中日はOBの立浪和義氏の来季監督就任が決定的となっているが、「強竜復活」はいばらの道だ。

 落合博満元監督の下で黄金時代を築いたのは過去の栄光となりつつある。2012年からの10年間でCS進出したのは2度のみ。Bクラスの常連となり、チームは停滞した空気が漂う。

 特に深刻なのが貧打だ。今季のチーム総得点は142試合終了時点でリーグ断トツ最下位の401得点。リーグトップのヤクルトの612得点より200点以上低い。4番・ビシエドは今季が3年契約最終年のため、オフは他球団も獲得に乗り出す可能性が高い。今季は打率.275、17本塁打、70打点と満足いく成績ではないが、そもそも中距離打者で「4番タイプ」ではない。今季は大砲が不在の状況で、相手バッテリーに徹底マークされ、長打を狙うあまり本来のスイングを見失っているようにも見えた。18年に打率.348で首位打者を獲得しているように、本来はシュアな打撃で「安打の延長線が本塁打」という打撃スタイルだ。ミート能力は球界でも指折りだ。退団して他球団流出する事態になれば、大きな戦力ダウンになるだろう。

 スポーツ紙デスクは「既存の戦力を強化するのも限界がある。核になるレギュラーが少ないし、根尾昂や石川昂弥が一本立ちするのも時間がかかる。立浪氏も解説で得点力不足を再三指摘しているように、大幅なテコ入れが必要だと思います。新監督に就任したら大型トレードを敢行する可能性は十分にあるでしょう。打撃で結果を残せていない高橋周平、京田陽太も安泰な立場ではありません」と分析する。

 もちろん、トレードは出血覚悟になる。ただ、現状を打開するためには有効な手立てだ。獲得を狙える人材を見渡すと日本ハム・大田泰示、ソフトバンク・上林誠知、ロッテ・井上晴哉が有力候補か。ただ、トレードだけでは貧打の抜本的な改善策にはならない。

 他球団のスコアラーは、「中日に入る選手たちはアマチュア時代に比べてスイングが小さくなる」と指摘する。

「高橋周平は東海大甲府で高校通算71本塁打を放っています。バックスクリーンから逆方向にも飛ばせるスラッガーで将来はホームランバッターとして注目されましたが、プロで試行錯誤してミートに特化した打者になった。もちろん、それもプロで成功するための術だと思いますが、能力を考えると18年の11本塁打が最多は少なすぎる。もっと振っていいと思うんですけどね。中日は本拠地が広いナゴヤドームであることを意識してか、コンパクトな打撃をする選手が多い。単打を重ねてもなかなか得点は入らないし、長打がない打線は投手も伸び伸び投げられる。球団は打者の育成方針から見直した方が良いように感じます」

 決して、非力な打者が多いわけではない。高橋だけでなく、堂上直倫や平田良介も高校時代は「超高校級スラッガー」として本塁打を量産していたが、プロに入ると打撃スタイルが小さくなっている。

「パリーグに比べてセリーグは空振りするのを良しとしない空気がありますが、振っていかないと長打も出ない。筒香嘉智(レイズ)、村上宗隆(ヤクルト)は三振が多いが、球界を代表するスラッガーに成長しました。長距離砲になるには三振を避けて通れないので、割り切りも必要です」(スポーツ紙パリーグ担当記者)

 今季の打者の三振数でみると、中日の961はリーグ最少。ヤクルトの1047を下回るが、この数字が評価されるかというと疑問符がつく。「振る力」も得点力アップへ、不可欠な要素だ。(牧忠則)