今季は投打の二刀流で文句なしの大活躍を見せた大谷翔平選手。ただし大谷個人の奮闘とは裏腹に、エンゼルスはプレーオフ争いに絡むこともなく6年連続の負け越しでア・リーグ西地区4位に終わった。

 その本拠地最終戦後、大谷は「ファンの人も好きですし、球団自体の雰囲気も好きではあるが、それ以上に勝ちたいっていう気持ちのほうが強いです。プレーヤーとしてはその方が正しいんじゃないかなと思ってます」と発言。これが一部メディアやファンから「移籍志願か?」ととらえられて大きな話題となった。

 エンゼルスは大谷の保有権を2023年まで所有しているが、大谷本人は「現時点で(契約延長の話は)ない」とも明言。もし大谷がフリーエージェント(FA)となる前にエンゼルスが契約延長しなければ、争奪戦となることは確実だ。

 果たして大谷はエンゼルスに残留するのか、それとも「勝てるチーム」への移籍を目指すのか。その答えは今オフに出るようなものではないが、残留した場合のメリットとデメリットを考察してみる。

【エンゼルス残留のメリット】

 大谷が二刀流での活躍を続けるためには、所属チームが二刀流での起用を許容できるかどうかが最重要。今季の活躍を見れば大谷の二刀流を否定するチームはまずないが、現在の戦力が大谷の二刀流にそぐわないということはあり得るからだ。

 大谷の二刀流実現にはいくつかの条件がある。まずは中4日での登板を避けるために先発投手6人でのローテーションを組むこと。そして指名打者(DH)の枠を大谷に割り当てることだ。

 先発ローテに関しては、質の高い先発投手を6人用意するのは(大谷を含めても)どのチームにも容易なことではない。さらに5人ローテに比べると必然的に1人あたりの登板数が減るため、最多勝やサイ・ヤング賞などが狙えるスーパーエース級の投手たちはタイトル獲得に支障が出る6人ローテにいい顔はしないだろう。スーパーエースだけ中4日で回すという手もないではないが、その場合は残る投手たちの先発間隔が変則的になる弊害が発生する。

 DHについても、近年は打撃に全振りのスラッガーを固定起用するよりも、レギュラー野手を持ち回りでDH起用して守備の負担を緩和するチームが増えている。そういったチームが大谷を獲得した場合、選手起用および編成を根本から見直さなければならなくなるだろう。大谷が外野守備にも就くなどした場合はこの問題は解消されるが、大谷個人への負担が増すというリスクが生まれることになる。

 これらの問題が、すでに大谷(とマイク・トラウト外野手)を中心としたチームになっているエンゼルスに残留した場合は全てクリアできるのだ。大谷にしてもすでに気心が知れた首脳陣やフロントとの意思疎通を気にする必要がなくなる。大谷個人が二刀流でのキャリアを長く続けることに関しては、エンゼルス残留のメリットは大きい。

【エンゼルス残留のデメリット】

 これはもう大谷本人が気にしているように、「勝ちたい気持ちに応えられるチームになれるのか」という点に尽きる。エンゼルスは2014年を最後にポストシーズンから遠ざかっている。現役屈指の強打者であるトラウトを擁しているにもかかわらず、だ。

 最大の原因は誰が見ても明らかなように、投手力の不足。しかし前述のように大谷の二刀流は先発6人ローテが前提となるため、スーパーエースたちはエンゼルス移籍に二の足を踏む可能性が高い。19年オフにゲリット・コール(現ヤンキース)、昨オフにはトレバー・バウアー(現ドジャース)の獲得を断念したのも、もしかしたらそのあたりが関係した可能性もゼロではない。

 さらにオーナーのアルトゥーロ・モレノ氏が好投手よりも強打者の獲得を好むという傾向も無視できない。それが良い方向に出ればいいのだが、ジャスティン・アップトン外野手やアンソニー・レンドン三塁手との大型契約は、今季までの結果を見る限り成功とは言い難く、彼らとの大型契約で投手陣整備に割けるリソースが圧迫されたのも辛かった。

 ならば若手有望株とのトレードで大物投手を獲得すれば、と言いたいところだが、エンゼルスのマイナー組織は相次ぐトレードやドラフトの失敗で焼け野原状態。MLB公式サイトの「プロスペクト(有望株)ランキング2021」をみると、トップ100にエンゼルス傘下の選手は2人しかいない(23位の左腕リード・デトマーズと87位の右腕サム・バックマン)。トレードとは取引なので、相手が望む材料をテーブルに乗せられなければ成立する余地がないのは道理だろう。

 つまり、少なくともここ数年のうちにエンゼルスの戦力が劇的に向上してプレーオフ争いできるチームになる可能性は低いと言わざるを得ない。大谷がワールドシリーズ制覇の可能性が高い環境を望むなら、エンゼルス残留のデメリットはこれまた大きい。

【大谷の新天地になり得るのは?】

 では大谷がエンゼルスからの移籍を決断した場合、新天地となり得るのはどんなチームなのか。少なくとも下記の3条件はクリアする必要があるだろう。

・中4日の先発を望むスーパーエースが不在
・DHを大谷が独占しても大丈夫な戦力編成
・大型契約が必至の大谷を引き受けられる資金力

 これらを踏まえると、ヤンキースは資金力には問題がなくとも、ほぼDH専任の大砲ジャンカルロ・スタントンとの契約を2027年まで残し、現役屈指の先発右腕コールとも長期契約を結んでいることが大谷獲得の障害になり得る。

 レッドソックスにもDHのJ.D.マルティネスとエース左腕クリス・セールがいるが、マルティネスの契約は22年まで。セールは25年までの契約だが、20年にトミー・ジョン手術を経験していることから30代半ばを過ぎる契約後半には先発回数にこだわらなくなる可能性がある。

 レイズはスター選手に頼らない柔軟な編成で強豪チームを作る手腕に長けるが、いかんせん資金力に限界がある。ホワイトソックスはDHを固定せず、先発ローテも今季は5人でほぼ回していた。ただしベテランのダラス・カイケル投手が来オフ(※オプション付き)、ランス・リン投手も24年オフにFAとなるため、大谷獲得に合わせてチーム編成を調整する余地は残されている。

 アストロズは絶対的なエース不在で今季も6人ローテを敷いていたが、DHは若き強打者ヨルダン・アルバレスでほぼ固定。そのうえ今後数年はホセ・アルトゥーベ二塁手やカルロス・コレア遊撃手、アレックス・ブレグマン三塁手ら生え抜きの強打者たちとの契約延長問題が続く。大谷獲得を望むならば、彼らのうち数人は残留をあきらめる覚悟が必要となるだろう。

 ドジャースなどのナ・リーグの強豪は現時点でDHが使えないのがネック。これは今オフにも結ばれる新労使協定で両リーグにDHが採用されればクリアできるが、現時点で確実に採用される保証はない。

 このように、投げてはエース、打っては主砲の活躍を一人でできる大谷だが、大谷を中心としたチーム作りは案外とハードルが高い。これらをなんとかクリアして大谷を迎え入れるチームが現れるのか、それともエンゼルスが補強戦略で妙案をひねり出して大谷との再契約にこぎつけるのか。今オフから来オフにかけてのエンゼルスの動向が全てのカギを握っている。(文・杉山貴宏)