今年で57回目を迎えたドラフト会議。近年は入団を拒否する選手もほとんどいなくなり、過去10年間でも、2011年の日本ハム1位・菅野智之(現巨人)と16年の日本ハム6位・山口裕次郎(現JR東日本)の2人だけだ(育成は除く)。

 だが、ドラフト草創期から1970、80年代にかけては、諸々の事情から入団を拒否する選手も少なくなかった。

 ゴルファー転向を理由に入団を断ったのが、71年のヤクルト3位・尾崎健夫だ。

 徳島海南高時代は全国でも屈指の本格派右腕だったが、プロゴルファー・尾崎将司の弟で、指名直後も「プロ野球入りか、ゴルファー転向かは五分五分の線」と迷っていた。

 ヤクルト側は「陥落は時間の問題」と獲得に自信を深めたが、ここで兄の“ジャンボ”から「待った!」がかかる。

「健夫は野球選手よりもゴルファーのほうに素質がある」と考えた兄は、「野球に比べてゴルファーは寿命が長いし、収入だって力をつければ野球に負けない。それに野球の場合、故障やケガをすれば、それでおしまいという危険をはらんでいる」と自らの西鉄選手時代の経験もまじえて、弟を説得した。

 かくして、指名から5日後の11月24日、尾崎は「正直言って(野球に未練)ありますが、ゴルフで成功した兄が“お前は運動神経が抜群だから、ゴルファーとして絶対に成功する”と言いますから、それを信じています」と正式にゴルファー転向を表明した。

 プロ野球人気全盛時代にドラフト上位指名を蹴り、ゴルファーに転向するというニュースは、当時大きな驚きをもって迎えられたが、尾崎がゴルファー転向後、“ジェット”の愛称で、弟・直道を加えた“尾崎3兄弟”で活躍しているのはご存じのとおり。この選択は正解だったと言えるだろう。

 次は1980年代。74年から90年まで各球団の指名人数枠が6人以内(78〜80年は4人以内)に制限された結果、指名拒否は減ったが、その一方で、80年代後半には、ドラフト前にプロ拒否を表明した大学ナンバーワン左腕・志村亮(慶大)や86年の大洋2位指名の捕手・石井章夫(慶大)ら、六大学の有力選手の拒否が相次いだ。

 一度はプロ入りに心が揺れながら、指名後に一転入団拒否したのが、89年のヤクルト3位・黒須陽一郎(立大)だ。

 ベストナイン3度受賞の強打者で、89年秋に主将として立大の23年ぶりVに貢献した黒須は、野球部のない日本興業銀行への就職を内定させ、プロには行かないとみられていた。

 だが、最後まで進路に悩んでいた黒須は、ドラフト直前、立大の先輩にあたるヤクルト・片岡宏雄スカウト部長に相談し、「どうしても野球が捨てられない」と指名してくれるよう頼んだ。

 当初ヤクルトは黒須を獲得する予定はなかったが、後輩の頼みとあって、片岡部長は渋る野村克也監督を説得し、1位・西村龍次、2位・古田敦也の次の3位で指名した。

 指名直後、黒須は「ヤクルトは長嶋(一茂)先輩もいますし、希望の球団です。前向きに考えたい」と語り、スポーツ紙もライバルの巨人1位・大森剛(慶大)、ロッテ1位・小宮山悟(早大)とともに、プロでの活躍を期待する論調で報じた。

 ところが、間もなく黒須は再び興銀入社へと心変わりし、ヤクルトも12月14日、ついに獲得を断念。面目を失った片岡部長は「これからは野球のことは一切語るな」と釘を刺したという。

 この一件以来、ヤクルトは現在まで社会人経由などの出身選手を除き、立大の選手を指名していない。

 最後に2000年代にあった入団拒否劇を紹介する。

 00年、オリックスは「契約金ゼロ枠」という新しい試みをスタートさせた。プロ入りを志望しながら、ドラフトにかかるかどうか微妙なレベルの選手にチャンスを与えるのが目的で、入団時の契約金はゼロだが、入団後の1軍登録日数に応じて上限2千万円の出来高契約金を支払うというもの。

 対象は5位以下の指名選手。同年は5位から9位までの5人が該当したが、皮肉にも契約金ゼロが原因で、5位・開田博勝(三菱重工長崎)との交渉が暗礁に乗り上げてしまう。

 柳川高時代は夏の甲子園ベスト8、法大時代も3年時に日本一、社会人でも主将として都市対抗準優勝に貢献した開田は、この年のドラフトで指名された全86選手中、一番の俊足でもあり、上位指名されてもおかしくなかった。

 指名直後は「開幕1軍に入れるよう頑張る」と入団に前向きだった開田だが、指名後の交渉でも契約金ゼロの条件が変わらないということが事前によく伝わっていなかったのが、ボタンのかけ違いを生んだといわれる。

 話し合いは平行線を辿り、12月7日、オリックスは獲得を断念。25歳の開田は、結果的に最初で最後のプロ入りのチャンスを逃した。同年は1位・内海哲也(現西武)が入団拒否しているので、繰り上げて4位相当にするなど、融通を利かせることはできなかったのだろうか?

 現在の育成枠とは異なり、年齢的に猶予のない大学、社会人選手を球団側に都合の良い条件で大量指名する方式は、ファンからも「無責任では?」と非難の声が上がり、「本人にとっても、チームにとってもメリットがない」という理由から、わずか3年で廃止されている。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2020」(野球文明叢書)。