新型コロナウイルスの感染拡大で、東京五輪のほとんどの競技は無観客で開催されている。そのなかで数少ない「有観客会場」となったのが、静岡県伊豆市で行われている自転車競技だ。



 7月27日、最寄りの修善寺駅に競技開始2時間前に到着すると、すでに駅は観戦客であふれていた。駅の売店で五輪の記念メダルを購入していた30代の女性は、小学2年生の息子と一緒に兵庫県西宮市から来たという。

「いろんなチケットを申し込んで、当たったのはマウンテンバイクだけだったんです。競技は見たことがないんですが、観戦できてうれしいです」

 結果的にプラチナチケットになったことを喜ぶ人は多かった。

 57年前の東京大会を国立競技場で観戦したという、静岡県伊豆の国市から来た70歳の女性もいた。

「どうしても生でもう一度見たかったの。まさか生きている間に日本でもう一回オリンピックがあるなんてね。とても楽しいです」

 レースに参加した日本人選手は、群馬県前橋市で小学校の教員をしている今井美穂選手。観客席の近くを走るたびに大きな拍手と歓声が沸いた。

 だが、コース試走で転倒し、胸部を強打。5周コースのうち残り3周の時点で規定のタイムに届かず、レースから除外された。

 会場には「みぽりんLOVE」とプリントされたTシャツ姿の応援団もかけつけていた。今井選手の競技仲間である50代の男性はこう話す。

「完走できず残念でしたが、マウンテンバイクの世界大会が、日本で開かれるなんてすごいこと。今井選手も良い経験になったと思います」

 ゴール時には、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が記者席に姿を見せ、スマートフォンでゴールの瞬間を撮影していた。ちなみに、記者席からの写真や動画の撮影は禁止。だが、大会関係者が注意する様子はなかった。

 この日、東京都の新たなコロナウイルス感染者は2848人と過去最多を記録した。有観客の感想を記者に聞かれると、橋本氏はこう答えた。

「静岡県さんが(有観客の)こういう形を受け入れていただいたということが大変光栄です」

 大会関係者によると、観戦客は約3千人。前日のマウンテンバイク男子は、約3400人が観戦したという。五輪ならではのお祭り気分があった一方で、観客が1カ所に集まる場面もあるなど、課題も残した。8月2日からは隣接する伊豆ベロドロームでトラック競技が実施されている。(本誌・西岡千史)

※週刊朝日  2021年8月13日号