「大谷が本塁打を獲るのは至難の業です。投手がまともに勝負しないですから。米国は多様性の国というが、アジアの人間が本塁打王を獲るのを望んでいない人達が多くいる。残念ながらこれが現実です」

 米国駐在の日本人記者はため息をつく。

 日本人初の本塁打王を狙うエンゼルス・大谷翔平だが、日本時間23日のアストロズ戦で2打席連続敬遠を含む自身最多の1試合4四球。24日の同戦でも初回の見逃し三振を除き、2打席目以降は3四球とまともに勝負してもらえない。敬遠ではないが、徹底した外角攻めでボール球を投げられてはチャンスがない。この試合に限った話ではない。シーズン終盤に入り、1試合の打席でストライクがほとんど来ない状況が増えた。こうなると、46本塁打のブルージェイズ・ゲレーロJr.、ロイヤルズ・ペレスを1本差で追う構図をひっくり返すのは難しい。

「不可解なのはアストロズがアメリカン・リーグの西地区で首位を独走し、地区優勝がほぼ間違いない状況なのに、大谷との勝負を露骨に避けたことです。大谷と本塁打王を競う選手がいるわけでもない。ゲレーロJr.、ペレスと対戦した際に同じ攻め方をするかといったら疑問ですね」

 投打で異次元の活躍は日本だけでなく、米国でも話題の的になっている。一方で、今回のような露骨な「四球攻め」や、故意死球なども見られる。16日のホワイトソックス戦は物議を醸した。6点リードの9回2死走者なしで、マイク・ライトの危険な球が次々に大谷を襲う。内角をえぐる2球目で大谷は大きく腰を引き、3球目はワンバウンドで捕手が後逸。4球目に大谷の右ふくらはぎを直撃した。この2日前に行われた3連戦初戦で、ホワイトソックスの3選手が死球を受けていたため、大谷が「報復の標的」になった可能性が高い。大リーグ機構(MLB)は、故意死球を投じたとしてライトに3試合、ラルーサ監督に1試合の出場停止を科した。

 メジャーでプレー経験のある日本人選手はこう話す。

「メジャーに限らず、日本でも昔は主力がぶつけられたら、こちらも相手の主力打者に当てる報復はありました。ただ、大谷の場合は体の近くに来た2球目の危険な球で終わりにするべきです。3、4球目もぶつけにくるのは異常です。アストロズが大谷と勝負をしないことについても、『脅威の存在と認めている』からという人もいますが、僕はそう思わない。本塁打王を獲らせたくないんです。メジャーはマイノリティーのアジア人選手に対する差別意識が潜在的にあると思います」

 実力主義から程遠いタイトル争いだが、凄みを感じるのが大谷の態度だ。ホワイトソックス戦で故意死球を受けた際も、一塁の塁上で相手選手と談笑し、アストロズ戦の四球攻めに対しても苦笑いを浮かべることはあったが、不満を表に出すことはなくプレーしている。

「アストロズ戦で大谷を申告敬遠した際に球場の観客は大ブーイングしました。フェアな戦いを望んでいるファンは多い。敬遠や勝負を避けた外角攻めを少なくするためにも、今後は大谷を1番打者で起用するのは一つの案と思います。初回の先頭打者から敬遠するようだと、さすがに相手球団の姿勢が問題視される。ストライクゾーンで勝負してもらえるなら、大谷は打ちます」(スポーツ紙記者)

 今までも従来の固定観念を覆す活躍を見せ続けてきた。逆転での本塁打王獲得はなるか。(牧忠則)