ジャパンが準々決勝進出を決めている。空手、レスリングなど日本が得意とする競技も続く。今大会で獲得している金メダル17個は過去最多だが、さらに更新する可能性が十分にある。

 一方で、苦戦しているのがお隣の韓国だ。お家芸のテコンドーで金メダルなしに終わる大誤算。テコンドーが五輪の正式種目になった00年のシドニー大会以来、韓国が金メダルを獲得できなかったのは今大会が初めてだった。柔道も金メダル獲得はならず、銀メダル1個、銅メダル2個と低調な結果に。韓国紙の中央日報日本語版は31日、「エリートスポーツ育成の日本、金メダル数が韓国の3倍」というタイトルで、「韓国が獲得した5個の金メダルのうち4個はアーチェリー種目だ。韓国テコンドーは史上初めて『ノーゴールド』に終わった」と指摘した。

「韓国は競技より、日本を挑発する横断幕や、メダリストに贈呈されるビクトリーブーケに事実無根の言いがかりをつけてきたりしたことが話題になってしまった。韓国国内のSNS上では、『みっともないことで目立ってばかり』、『金メダルで世界を驚かせてくれ』などの書き込みが見られます。メダル数で日本に3倍以上の差をつけられ、屈辱的な思いが強いと思います」(韓国に駐在する通信員)

 大会前、東京五輪の公式ホームページ上における竹島(韓国名・独島)の表記問題で、韓国政府は日本政府に対して竹島の表記を削除するよう要請したが、日本側は拒否。すると、丁世均前首相ら韓国の次期大統領候補たちはこの問題で静観の構えを見せていた国際オリンピック委員会(IOC)に怒りの矛先を向け、改善が見られない場合は東京五輪の「参加ボイコット」を示唆した。

 また、韓国選手団が東京五輪の選手村に「臣にはまだ5千万国民の応援と支持が残っています」とハングルで記された垂れ幕を掲げたことも波紋を呼んだ。豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に海戦で対峙し、「抗日の英雄」として知られる李舜臣将軍の言葉を連想させるメッセージとして、日本側から反発の声が殺到。IOCが「政治的な宣伝を禁じる五輪憲章第50条に違反する」と命じ、垂れ幕は撤去された。

 トラブルは続く。東京五輪の表彰式でメダリストに贈呈される「ビクトリーブーケ」について、韓国の一般紙・国民日報が「組織委員会は福島原発の被害から復興する姿を世界に示すために福島産の花束を準備したが、放射能への懸念が少なからずあるのが事実だ」と主張。韓国選手団は放射能への懸念から選手村で提供される食事を拒否し、弁当を独自に手配していることも伝えた。

 自民党関係者は「日韓関係の溝は深いままです。韓国は東京五輪を関係改善のきっかけにしたいと目論んでいたと思いますが、韓国選手村の一連の行動などで、日本の不信感がさらに強まってしまっている」と分析する。

 韓国は競技で意地を見せられるか。(梅宮昌宗)