新庄剛志は再び北海道に戻ってくるのか。

 成績不振に加えグランド外でのゴタゴタが続く日本ハムの“救世主”となり得る男の動向に注目が集まっている。

「長崎で生まれ福岡で育ち、大阪、ニューヨーク、サンフランシスコ、ニューヨーク。次は北海道に住みます。背番号は1です。ファイターズの新庄をよろしくお願いします」(新庄)

 2003年11月19日、選手として日本ハムに入団する時の発表も記憶に残るものだった。

 メジャーリーグ挑戦からの国内復帰が確実視されており、この発言の翌日(11月20日)に予定されていた日本ハムとの初交渉後に正式に入団が発表されると見られていた。事前に話し合いは綿密に行われていただろうが、野球と無縁の映画試写会における“フライング発表”に周囲は仰天だった。

「フライング? お約束? どちらかはわからないが相当のインパクトだった。北海道への本拠地移転を翌年に控える中、球界やスポーツ界だけでなく世間に対しても強烈な印象を植え付けた。日本ハムは新庄とともに他球団のビッグネーム獲得を目論んだが失敗。メジャーでも存在感を見せつけた新庄を球団の顔として押し出すため必要もあったのでしょう。試写会で共演した格闘家のボブ・サップよりも目立っていました」(在京テレビ局スポーツ担当者)

 当時、北海道初のNPB球団誕生に向け、スター選手が獲得候補としてリストアップされた。しかしフリーエージェント(FA)としてオフを迎えていたダイエー(現ソフトバンク)の村松有人などとの交渉は早々に決裂と報道された。そんな中、日本ハムへの加入を決意したのが新庄だった。

 入団後はグラウンド内外で存在感を示した。在籍した3年間で357試合に出場して打率.268、60本塁打、198打点をマーク。さらにゴールデングラブ賞3回、ベストナイン1回を獲得し、06年には日本一となったチームの原動力となった。また球場でのパフォーマンスなども注目を集め、日本ハムをチケットの入手すら難しいほどの人気球団に変貌させた。革新的な球団経営もNPBにおける成功例として業種の壁を超えて話題になり、その中心にはいつもこの男の存在があった。

「雰囲気を良くする明るさがクローズアップされるが、勝負に挑むメンタリティを植え付けた。グラウンド上では練習から楽しんでプレーする。そうすれば辛い練習も前向きに頑張れる。そして結果が出なくても気持ちをしっかり切り替える。準備、練習量の凄さを誰もが知っている。それが浸透してチーム力の底上げになった。本人は嫌がるけど間違いなくチームリーダーだった」(日本ハム球団関係者)

 新庄が退団してから約15年の時が経ち、日本ハムは苦境に立たされている。今季も低迷が続き3年連続のBクラスは確定的で、グラウンドの外でも中田翔の暴力事件や、球団公式ツイッターが公開した動画に人種差別的な発言が入りこんでいると指摘されるなど、負の側面ばかりが目立つ。

「(新庄は)今の日本ハムには絶対に必要な存在。表には出さないが野球に対する愛情や厳しさを誰よりも持っている。北海道移転から長い時間が経ち、チーム内にマンネリ感も漂う。時代の変化もあり、選手の管理や操縦方法も難しくなっている。周囲が文句を言えないほどの存在感、カリスマ性を持つ新庄がいれば強烈な刺激になるのは間違いない」(日本ハム担当記者)

「ひらめき重視の天才型と言われるが常に考えてプレーしていた。例えば、外野守備が歴代トップクラスと評価されるのは身体能力や才能だけでなく、データなど状況判断をしっかりしていたから。そういった確かな野球のベースがあるのに加え、誰もを楽しませる明るい性格もある。気に入ったグラブを手入れして長年使い続けるような野球に対する真摯な姿勢もある。良い手本、指導者になるはずです」(日本ハム球団関係者)

 一時期は野球の現場を離れていたが、昨年は12球団合同トライアウトに参加。結果的にオファーを出す球団はなく、球界復帰は断念したがその挑戦は大きな話題となった。また最近は野球関連のイベントなどに出席することもあり、再び情熱が湧いてきたという声が聞かれる。

「日本ハムや北海道に対する思い入れは相当のものがある。公の場でコメントはしないがチームの現状に悔しがっているという話も聞く。稲葉篤紀氏を新監督として招聘する話も出ているが、チームを根本的に変革するためにも新庄コーチは大歓迎。ダメならば臨時コーチや球団プロデューサーなど、どのような形でも良いので関わって欲しい」(日本ハム担当記者)

 昨年のトライアウトでも着用したのは他球団のものではなく日本ハムのユニフォームだった。新庄の奥底には古巣への思いと愛情が残っているのは間違いない。

「日本に戻ってきた理由がここにある」

 10月18日、新庄が自身のツイッターに投稿したつぶやきが野球ファンを騒がせている。ヘッダー画像も工事中の日本ハム新球場に変更され、様々な憶測が飛び交う。

 今季限りで10年間チームを指揮した栗山英樹監督が退任が決まり、日本ハムは転換期を迎えている。イメージ回復を狙う古巣球団だけでなく、球界、日本中を明るくするためにも新庄の日本ハム復帰は大歓迎だ。