秋が深まり、大学駅伝シーズンが到来している。今月10日に開催された三大駅伝初戦の出雲駅伝では、東京国際大が予想を覆す “圧勝劇”を披露。本命の駒澤大、対抗の青山学院大などの有力校を抑え、大会史上初の初出場初優勝を成し遂げた。今年も続く「駅伝戦国時代」。果たして全日本駅伝(11月7日)、そして正月の箱根駅伝(1月2、3日)では、どのようなレースが展開されるのだろうか。

 改めて東京国際大の出雲路を振り返ると、まず1区で山谷昌也(3年)がトップと5秒差の3位と好スタートを切ったことが大きく、続く2区・佐藤榛紀(1年)が3位をキープした後、3区で丹所健(3年)が創価大のフィリップ・ムルワに次ぐ区間2位の快走でトップを奪取。そのまま最終6区では史上最強ランナーとの呼び声も高いイェゴン・ヴィンセント(3年)が余裕の走りで2位に1分57秒の大差をつけてフィニッシュした。

 だが、このままの流れで全日本、そして箱根も走り切れるほど“甘く”はないだろう。なにしろ、出雲での予想外の展開は、スタート時の気温30.5度という異例の暑さによる影響が大きかった。東京国際大の“快走”は賞賛されるべきだが、他の有力校のランナーたちが持ちタイム通りの走りをできなかったことは事実で、東京国際大の優勝タイムも現行のコースとなってから最も遅いものだった。周知の通り、6区間45.1キロメートルの出雲駅伝から、全日本は8区間106.8キロメートル、箱根は10区間217.1キロメートルと距離が伸びる。走る人数も増えれば、レース展開も必ず変わってくる。

 逆転候補の一番手は、やはり駒澤大だ。出雲では序盤から苦戦し、最終6区で田澤廉(3年)が襷を受け取った時にはトップと2分22秒差の8位で、田澤も5位までしか順位を上げられず。主力数人を欠き、1、2年生の経験不足(1区から5区まで出雲駅伝初出場)が響いた形となった。だが、所属メンバーの持ちタイムだけを見れば「一強」とも言えるほどの力があり、特に大エース・田澤に加えて唐澤拓海(2年)、鈴木芽吹(2年)の三本柱は強力。9月に右大腿部を疲労骨折した鈴木が復帰し、佃康平(4年)、山野力(3年)、白鳥哲汰(2年)の出雲不出走の箱根Vメンバーたちが本来の走りをできれば、2年連続での「全日本&箱根」の2冠獲得の可能性は高い。懸念は出雲でも露呈した若さ(全日本でもエントリー16人中10人が1、2年生)。1区、2区の入りが大事になるだろう。

 青山学院大は、出雲を2位でゴールした。分厚い選手層で安定したレースを展開できるのが強みで、近藤幸太郎(3年)が出雲1区で区間賞をマークするなど頼れる存在へと成長したことで爆発力も備わってきた。全日本のエントリー16人中8人を占めた3年生を中心に、出雲3区で区間3位だった佐藤一世(2年)、4区で区間6位だった若林宏樹(1年)の成長にも期待。距離が伸び、走る人数が増えれば、総合力の高さが、より一層、発揮されるはずだ。

 出雲で3位に食い込んだ東洋大は、改めて“駅伝での強さ”を見せつけた。宮下隼人(4年)、松山和希(2年)の“ダブルエース”が出雲では不出走だったにも関わらず、昨年の箱根でも往路2位から総合3位に入った経験を生かしながら序盤からしぶといレースを展開すると、5区で5000mの前高校記録保持者の石田洸介(1年)が区間賞の走りで4人抜きを披露した。宮下、松山の2人にスーパールーキー・石田以外にも好ランナーを揃え、大きな可能性を秘めているチームと言える。

 昨年の箱根のメンバーが9人残っている早稲田大は、中谷雄飛(4年)、太田直希(4年)、井川龍人(3年)の10000m27分台の3人の存在が光る。出雲では期待値以下の6位に終わったが、石塚陽士(1年)、伊藤大志(1年)のルーキー2人が駅伝デビューを果たし、特に石塚は4区で区間賞の走りを見せた。全日本で個人、そしてチームとして自信を深めることができれば、前回総合6位だった箱根でも堂々と優勝争いに加われるはずだ。

 その他、出雲で4位だった國學院大も改めて上位争いを展開できる力を見せ、10月23日に行われた箱根駅伝予選会を断トツで制した明治大も経験豊富な実力者たちが揃っており、上位争いが可能。出雲10位だった順天堂大も、オリンピアン・三浦龍司が復帰すれば一波乱起こせる力があり、昨年の箱根で惜しくも総合2位となった創価大の存在も忘れてはならない。

 ただ、それでも東京国際大の“出雲制覇”は大きなインパクトがあった。出雲では「アンカーにヴィンセントがいる」という心理的優位性から、暑さの中でも思い切ったレースを展開できたが、決して「ヴィンセント頼み」のチームではない。日本人エースの丹所の充実ぶりは非常に頼もしく、主将の三浦瞭太郎(4年)や1年時に箱根7区で6位、2年時に箱根8区5位の実績を持つ芳賀宏太郎(4年)も控えている。今後、全日本、箱根と、ライバル校からのマークが厳しくなることが予想されるが、出雲での勢いのまま全日本も制することができれば、来春の箱根での期待も高くなる。

 今春の箱根では、創価大が初の総合優勝まで“あと一歩”まで迫ったが、最後は駒澤大の追い上げの前に屈した。だが近年、新興校が躍進は目覚ましく、「初優勝校」誕生への機運は間違いなく高まっている。今年も本命は駒澤大だ。だが、駒澤大がどこかで躓けば、いや、例え躓かなくても、東京国際大が全日本、そして箱根でもトップでフィニッシュできる可能性は十分にある。