10月11日に迫ったドラフト会議。プロ志望届の提出は9月27日に締め切られ、あとは当日の指名を待つばかりとなったが、12球団は誰を指名すべきなのか。有力選手を中心に探ってみたいと思う。今回はパ・リーグBクラスの3球団についてだ。

*  *  *

ソフトバンク:次代のエース候補が最優先

 4年連続の日本一を達成し、今年も優勝候補の大本命ながら苦戦が続いているソフトバンク。お家芸となっている育成ドラフトからの輩出は続いているものの、投手、野手ともに世代交代は大きな課題となっている。ここ数年は1位での抽選を外したこともあって将来性を重視した高校生中心の指名が続いているが、やはり大物選手は積極的に狙いたいところだ。そして今年は野手に目玉と言える選手が不在なだけに、メジャー移籍が噂される千賀滉大の後釜となるエース候補を第一優先として考えるべきではないだろうか。

 そこでおすすめしたいのが夏の甲子園で注目を集めた風間球打(明桜)だ。まだ粗削りな部分は多いものの、コンスタントに150キロを超えるストレートは大学生、社会人を含めてもナンバーワンと言えるだけの迫力がある。二軍、三軍の設備が充実したソフトバンクの環境であれば、更にスケールアップする可能性も高いだろう。仮に外したとしても達孝太(天理)、木村大成(北海)、石田隼都(東海大相模)など将来性豊かな高校生のエース候補を狙いたいところだ。

 一方の野手もリチャードなどが出てきたがまだまだ不透明な部分が多いだけに強打者タイプは積極的に狙いたい。2位で狙う選手として面白いのが吉野創士(昌平)だ。体はまだ細いがリストが強く、ボールを遠くへ飛ばす能力の高さは高校生でも指折り。フィジカル面をしっかり強化すれば、まだまだ成長する可能性を秘めている選手だ。

 また例年多くの育成選手を指名しているが、今年も地元の九州に完成度は低いもののスケールの大きい柳川大晟(九州国際大付)、黒木優(九州文化学園)といった大型右腕がいるだけに、残っていればぜひ狙いたい。

西武:先発タイプのサウスポーと正捕手候補

 5年ぶりのBクラス転落が濃厚となっている西武。ここ数年は投手陣が課題と言われ続けているが、特に深刻なのがサウスポー不足だ。今年左の先発で勝ち星を挙げているのは浜屋将太と内海哲也でともに1勝のみ。昨年も2位で佐々木健を指名しているが、制球難で苦しんでいるだけにある程度完成度の高い左投手を狙いたい。筆頭候補となるのは佐藤隼輔(筑波大)、隅田知一郎(西日本工大)の2人だ。佐藤の秋季リーグ開幕戦には渡辺久信GM、潮崎哲也編成グループディレクターが揃って視察に訪れており、やはりチームとしても左腕のニーズは高いように感じる。この2人のどちらかが獲得できればまずは成功となりそうだが、ここはあえて隅田を推したい。最速150キロのスピードが多く報道されているが、変化球のコントロールも良く、試合を作る能力の高さは見事だ。地方の大学リーグ出身選手が多い球団というのも隅田にとってプラスと言えるだろう。

 野手は昨年好素材を多く指名しているが、将来的に気になるのがキャッチャーだ。正捕手の森友哉より下の世代に選手が少なく、その森もFA権取得が近づいている。将来の正捕手候補となる有望株を1人は指名しておきたい。今年は比較的捕手に好素材が多いが、最もおすすめしたいのが松川虎生(市立和歌山)だ。守備の堅実さには課題が残るものの地肩の強さとフットワークの良さは申し分なく、配球もよく考えていることが分かる。そしてパワーだけでなく柔らかさのあるスイングで、何よりも打てる捕手というのが大きな魅力だ。巨漢の強打者の多い西武にも非常にマッチした選手と言えるだろう。

日本ハム:中田の穴よりもエース候補が最優先

 北海道移転後では最も長い低迷期に入っている日本ハム。シーズン途中に中田翔が退団し、得点力不足は大きな課題となっているが、野村佑希、清宮幸太郎、万波中正など若手には有望株が控えているだけに、中長期的に見れば世代交代が早まったとも考えられる。逆に投手陣はルーキーの伊藤大海の存在は大きなプラスだが先発、リリーフともに手薄なだけに将来性豊かな投手をまずは狙いたいところだ。

 今年は高校生の好素材が多いが、筆頭候補としておすすめしたいのが小園健太(市立和歌山)だ。ストレートのスピードはもちろんあるが、それ以上に素晴らしいのがコントロールと投球術。スライダー、カットボール、カーブ、ツーシームと多彩な変化球を見事に操り、その完成度は高校生離れしたものがある。体格的なスケールも申し分なく、まだまだストレートの力もアップしそうな雰囲気は十分だ。早ければ2年目から先発ローテーションの一角として期待できるだろう。外した場合はあまり地元枠にこだわるのは得策ではないが、木村大成(北海)も先発タイプのサウスポーだけに候補となるだろう。

 リリーフ陣が崩れて試合を落とすケースも多いだけに、ブルペンの層を厚くすることも必要だ。比較的早く戦力になるリリーフタイプの投手としては八木彬(三菱重工West)、石森大誠(火の国サラマンダーズ)などが候補となる。八木はたくましい体格から投げ込む威力抜群のストレートが魅力の本格派右腕で、短いイニングであれば球威で圧倒することができる。石森も最速155キロを誇るサウスポーで、奪三振率の高さが魅力だ。ともにチームには不足しているタイプだけに、ある程度高い順位を使っても確保したい人材である。

(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員