8月3日に行われた東京五輪サッカー準決勝のスペイン戦。U−24日本代表は死力を尽くした。予想通りにボールを支配された中でも我慢強く戦い、多くのピンチを迎えながらも体を張って防ぎ、その中で数は少ないながらも得点チャンスも作った。90分を戦って0対0。延長戦の後半は相手陣内に押し込む時間もあった。だが、勝てなかった。



 総力戦となった試合。勝負を決したのは、「黄金」と称されるアセンシオの左足だった。PK戦突入も考え始めた115分、右サイドのスローインの流れからオヤルサバルのパスを受けると、僅かな隙を突いて鋭く左足を振り抜き、弧を描きながら逆サイドネットへ突き刺さした。吉田麻也は「我慢し続けたんですけど、最後のクオリティが出たなと思います」と振り返ったが、まさにその通り。日本代表でその“クオリティ”を出せる2人、久保建英と堂安律がすでにベンチに下がっており、その反対に今大会で調子は今一つながらも「違いを出せる」選手であるアセンシオがベンチスタートだったというチーム力の差が、最後の最後で勝敗を分けたと言える。

 そこに付け加えるならば、日本の前半の戦いが及び腰だった。そして52分の林大地のゴール右上に外したシュートは勝つために決めなければいけないシュートであった。だが、公平な目で見ると、試合を通してはスペインの方にチャンスが多く、妥当な試合結果だったと言える。

 スペインは上手いチームであるが、今大会は圧倒的な強さを発揮してきたわけではない。グループリーグではエジプトと0対0発進の後、オーストラリアには1対0で勝利し、アルゼンチンとは1対1の引き分け。グループリーグ2位と3位に勝ち点1差の首位で決勝トーナメント進むと、初戦のコートジボワール戦、続く準決勝の日本と2試合連続の延長戦を戦った。90分間の戦いだと5試合で1勝4分なのである。フル代表も大差なく、ベスト4入りしたEUROだが、全6試合を90分勝負で見ると1勝5分。常にボールを支配しながらも決定力不足で勝ち切れない。日本の粘り強さは光ったが、それ以上に「スペインがスペインらしく」戦った試合だった。その意味で、まだまだ世界との差は縮まってはいない。

 その“世界との差”を「縮めた」と自信を持って言い切るためには、次が大事になる。1968年のメキシコ五輪以来となる銅メダルを獲得してこそ、日本サッカー界の未来へと繋がる。「もう結果は出てしまったので、ここで切ってしまったら次はない。次への準備はそんなに簡単ではないですけど、我々がメダルを獲るために、もう1回、反発力を発揮して行こうという話をした」と森保一監督。6日に行われる3位決定戦は、グループリーグ第2戦で勝利(2対1)したメキシコとの再戦になる。試合直後の吉田麻也は「もう次、勝つしかないですね。相手も延長を戦っていますし、ここまで来たら気持ちの問題。あまり精神面を話すのは好きじゃないですけれど、ここからはメダル獲りたいという気持ちが強い方が勝つと思うので。2日間、いいリカバリーをして、最後メダリストになりたいです」と意気込みを語った。

 前回の対戦では、開始6分に久保建英、11分に堂安律と立て続けにゴールを決め、日本にとって最高の形で試合を進めることができた。だが、次も同じような展開に持ち込むのは非常に困難だ。日本はDF冨安健洋が出場停止明けとなるが、課題は守備ではなく攻撃面。スペイン相手に常に危険な存在であり続けた堂安、スペインとの試合後に「負けたので、涙も出てこないです」と語った久保に、もう1人、2人、同じクオリティで絡むことができるか。金メダルという目標は達成できなかった。世界との差を改めて感じたとも言える。だが、まだ戦いは残っている。次も敗れるようだと、ロンドン大会と同じ。銅メダルを獲得してこそ、日本サッカーが前進していると確信し、日本サッカーの未来が希望あふれるものになる。