ヤクルトの20年ぶり6度目の日本一で幕を閉じた今年のプロ野球。しばらくはオフの期間となるが、各球団ともに来季に向けて既に動き始めている。FAや新外国人などストーブリーグ以外の注目ポイントとして挙げたいのが現有戦力の再構成だ。

 立浪和義新監督が就任した中日ではセカンドの阿部寿樹が外野にも挑戦し、また根尾昂も来季は外野で固定すると言われている。他にもコンバートや配置転換によって復活、またブレイクしそうな選手はいるのか、今年のプレーぶりや特性から探ってみたいと思う。

 まず投手でリリーフ転向を検討したいのが吉田輝星(日本ハム)だ。ルーキーイヤーの2019年には初登板で初勝利をマークしたものの、その後はなかなか結果を残すことができず、今年も一軍登板はわずか1試合に終わっている。二軍では先発でそれなりのイニングを投げても、一軍ではコントロールを気にして自滅するピッチングが続いているのが現状だ。最大の持ち味である打者の手元でホップするようなストレートも長いイニングではペース配分を気にしてか勢いが半減しているように見える。

 それならばリリーフで少ない球数を思い切って投げ切った方が、その持ち味も生きるのではないだろうか。チーム事情を考えても今年は杉浦稔大が抑えで28セーブをマークしているものの絶対的な安定感はなく、昨年まで抑えを任せられていた秋吉亮もノンテンダーで自由契約となっており、パワーピッチャーのリリーフ投手は必要な状況である。藤川球児(元阪神)も先発で伸び悩んでいたが、プロ入り7年目の2005年に本格的にリリーフに転向して大ブレイクしており、球筋の似た吉田も同じようにリリーフとして大成する可能性を秘めているように見える。

 逆にリリーフから先発への転向を検討したいのが高橋礼(ソフトバンク)だ。2019年には先発で12勝をマークしたものの、翌年はチーム事情もあってリリーフに転向。今年も開幕当初は先発を任されていたが、夏場以降は再びリリーフに回っている。アンダースローでありながら140キロ近いスピードが持ち味の投手だが、リリーフでは少し一本調子になっており、もうひとつの武器である緩急を上手く使えていないように見える。

 また、奪三振が多いわけではなく、基本的には打たせてとるタイプの投手だけに、一発を恐れずに長いイニングをある程度の失点を計算しながら投げた方が持ち味は生きるのではないだろうか。チームのことを考えても、このような変則が一人いるとローテーションで緩急がつけられるというのもメリットである。藤本博史新監督がどう判断するか注目したい。

 野手で真っ先に名前を挙げたいのが中村奨成(広島)だ。高校3年夏(2017年)に出場した甲子園では大会記録となる6本塁打を放ちドラフト1位で入団。プロ入り後はなかなか結果を残すことができなかったが、今年は一軍で初本塁打も放ちブレイクの兆しを見せている。しかしチームは正捕手の会沢翼以外にも坂倉将吾、石原貴規、磯村嘉孝など力のある選手が揃っており、なかなか出番に恵まれないのが現状である。

 既に取り組んでいるものの、打撃を生かすために本格的に外野への転向を検討したい。正式な交渉と契約はこれからだが、主砲の鈴木誠也がメジャーへ移籍する可能性が極めて高く、外野のレギュラーは西川龍馬だけというのも中村にとって追い風である。甲子園で見せたような打撃をプロでも見せることができれば、一気にブレイクすることも考えられるだろう。

 逆にコンバートではないが、本来のポジションである捕手として勝負してもらいたいのが佐藤都志也(ロッテ)だ。夏場以降は指名打者や代打での出場が増え、6本塁打を放つなどバッティングは一軍でも貴重な戦力となっている。打撃で脚力を生かして外野手転向という声もあるが、チームは有望な若手外野手が多く、一方で捕手はレギュラーの田村龍弘が故障もあって安定感を欠き、シーズン途中に加入した加藤匠馬が多く出場するなど固定することができていない。

 佐藤はキャッチング、リード面などはまだ不安定だが、肩の強さとフットワークはあるだけに、上手く育てれば打てる捕手になれる可能性を十分に秘めている。捕手としての才能に蓋をすることなく、ある程度我慢して起用することも検討したい。

 今年はオリックスが外野手登録の宗佑磨がサードに、内野手登録の福田周平がセンターに定着してブレイクしたが、このようにコンバートが上手くいく例は少なくない。来年もこの2人のように、コンバートがきっかけでブレイクする選手が出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員