今年も様々なことがあった野球界だが、日米を通じて最も話題となったのはやはり大谷翔平(エンゼルス)の活躍だろう。惜しくもホームラン王のタイトルこそ逃したものの46本塁打、100打点をマークし、さらに投手としても9勝2敗、防御率3.18と先発として十分な役割を果たしてみせた。日本人選手としては2001年のイチロー(マリナーズ)以来となるMVP獲得の可能性も極めて高いだろう。

 そしてそんな大谷の活躍は他の選手にも影響を与え始めている。メジャーでは外野手として活躍している若手有望株のバードゥーゴ(レッドソックス)が2023年までに二刀流に挑戦する意向を持っていることを表明。外野からの強肩が武器で、高校時代は本格派投手だったとことと今年で25歳という若さを考えると、決して非現実的なことではないだろう。

 また日本の大学球界でも日本体育大の3年生、矢沢宏太がDH制のある首都大学リーグながら投手で4番として出場。投手としては最速150キロのスピードと鋭いスライダー、野手としては抜群のパンチ力と脚力で二刀流の可能性を感じさせるプレーを見せている。そこで今回はNPBの25歳以下の若手にも二刀流の可能性を秘めた選手はいないのか、探ってみたいと思う。

 まず投手としても高い能力を持っている野手ということで真っ先に思い浮かぶのが根尾昂(中日)だろう。中学時代から145キロを超えるスピードをマークする本格派投手として注目され、大阪桐蔭では2年春、3年春と2年連続で選抜高校野球の優勝投手にもなっている。チームのエースは柿木蓮(日本ハム)だったが当時の実力的には同等で、また同期の投手でプロ入りした横川凱(巨人)よりも安定感は上回っていたことは間違いない。現在の外野から見せる低くて伸びる返球を見ても、まだまだ投手としてのポテンシャルは十分に秘めているように感じる。甲子園での快投を見ていた高校野球ファンの中にも、プロのマウンドに根尾が立つ姿を見たいという声も多いはずだ。

 もう1人投手としても高いポテンシャルを秘めている野手としてはルーキーの秋広優人(巨人)を挙げたい。身長2メートルという長身ながら体の使い方にギクシャクしたところがなく、高校時代は楽に腕を振って140キロを超えるストレートをマークしていた。下半身の強さや粘りはまだまだという印象だったものの、それでも140キロ以上のスピードが出るのは能力の高さの表れであり、また指先の器用さも感じられる。そして何よりも身体的なスケールの大きさを備えているのが大きな魅力である。巨人では投手の戸根千明が一足先に二刀流に挑戦している前例もあるだけに、秋広がこれに続く可能性も決してゼロではないだろう。

 一方、野手としての能力の高い投手としては中川颯(オリックス)、寺島成輝(ヤクルト)、桜井周斗(DeNA)などが候補となる。中川は桐光学園時代には4番打者としても活躍。3年夏の神奈川大会決勝では横浜高校の敗れたものの、逆方向にホームランを叩き込んでいる。立教大では4年間でリーグ戦通算5安打に終わったが、時折見せる投手とは思えない鋭いスイングは相手チームの脅威となっていた。高校時代にはショートもこなしており、フィールディングの上手さも持ち味だ。

 寺島も履正社でエースで4番としてプレー。3年夏の甲子園後に行われたU18アジア選手権でも投げない時は打者としてもチームに貢献している。広角に長打を打てる打撃センスは非凡だ。桜井もプロ入り時に投手、野手両方の可能性があった左の強打者。寺島と同じくU18侍ジャパンでは投手、野手両方でプレーし、非凡な打撃を見せた。現在は貴重な左の中継ぎ要員だが、打者としての可能性もまだまだ残されていると言えるだろう。

 大谷のように投手としても打者としてもメジャーで超一流という選手はそう簡単に出てくるものではなく、今回紹介した選手たちもまずは現在の本職で活躍することが大前提となるが、大谷の活躍によって新たな道ができたということは間違いない。近年では高校生や中学生でも早期の段階から投手なら投手、野手なら野手に特化してしまうケースも増えていたが、そのような流れも見直される可能性はあるはずだ。今後も大谷とは形が違っても、投手、野手両方で活躍する選手が増えることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員