一昨年、昨年と2年連続で日本シリーズを戦ったソフトバンクと巨人。ソフトバンクは4位に沈んだが、巨人は何とか3位に入りクライマックスシリーズへと駒を進め、3年連続となる日本シリーズ進出の可能性はまだ残されている。ヤクルト、阪神の上位チームを破っての下剋上はあるのか、シーズン後半戦の戦いぶりから探ってみたいと思う。

 2007年から導入されたクライマックスシリーズだが、過去に3位のチームが日本シリーズに進出したのは2010年のロッテと2017年のDeNAだけ。2位のチームでも4例しかない。2008年からはレギュラーシーズン1位のチームにファイナルステージ(2009年までの名称は第2ステージ)で1勝のアドバンテージが与えられることとなっており、やはり2位以下から勝ち上がることは容易ではないことがよく分かる。巨人の上位チームとの今年の対戦成績を見てもヤクルトとは11勝11敗3分、阪神とは9勝13敗3分と決して相性が良いわけではなく、これらのデータを見ても日本シリーズ進出への道は険しいと言わざるを得ない状況だ。

 さらにペナントレースの数字を見ても巨人に良い要素は見えてこない。8月終了時点では51勝37敗12分と14もの貯金を抱えていたが、9月以降は球団史上4度目となる10連敗を喫するなど10勝25敗8分と大失速。最終的に借金1という形でレギュラーシーズンを終えている。何とか広島の追撃は振り切ったものの、チーム状態が良くないのは明らかである。

 そんな中でわずかながら巨人の光となりそうなのがエース菅野智之の存在だ。今年は度重なる故障もあってキャリアワーストとなる6勝7敗という成績に終わったものの、9月以降の数字だけを見ると4勝2敗と状態を上げていることは間違いない。また対戦チーム別の成績を見てもヤクルトには2勝0敗、防御率0点台と圧倒的な数字を残している。2018年のファーストステージでも菅野はヤクルトを相手にノーヒット・ノーランを達成しており、その時のことがヤクルトナインの脳裏に浮かぶような展開になれば、巨人にとっては大きな追い風となるはずだ。

 投手陣でさらに大きいのがリリーフの柱である中川皓太とデラロサの復調だ。10月の成績を見ると中川は12試合に登板して1勝4ホールド、デラロサは11試合に登板して5ホールドをマークしており、ともに自責点0と完璧に仕事を果たしている。チームが大型連敗している状況でも、自分の役割をしっかりとこなし、シーズン最後に調子を上げてきたのは見事という他ない。この2人の活躍がなければ広島との3位争いにも競り負けていた可能性もあったはずだ。短期決戦でものを言うのはやはり安定した投手力であり、絶対的エースとリリーフの柱にめどが立ったというのは大きなプラスであることは間違いないだろう。

 打線は8月以降、深刻な得点力不足に悩まされていたが、数少ないプラス要因は丸佳浩が調子を上げてきたことだ。今年は不振に苦しんでいたが、10月は打率.361、6本塁打、11打点とようやく本来のバッティングを取り戻してきた印象を受ける。個人的には広島時代の2016年から6年連続でのクライマックスシリーズ進出となっており、短期決戦の経験が豊富なのも頼もしい限りだ。4番の岡本和真は安定しているだけに、その前を打つ丸がこの状態でポストシーズンを迎えることはヤクルト、阪神の2球団にとっては大きな脅威となることだろう。

 冒頭でも触れたように過去のデータや今年の戦いぶりを考えると巨人の下剋上の可能性は低いと言わざるを得ないが、わずかながら光も見える。菅野以外の先発投手がここから調子を上げてくれば阪神、ヤクルトと互角に戦える可能性も十分にあるだろう。セ・リーグ連覇中のチームとして、最後までその意地を見せてくれることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員